Menu

URくらしのカレッジ

住みたいまちの選び方

リモートワークによる運動不足を解消!大人向けエクササイズ①~うんてい~

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

自宅でのリモートワークが続き、運動不足になっていませんか? 今月から団地のプレイロットや公園でできる、大人向けのエクササイズを紹介します。前回のシリーズに引き続き、監修はスポーツトレーナーとしても活躍する遠山健太さんです。

遊具を使って肩こりを楽に

うんてい(基本形)
うんていのはしごにぶら下がり、片手ずつバーを持ち、前に進む。つま先は地面に着けたままでOK

デスクワークが続くと、どうしても猫背になりがち。うんていを行うことで、肩・首回りの筋肉がゆるみ、正しい姿勢に戻すことができます。両手を上げ胸を張っている状態は、肩・首のストレッチになり可動域も広がります。前に進むことが難しい場合は、うんていにぶら下がるだけでも効果あり。

体力に余裕がある人は、両足を後ろでクロスさせて地面から浮かせてみましょう。20秒が目安。腕と肩に全身の体重がかかるので、姿勢保持のための本格的な体幹トレーニングになります。

うんてい(ひねり)
顔を横に向け、足は反対方向に置き、体をひねる。慣れてきたら逆方向にもひねる

基本形のうんていに慣れてきたら、止まった状態で体をひねってみましょう。こうすることで、肩・首周りのほかの筋肉もゆるみより効果的に。上半身が伸びて気持ちいいですよ。

遊具を使用することにハードルの高さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、人が少ない朝などに実践してみてください。少しでもやってみると心も体もスッキリします。

今回の先生:遠山 健太さん

ワシントン州立大学教育学部初等教育学科卒。全日本モーグルチームのトレーナーとして、トップアスリートのトレーニング指導に携わってきた一方で、子どもの運動教室「ウィンゲートキッズ」や学研とともに「リトルアスリートクラブ」のプログラムを開発するなど、子どもの運動能力を育むことも積極的に行う。自身、2児の父であり、子どもとともにめぐった公園での運動子育て経験を生かし、パークマイスターとしても活動している。著書に、『コツがつかめる! 体育ずかん』(ほるぷ出版)、『わが子の運動神経がどんどんよくなる本』(学研プラス)などがある。

Twitter:https://twitter.com/wingate_toyama

遠山 健太さん 写真
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります


あなたにおすすめの記事
新着記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る