URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

和室を洋室にリメイク!賃貸でもOKなDIY術をユージさんがレクチャー

ペーパーマガジン『Pacoma』の人気連載「おしかけDIY」がUR賃貸住宅に出張! 人気タレントのユージさんが、家の悩みを得意のDIYで解決します。この連載では、実際にユージさんがURの「現地案内所」を訪れて、UR賃貸住宅を華麗にDIYしてくれちゃいました!

家族みんなで使える“デスクスペース”が欲しい!

今回ユージさんが訪れたのは、北九州市小倉南区にあるUR賃貸住宅。こちらの営業窓口では、実際の部屋でお客さまをお迎えしています。担当の佐久間さんは、和室をDIYして、さらに家族が喜ぶ空間にしたいとのこと。

そこで、ユージさんが提案したのは「家族みんなで使える“デスクスペース”」。置くだけで床を変えられるフローリングタイルで、簡単に和室を洋室にチェンジできるそうです。「カラーボックスを組み合わせて作るデスクや黒板シートのスケジュール表を取り入れて、家族が趣味や仕事に夢中になれる空間にしよう! デスクや黒板は簡単に移動できるようになってるから、模様替えをしたいときにも便利だよ。」(ユージさん)

今回使うものはこちら

【必要なもの】※写真上段左から

  • ・ジーロック フローリングプラス(シナモンオーク)
  • ・段差見切り材(ライトブラウン)
  • ・貼ってはがせるシール式黒板シート
  • ・キューブボックス(ホワイト)

いざ、スタート!

UR都市機構 住宅経営部 和田さん

今回の依頼人

UR都市機構 住宅経営部 佐久間さん

和室を変身させて、趣味や仕事などで家族みんなが使えるデスクスペースをつくれたら!と思っているようです。

  • step1

    ベニヤ板でフローリングの下地をつくろう!

    畳はでこぼこしていてフローリングタイルがうまく張れないため、まずは下地づくり。床のサイズに合わせてカットしたベニヤ板を敷く。

  • step2

    ベニヤ板を貼り合わせて、平らにしよう!

    ベニヤ板同士をガムテープで貼り合わせ、下地を平らにする。この工程を丁寧にしておかないと、フローリングがでこぼこに。

  • step3

    フローリングタイルを敷こう!

    下地の上に、フローリングタイルを置いていく。温度で伸び縮みするため、壁とタイルの間に木片をかませ、5~8mm空けておこう。

  • step4

    フローリングの端に見切り材をつけよう!

    フローリングタイルの端に見切り材を付け、段差をなくす。見切り材の両面テープは簡単に剥がせるため、原状回復が可能。

  • step5

    カラーボックスを組み立てよう!

    カラーボックスを2段重ねて接着。デスクの脚代わりとして使うため、同じセットを2個作っておこう。カラーボックスの色を変えてみてもOK。

  • step6

    カラーボックスの上に天板を乗せよう!

    STEP5で作ったカラーボックス2セットの上に、木の天板を乗せる。しっかりと固定したい場合は、両面テープで貼り付けて。

  • step7

    コルクボードの扉をつけよう!

    カラーボックスの扉として、蝶番(ちょうつがい)で正方形のコルクボードを取り付ける。中身を隠しつつ、写真や書類を貼れるので便利。

  • step8

    デスクスペース正面に黒板シートを貼ろう!

    最後に、デスクスペースの壁面に、黒板シートを貼っていく。でこぼこを防ぐためヘラを使って、シワにならないようにピンと伸ばしながら貼る。

収納もあって、便利な洋室が見事完成!

カラーボックスと天板のサイズを変えれば、デスクの大きさは自在に。「床張りは大変なイメージがあるけれど、作業は単純だから誰でもできるし簡単! フローリングタイルで、イメージががらりと変わるよ。」(ユージさん)

賃貸でもあなたらしいお部屋づくりを

賃貸住宅には原状回復義務がつきものですが、使用するアイテムやアイデア次第で賃貸住宅でもDIYができるんです! まずは手軽なDIYからはじめてみて、あなただけのお気に入りの空間をつくってみませんか?

記事のまとめ

和室を洋室に変えるDIY術で、家族みんなが使えるワークスペースに!

  • ・ベニヤ板とフローリングタイルで、床をチェンジ
  • ・デスクと収納を両立するカラーボックスのアレンジ
  • ・貼って剥がせる黒板は、インテリアとしてもおすすめ
記事で紹介したURの物件はこちら
あなたにおすすめの記事