Menu

URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? まち×コミュニティ

阪神電鉄のシンボル「赤胴車」。今夏から武庫川団地で再出発!

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

2021年3月、兵庫県西宮市にある武庫川団地の公園に設置された「赤胴車(あかどうしゃ)」。クリーム色と赤色が特徴的な阪神電鉄の車両で、武庫川団地ができたのに合わせて、路線が団地前まで延伸され、大阪・神戸へつないできました。
これからは、この車両が団地を盛り上げてくれそうです。

場所と目的が変わっても、引き継がれていく

1958年より阪神電鉄の車両として活躍してきた「赤胴車」。阪神武庫川線での役目を終え、2020年6月に引退しました。しかし、沿線に住戸が多いURは、阪神電鉄と地域活性化を目的とした協定を結んでおり、最後の1両を引き継ぐことになりました。その1両が置かれるのが、武庫川団地の公園です。
「赤胴車」は、今年の夏より、団地集会所や、地域のコミュニケーションの場として使われる予定。また、イベントなども開催されるとのことで、今後もさらに団地や地域にお住まいのみなさんに愛されていくことでしょう。

深夜に行われた「赤胴車」の車庫からの移動
翌日のお昼ごろ、武庫川団地に到着!
記事のまとめ

武庫川団地の公園に、阪神電鉄の車両「赤胴車」を設置!

  • ・1958年より阪神電鉄の車両として活躍してきた「赤胴車」。阪神武庫川線での役目を終え、2020年6月に引退。最後の1両が武庫川団地へ
  • ・「赤胴車」は、今年の夏より、団地集会所や、地域のコミュニケーションの場として使われる予定。イベントも開催される
  • ・URには、地域の自治体や企業、大学などと連携し、地域活性化に取り組む団地もある
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る