URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

子育てを楽しむ ユージのまるごとDIY 第7回【玄関編~靴も傘もスッキリ収納できる玄関にチェンジ!~】

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

ユージさんが団地の部屋でDIYする連載の第7回。今回DIYするのは玄関です。「靴と傘の収納スペースが欲しいよね! 人目にも触れる場所だから、かわいい壁紙を使ったりして明るい雰囲気にしたいな」とユージさん。生活空間と両立するための工夫にも注目です。

Before 家族みんなの靴と傘を収納したい!

ドアに向かって、左側は広い壁面、右側はその半分ほどの壁面がある玄関。「靴も傘も、さっと取り出せるようなオープン収納が良いよね。お店のディスプレイみたいに並んでると選びやすいし。」
左端に見えるのが浴室で、手前には洗面台もあります。
「プライベートな空間との仕切りも作ろう!」とユージさん。靴棚、傘収納、パーテーションの三つを作ることに!

今回使うものはこちら

【必要なもの】※写真上段左から

※上の写真、左から(靴棚)

  • ・転倒防止グッズ(ガムロック)/アイディールブレーン、(倒れ防止くん)/ヒカリ
  • ・棚板固定金具
  • ・水性ウレタンニス(けやき色)/和信ペイント
  • ・ラワンランバーコア合板(背板用/幅900×高さ1800×厚み15mm)
  • ・壁紙(はがせる壁紙RILM/エレファンティ)/RILM
  • ・パイン集成材(棚板用/幅800×奥行き250×厚み15mm)
  • ・2×6材(底板用/長さ900mm)2枚
  • ・棚柱金物(カベツケ)/ウッドワン

※下の写真、左から(パーテーション、傘掛け)

  • ・ルーバーラティス(幅30×高さ180cm)2枚/アイリスオーヤマ
  • ・水性ウレタンニス(けやき色)/和信ペイント
  • ・棚板用集成材(棚板用/500mmを半分にカット/奥行き300mm以内)
  • ・丁番
  • ・L字金具
  • ・フック
  • ・アイアンタオルバー
  • ・コンクリートフック
  • ・吊り金具
  • ・1×4材 600mm(傘掛けの背板用)
  • ・2×2材 300mm×2本(パーテーションの桟材用)

今回のDIYにかかった合計製作費用 約61500円(税別)

※部屋の広さによって異なります。

Let’s スタート!

  • step1

    靴棚の底板と背板を準備しよう

    今回作る靴棚は、底板と背板付きの自立タイプ。「自立させるために、底板は少し重みのある2×6材を使うよ。壁紙は、玄関が明るくなるように黄色のゾウさん柄を選びました!」
    底板と背板はそれぞれ準備をして、L字になるよう接続する。

    2×6材2枚を木工用接着剤で貼り合わせる。「後で水性ウレタンニスを塗るから、はみ出さないようにしよう。」

    木工接着剤がある程度乾いたら、継ぎ目に波釘を2本ずつ打ちこむ。「波釘は上下があるから、鋭くなっている方を下にして打ってね。」

     

    底板に水性ウレタンニスを塗る。「靴の底って砂とか水気が付いてるでしょ? だから、水性塗料よりウレタンニスがおすすめ。」底板以外の木材にも、水性ウレタンニスを塗っておこう。

    ラワンランバーコア合板より壁紙の方が大きいので、貼ってから余分な壁紙を折り込むか切ることに。「玄関に設置したときに上と左側は見えるから、折り込んできれいに見せたいな~。」 上と左側にはみ出すように壁紙を配置するため、はくり紙を付けたまま右側をぴったり合わせて仮置きする。

    「貼っているうちにずれないように、上に乗って作業するのがおすすめ!」 壁紙のはくり紙をはがしながら、合板に少しずつ貼り、ウエス(古布)でこすって空気を追い出す。「お、良い感じ!」

     

    下は見えなくなるので、ラフにカッターで切ればOK。切った後もウエスでこすって空気を追い出す。

    上にはみ出した壁紙を、裏側に折り込んで貼り付ける。角はカッターで切ってから貼り、左側も同じように折り込む。「折り込むのときのポイントは、角がくっきり出るように指で抑えること。折り込む前に、まず手前の角の跡を付けて、折って奥の角の跡を付けて、裏側に貼り付ける!」

     

    底板と背板を合わせて、背板側からネジを打つ。写真のように立てた状態で、上→下→中央の順に打つとずれにくい。

  • step2

    靴棚の棚受固定金具を取り付けよう

    はしごのようなデザインの棚受けを、左右に固定する。「棚板は背板より10cm短いから、棚受けの位置も少し内側にするよ!」まずはバランスをチェック。

    棚受固定金具の位置は、背板の両端から10cm内側に決定。ネジどめする前に、えんぴつで印を付けておく。

    棚受固定金具のネジ穴を使って、電動ドライバーでネジどめ。もう片方も同じように印を付けてからネジどめする。「この後の作業は、玄関に設置してから。ゆっくり起こして、移動させよう!」

     

  • step3

    靴棚を設置して棚板を取り付けよう

    靴棚を玄関に移動して、段差調整材をはめ込む。「転倒防止のストッパーも忘れずに。耐震対策は、2種類を使うと効果が高くなるから、後でもう1種類設置します!」

     

    棚受固定金具に棚板を載せて、専用金具でネジどめする。「棚板は両側を約5cmずつはみ出させてね。」

    「上段は棚板を斜めにした方が出し入れしやすいよね!」とひらめいたユージさん。背板に釘を2本打って、棚板を引っ掛けるように置いて、斜めにアレンジ!

     

    もう一つの耐震対策グッズを、壁と背板の間に挟み込んだら、靴棚は完成!

  • step4

    パーテーションを作ろう

    玄関と浴室が近いので、パーテーションを作って目隠しにする。「風通しは確保したいから、ルーバーラティスを2枚使った簡単リメイクにしよう!」

    天井近くにカーテンレールがあるので、ぶつからないようルーバーラティスの高さを調整することに。ノコギリで下の端を切り落として、水性ウレタンニスを塗っておいた、同じサイズ2×2材の角材をネジどめする。「ネジは切り落とした桟材から外して再利用できるね!」 もう1枚のルーバーラティスも同じ高さに切って、新しい桟材を固定する。

     

    2枚のルーバーラティスを丁番でつなげる。「上、下、中央の3カ所に丁番を付けるよ。間隔が均等になるよう注意しよう!」 ネジどめの前には、下穴を開けるのがおすすめ。

    パーテーションが安定して自立するよう、内側に棚板を取り付ける。L字金具を使って、ルーバーラティスの縦材と羽根に対してネジどめ。「今回は棚板を小さめにしたくて、羽根にネジどめしたけど、棚板のサイズを大きめにすれば、もちろん縦材に固定できるよ。羽根にネジどめする場合は、L字金具の角度を調整して開いて使おう!」

     

    組み立てたパーテーションを玄関に移動したら、転倒防止のために、結束バンドでカーテンレールに固定。

    好きな位置にフックを取り付けたら、パーテーションの完成!

  • step5

    傘掛けを作ろう

    水性ウレタンニスを塗って乾燥させておいた1×4材に、アイアンタオルバーをネジどめする。「バーが下になるようにしたけど、自分が掛けやすいようにアレンジしてね!」

    1×4材の背面上部に、吊り下げるための金具を取り付ける。

    設置する壁面はコンクリート製。「細い釘が4本付いた、コンクリートフックっていうアイテムを使おう! 4本が均等に壁に入るように、少しずつ打つのがポイント!」二つ設置して、傘掛けの吊り金具を引っ掛ければ完成。

     

After 靴も傘もスッキリおさまる玄関が完成!

靴棚、傘掛け、パーテーションの三つが配置された大充実の玄関が完成!
靴棚は上段を斜めにしただけでなく、下段はブーツを置けるように高めにデザイン。いろいろなサイズの靴が、出し入れしやすい状態で収納できます。
パーテーションの裏の棚板は、入浴時の小物置きに便利。玄関でよく使う、印鑑などの置き場所にしても良さそう。

限られた空間でも、こんなに収納できる!

「小さい玄関だけど、壁面をめいっぱい使うとこんなに収納できるんだね! 僕も靴が大好きだから、たくさん収納できる棚はマスト。扉がないから、子どもたちも出しっぱなしにしないで、きちんとしまう習慣ができそうだね。パーテーションに付けたフックは、レインウェアや買い物バッグを掛けてもらえるといいな! 次回は洗面所とトイレをアレンジさせるよ。お楽しみに!」

子育てを楽しむ ユージのまるごとDIY
記事のまとめ

靴棚、傘収納、パーテーションのDIYで、玄関を家族全員に寄り添うデザインに!

  • ・靴のサイズやデザインに合わせて靴棚を工夫
  • ・掛けるだけの傘収納は、乾きやすい点もGOOD!
  • ・パーテーションでプライバシーを確保

DIYを行っている部屋と同じ間取があるUR賃貸住宅はこちら

記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事