URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

オール電化の賃貸住宅で暮らすメリット・デメリットとは?

住まいのエネルギーをすべて電気でまかなうオール電化住宅。火を使わないため、一人暮らしや子どものいる家庭にとっても、安全面の高さや室内の空気をクリーンに保てることが魅力です。このため、賃貸マンションや賃貸アパートでも、築浅のものを中心に、オール電化物件の賃貸契約が増えてきました。そこで、一般的なガスと電気の併用と具体的に何が違うのか、光熱費などの費用はどうなるのか、オール電化の基礎知識を紹介します。

オール電化の基礎知識

オール電化住宅とは、住まいのエネルギーのすべてに、電気を使う住宅のこと。ガスコンロの代わりにIHクッキングヒーター、ガス給湯器の代わりに電気温水器・給湯器などの設備を使用します。

●オール電化とは?

ガスを使わず、家庭で使用するエネルギーを電力でまかなう住宅です。キッチンのコンロや給湯、お風呂、冷暖房などもすべて電気を利用します。
使用する設備としては、IHクッキングヒーターやエコキュート、蓄熱式暖房機、床暖房システムなどが挙げられます。
一戸建てでは、太陽光発電と併せて導入することで、家で使う電気を自家発電でつくり、余った電気を売って収入を得るなど、光熱費を節約でき、かつCO2排出量が少ないエコな暮らしを実現できる場合もあります。

●オール電化で主に使用される設備
<IHクッキングヒーター>
ガスコンロの代わりに料理をするための設備で、電磁調理器とも言われます。直火を使わず、内部のコイルに電気を流すことで、鍋そのものを加熱する仕組みになっています。
火を使わないため、クリーンで火災の心配がなく、板面がフラットなのでお手入れも簡単。
一方で、加熱の仕組みから、鍋の素材にも制限があり、IH対応のフライパンや鍋が必要なこと、火力が弱いケースがあるなどのデメリットもあります。
なお、IHは、Induction Heating(誘導加熱)の略です。
<電気温水器・電気給湯器>
電気でお湯を沸かす機器の代表的なものとして、電気温水器と電気給湯器(エコキュート)があります。
電気温水器が電気ヒーターを使ってお湯を沸かすのに対し、エコキュートは大気中の熱を利用する、ヒートポンプシステムでお湯を沸かします。エコキュートでは、電気温水器の約1/4の電気エネルギーでお湯を沸かすことが可能と言われています。
<床暖房・エアコン・電気ヒーターなど>
冷暖房の器具としては、エアコンや床暖房、電気ヒーターなどが挙げられます。
このうち、床暖房には電気式と温水式があり、温水式はエコキュートなどで沸かしたお湯を、循環させることで温める仕組みです。
光熱費の多くは、給湯と暖房費が占めますから、このあたりの設備選びも、オール電化を賢く活用するポイントになりそうです。

オール電化の賃貸住宅のメリット・デメリット

最大のメリットは、火を使わない安全性。子どもやシニア世代のいる家庭では、特に安心感があります。デメリットは、電気代が値上げ傾向にある中、光熱費が高くなりがちな点。

●オール電化のメリット

オール電化最大のメリットは、何といっても安全性です。
火を使わないため、火災やガス漏れといった事故が起こりにくく、CO2を排出しないので、部屋の空気もクリーンに保つことができます。火の不始末による火災などのニュースを耳にすることもありますから、その点では安心感が大きいですね。
またガス代がかからないため、光熱費の管理がシンプルになるのも、便利と言えるかもしれません。

●オール電化のデメリット

IHクッキングヒーターの場合、IH対応の調理器具しか使えないという制約があります。ヒーターから鍋が離れると加熱ができないため、チャーハンなど鍋を振るような料理には、ちょっとしたテクニックが必要になります。
また、近年は電気代が値上げ傾向にあり、光熱費が高くなってしまう可能性もあります。
最も心配なのは停電時で、電気が止まってしまうと、料理ができない、お湯が沸かせない、お風呂も入れないという事態にも。
ただ、災害が起こった際、水道・ガス・電気のライフラインの中で、最も早く復旧したのは、電気という報告もあります。

料金プランと電気を使う時間帯の工夫が、節約のコツ

オール電化物件は、安全面などでのメリットがある反面、設備の導入費用がかかるため、ガスを併用する物件に比べ多くはなく、家賃も高めの傾向にあります。

また、物件があったとしても、やはり気になるのはその電気代。オール電化住宅で上手に節約するには、電気料金のプランや、電気を使う時間帯を工夫することが最大のポイントです。オール電化住宅向けのプランは、一般的に、昼間の電気代が割高な代わりに、夜間の料金が安くなっています。
夜のうちにエコキュートでお湯を沸かしてタンクに貯めておく、炊飯器や食洗器、洗濯・乾燥機などはタイマーを使い、電気代の安い深夜電力を活用しましょう。

電力自由化により、電力会社ごとに特徴の異なる料金プランを打ち出していて、選択肢も広がっています。
我が家の生活スタイルには、どの料金プランが合っているのか、ネットで検索するなどして、じっくり比較検討することをおすすめします。

監修/田中 直輝

記事のまとめ

オール電化のある賃貸住宅。割安な深夜電力を活用すれば、賢く節約できる

  • ・オール電化住宅とは、キッチンやお風呂で使用するエネルギーのすべてを、電気でまかなう住まいのこと。オール電化を採用する賃貸住宅が増えている
  • ・火を使わないため、安全性の高さが一番のメリット。しかし、設備の投資費用がかかるため、家賃が比較的高くなるなどのデメリットもある
  • ・電気料金の割安な夜間に、エコキュートを使ってお湯を沸かしておくなど、深夜電力の料金プランを賢く使うことが、節約のコツ!
あなたにおすすめの記事