Menu

URくらしのカレッジ

自分にぴったりな新しい暮らしを探す

これからのくらしを考える ひと×コミュニティ

「MUJI×UR」の新プロジェクトで、団地がまるごと変わる!?本格始動を前に「花見川団地マルシェ」が開催!

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

今のライフスタイルに合わせた新しい暮らしを提案する「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」が人気の中、MUJI×URの次なるプロジェクト「MUJI×UR団地まるごとリノベーション」もスタート! 住戸だけでなく、団地の外観や商店街、屋外広場でも改修や人と人とのつながりをつくっていきます。
この取り組みの始動に際し、第一弾の舞台となる千葉県千葉市の花見川団地で「花見川団地マルシェ」が開催されました。

住戸見学やワークショップ、体験企画で団地を楽しもう!

「花見川団地マルシェ」では、「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」の部屋などを楽しく内覧できる「シールラリー」や、商店街では無印良品が出張販売「DIYワークショップ」のほか、プレイスメイキングの実験として、テーブルやベンチを設置して人の滞留や過ごし方の検証を実施した。花見川団地の足跡をたどる「団地写真展」、新鮮野菜や鮮魚の販売、「スイーツ&パンマルシェ」キッチンカーも登場しました。

また、団地の広場ではたき火テント体験落ち葉遊びでアウトドアを満喫! 松ぼっくりやリボンなどで飾り付けをする「フォトフレームワークショップ」や、フランス発祥のスポーツ「パルクール」の体験、親子で遊べる「ボーネルンド出張あそび場」もあり、たくさんの家族連れでにぎわいました。

さらに、団地内での起業のきっかけづくりとして、「起業セミナー」も、千葉市の主催で開催されました。
セミナーのトークセッションに登壇していた商店街振興組合の副理事長・大澤幸治さんは、団地内商店街にあるフルーツ店の2代目店主。新プロジェクト「MUJI×UR団地まるごとリノベーション」についてうかがうと、「全身全霊で団地の活性化に取り組む行政やURさんの姿勢が伝わり、商店街の店主たちにも気概が生まれました。1万2000人が住む団地の中心にある商店街は、まちの心臓部のようなもの。より良いまちづくりに向け、私たちも本気を出します!」
花見川の団地とまちがどう変わっていくのか、目が離せませんね。

たき火での焼きマシュマロや子どものための遊び場など、芝生広場も催しが盛りだくさん!
無印良品による「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」をキャンプ用テーブルにリメイクするワークショップも開催!
「起業セミナー」では講演やトークセッション、支援制度の紹介などで、団地で起業してもらえるよう強力サポート
「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」のモデルルームなど、3タイプの改修住戸を巡る「シールラリー」
ボーネルンドによる出張あそび場。寒天が原料の「かんてんネンド」は自分好みの新色も作れる!
落ち葉のクッションに着地する「落ち葉遊び」。豪快なジャンプを決めた男の子は、落ち葉に包まれ「気持ち良い~!」
+ もっと写真をみる
記事のまとめ

花見川団地でワークショップや屋外遊び、フード販売などが楽しめるイベントを実施

  • ・イベントでは、改修住戸を内覧する「シール・スタンプラリー」や、無印良品による出張販売とワークショップ、環境豊かな屋外広場での遊びや体験など、多彩な企画が行われた
  • ・団地での開業につながるよう「起業セミナー」を、団地活性化の一環で千葉市が開催
  • ・住戸改修で評判の「MUJI×UR」が、改修対象を団地の外観や商店街、屋外広場に広げて展開する「団地まるごとリノベーションプロジェクト」を花見川団地で進行中
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります


あなたにおすすめの記事
新着記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る

URのことを知ろう