Menu

URくらしのカレッジ

自分にぴったりな新しい暮らしを探す

ゆたかなくらしって? へや×アイデア

毎日のお手入れが大事!切り花をより長く楽しむコツ

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

置いてあるだけで、部屋を華やかに演出する花。しかし、気温が上がると、花瓶の水中に雑菌が増え、花がしおれやすくなってしまいます。
そこで今回は、フラワーアーティストの前田有紀さんに、「切り花を長持ちさせるコツ」を教えていただきました。

花を飾るために知っておきたいこと

Q.切り花を長持ちさせるには、どうしたら良いですか?

「以前、お花の農家さんから言われて印象に残っているのが『花は人間が飲めるくらいきれいな水が好き』という言葉です。お水をきれいに保つことで、お花は長持ちします。バクテリアが繁殖しないように小まめに水を替え、清潔な状態を保ちましょう。
その際に、洗剤で花瓶の内側のぬめりを取り、茎も少し切ってあげると良いですね。
水に漬かってしまう葉っぱや、散ってしまった花びらは取り除いてください。水が濁る原因になります。」

Q.お花を長持ちさせるためのおすすめアイテムはありますか?

「お花の扱いに慣れてきた方は、フラワーナイフを取り入れてみてはいかがでしょうか。普通のはさみで切るよりも、茎の切り口が大きくなり、バラやアジサイなど水を多く吸うお花の水揚げが良くなります。
また、お花屋さんなどに売っている栄養剤もおすすめです。」

Q.花の手入れをしっかりすることができないのですが、どうしたら良いでしょうか?

「毎日忙しいと、お花のお手入れを忘れがちになってしまいますよね。私も家事や育児に追われ、水替えを忘れ、お花を枯らしてしまうこともあります。
そんなときは、『いいかげんが良い加減』と自分に言い聞かせ、めげずに次のお花を飾っています。みなさんも前向きな気持ちでお花を飾ってみてくださいね。」

記事のまとめ

花を長持ちさせるために、花瓶&水を清潔に保ち、茎の切り口を大きくすると◎

  • ・花を長持ちさせるために、水替えを小まめにし、花瓶を洗剤で洗う。その際に、茎を少し切る。水に漬かってしまう葉っぱや、散ってしまった花びらは取り除く
  • ・茎を切る際に、フラワーナイフを取り入れれば、切り口が大きくなり、水揚げが良くなる。また、市販の栄養剤もおすすめ
  • ・URには花が映えるすてきな部屋がたくさんある

今回の先生:前田 有紀さん

フラワーアーティスト。
テレビ局でアナウンサーとして10年間活躍した後、2013年イギリスに留学。見習いガーデナーとしてガーデニングや植物について学び、帰国後都内のフラワーショップで修業。その後、自身のフラワーブランド「gui」を設立。現在は、イベントの装飾、ギフトブーケの制作、移動花屋の出店など、さまざまな形で花の魅力を届けている。

HP:https://gui-flower.com/

前田 有紀さん 写真

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります


あなたにおすすめの記事
新着記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る

URのことを知ろう