Menu

URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

賃貸の間取りの基礎知識~主な種類と理想の間取りを選ぶポイント

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

住まいを選ぶとき、エリアの利便性や家賃と共によく検討したいのが間取りです。家族構成や人数、夫婦や子どもそれぞれが望むライフスタイルによっても、理想の間取りは違ってきます。そこで1K~4LDKの6タイプの間取り別に、それぞれの特徴を解説し、暮らしに合った間取りの選び方や、注意点を紹介します。住んでから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、間取り選びのポイントを把握しておきましょう。

賃貸物件の間取りの主な種類

間取りは1K、2DK、3LDKのように表記されます。この数字とアルファベットの組み合わせには、どんな意味があるのでしょうか。表記の内容を理解し、それぞれの間取りの特徴をつかみましょう。

●間取りの数字とアルファベットは何の意味?
頭文字の数字は居室の数を示し、アルファベットのLはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンを指します。
つまり、1DKなら居室1室+ダイニング・キッチンの住まい、2LDKなら居室2室+リビング・ダイニング・キッチンの住まいです。
LDKとは、DKにくつろげるリビング機能が加わった部屋のことで、DKとの違いは広さです。居室が1室の場合のLDKは広さが8畳以上、居室が2室以上の場合のLDKは広さが10畳以上と、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会によって基準が定められています。
●種類別の間取りの特徴
〈1R〉
居室とキッチンの間に仕切りがないワンルームの間取り。キッチンがコンパクトタイプで、トイレ・バスが一緒になっているケースが多く見られます。家賃が安めの物件が多いので、居住費を抑えたい一人暮らしの人におすすめです。
〈1K〉
居室の数は一つですが、1Rと違うのはキッチンが仕切られて別空間になっていること。玄関に入ってすぐキッチンがあるタイプの部屋が多く、1Rと違って玄関ドアを開けたときに奥の居室が丸見えになりません。自炊派やプライバシーを確保したい一人暮らしの人に向いています。
〈1DK〉
居室は一つですが、キッチンのある部屋に食事ができるスペースを確保した間取り。DKは通常4畳半から8畳程度の広さがあるので、ダイニングテーブルを置くことができます。一人暮らしの人や、荷物の少ないカップルに適しています。
〈1LDK〉
LDKのほかに居室が一つある間取り。食事をしたり、くつろいだりできる広めの空間があるため、居室を寝室専用にすることが可能です。住まいにゆとりが欲しい一人暮らしの人やカップル、まだ個室が必要でない小さな子どものいる家族にもおすすめです。
〈2LDK〉
LDKのほかに居室が二つある間取り。さまざまな家族構成に対応できるため人気が高く、ファミリー向けの賃貸アパートやマンションで多く採用されています。それぞれ自分の部屋がほしい二人暮らしや、子どものいる家族におすすめです。
〈3LDK〉
LDKのほかに居室が三つある間取り。生活スタイルに合わせて、空間の使い方が工夫でき、キッチンもオープン、セミクローズド、独立タイプなど多彩です。面積は70~75平米が主流。リビングが広めなので、ゆとりのあるくつろぎ方を望む家族におすすめです。
〈4LDK〉
LDKのほかに居室が四つある間取り。床面積が80~95平米ある広めの物件が多く、子どもに個室が必要な四人以上の家族や、親世帯との同居にも向いています。角部屋に位置していることが多く、二方向から採光が得られるのも魅力です。

賃貸物件の間取りを選ぶときのポイント

住んでから問題点に気付いて後悔しないよう、内見時には居室はもちろん、水まわりの使い勝手や、収納の位置と容量、日当たり、風通しなど、自身の要望を反映したチェックリストを作成し、しっかり活用しましょう。

●家具を置いた状態をイメージする
物件を内見した際、まだ何もない部屋は広く見えます。ところが、ベッドや家具を置いてみると思いのほか狭くなるもの。通路程度しか空間が残らなくて暮らしにくい…。そんな後悔をしないよう、生活に必要な家具をどこに置くかをイメージしながら、広さを確かめましょう。
あらかじめ手持ちの家具のサイズを測っておき、内見のときはメジャーを持参して、間取り図を確認しながら、家具の寸法に合わせて空間を測り、配置スペースを想定するとイメージしやすくなります。
●室内の動線を想像する
ストレスなく日常生活が送れるかどうか、普段の行動を頭に浮かべ、自分の足で歩き回ってシミュレーションしてみましょう。チェックポイントは生活動線です。
リビングからトイレまでが遠くて、行き来が面倒ではありませんか? キッチンと洗面所やお風呂が離れすぎていませんか? キッチン仕事と洗濯家事を並行して行いたい場合は、位置が近い方が断然便利です。
●収納スペースの使い勝手に着目する
収納が充実していると、部屋をすっきり広々と使うことができ、その結果、居心地も良くなります。チェックポイントは、収納量・収納の位置・出し入れのしやすさにあり。
収納は使う場所に使う物がサッとしまえる「適材適所」が理想的。日常、自分が物を出し入れするときの動作の流れを思い浮かべながら、収納を確認しましょう。
●エアコンの位置に注目する
住まいでの過ごし方を意識して、エアコンの位置もチェックしておきたいもの。例えばキッチンにエアコンの風が届かず、冷暖房が効かないと、夏は火を使うと汗だくになり、冬は寒さでつらい思いをします。
●日当たり・風通しを確認する
日当たりと風通しは、日々の過ごしやすさはもちろん、洗濯物の乾き方にも大きく影響します。部屋の向きだけでなく、窓の位置や数、周囲に日当たりや風通しを遮る建物がないかも確認しましょう。
●窓を開けた際の、屋外の環境もチェック
物件の良し悪しを決めるのは、部屋の中だけではありません。窓を開けた際に、騒音の原因になる幹線道路や商業施設がないか、においの原因となるような店舗がすぐ近くにないかなどもチェックが必要です。
●耐震構造を考慮する
耐震基準は建築基準法で定められています。1981年(昭和56年)に建築基準法の改正に伴って、耐震基準が大幅に見直されたため、改正以降に建てられた建物は、基本的な耐震性が向上しています。
また、建物の工法によっても耐震性能は異なり、最も強度が高いのが鉄筋コンクリート造です。

スタイルも間取りも多彩なUR賃貸住宅

一般的な賃貸住宅と比較した場合、床面積が広い物件が多いUR賃貸住宅。住まいのカタチも間取りもバラエティ豊かで、引っ越し時の初期費用も抑えられます。

●UR賃貸住宅の特徴
UR賃貸住宅には、団地、タワーマンション、おしゃれなリノベーション物件などバラエティあふれる住まいのスタイルがあります。そのため、暮らす人の個性や家族構成に合わせて、希望のタイプを選ぶことができます。
また、地震が多い日本では、賃貸住宅選びでも耐震性が気になりますが、UR賃貸住宅ならその点も安心。99%の住棟で耐震診断の実施が完了し、その結果に基づき、必要な耐震改修などを計画的に進めています。

引っ越し時の経済的な負担が少なくて済むのも魅力。
「礼金」、「仲介手数料」がかからないから、一般の相場と比べて、初期費用で家賃2~3カ月分のお金が節約できます。保証人も不要ですし、家賃保証会社に保証料を支払う必要もありません。
さらに更新料も不要で、UR賃貸住宅から別のUR賃貸住宅へ引っ越す場合は、敷金を引き継ぐことができます。
さまざまなお得なプランも用意されていますから、賢く活用してはいかがでしょう。

UR賃貸住宅の4つの特長の詳細はこちら

よくある質問はこちら

●UR賃貸住宅の間取りのポイントは?
UR賃貸住宅というと、家族で住むイメージが多いかもしれません。実は、単身者専用の物件もあるなど、バリエーション豊富な間取りが用意されています。
また、余裕ある敷地に建物自体が作られていることが多く、間取りも広く設計されているのがポイント。
そのほか、物件によりますが、風通しの良い2面バルコニーを設けていたり、部屋以外にトランクルームを備えた住まいもあります。
一人暮らし、DINKS、子育て家族と、ライフステージごとに合った住まいを見つけられるはずです。
<UR賃貸住宅の、間取り別・空室あり物件の例>
[1R・1K]
・洋光台中央(神奈川県)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kanto/kanagawa/40_1300.html
[1DK]
・フレール兵庫浜崎通(兵庫県)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/hyogo/80_4520.html
[1LDK]
・高島平(東京都)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kanto/tokyo/20_2250.html
[2LDK]
・南港しらなみ (大阪府)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/osaka/80_2860.html
・高の原駅前(奈良県)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kansai/nara/80_3220.html
[3LDK]
・アーバンラフレ小幡(愛知県)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/tokai/aichi/70_1490.html
・香椎若葉(福岡県)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kyushu/fukuoka/90_1140.html
[4LDK]
・パークサイド鎌ヶ谷 (千葉県)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kanto/chiba/30_5580.html
・プラザシティ新所沢けやき通り第二(埼玉県)
https://www.ur-net.go.jp/chintai/kanto/saitama/50_3850.html

※2019年12月18日時点の物件情報を掲載しております。申し込みは先着順のため、最新情報はUR賃貸住宅のHPを確認ください。

●UR賃貸住宅は同じ間取りでも、部屋が広いから心も伸びやか
同じ間取りでも、床面積によって暮らしの快適さは異なります。面積が小さいと居室が狭くなり、使いにくくて、ともすれば物置のようになりがちです。
UR賃貸住宅なら、そんな心配はご無用。都心近郊を開発してきた経緯から、敷地が広々としているのが特長で、部屋にもゆとりがあります。
例えば、民間のアパートや賃貸マンションなら、2LDKの間取りになる床面積の住まいが1LDKで提供されているなど、一つひとつの部屋が広い住宅が多いので、同じ間取りでも窮屈さを感じずに伸びやかに暮らせます。
また、玄関や廊下に大きなクローゼットが付いていたり、和室にはたっぷりの押入れ収納が備わっていたりするなど、収納スペースも豊富ですから、荷物の多い人も安心。物がすっきりと片付いた美しい住空間でゆったりと暮らせて、心にもゆとりが生まれそうですね。

監修/佐川 旭

記事のまとめ

家族構成やライフスタイルに合った住まい選びのコツは、間取りの基礎知識を知ること!

  • ・「1R」、「1K」から「1LDK」、「4LDK」まで、それぞれどんな暮らし方に向いているのか。間取りの種類別にその特徴を知ろう
  • ・実際に賃貸住宅を選ぶときは、間取りだけでなく、水まわりの使い勝手、収納位置、日当たり、風通しなど気を付けるべきポイントがある
  • ・UR賃貸住宅は子育てファミリーはもちろん、単身者や夫婦二人暮らしと、多彩なスタイルの間取りを用意。ライフステージに合った住まいを選ぶことができる

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る