URくらしのカレッジ

みんなのおうちSTORY

ROOMIEの連載マンガ企画!3シリーズ目となる『みんなのおうちSTORY』では、個性に溢れたキャラクターに毎回フォーカスし、団地での楽しい暮らしを描きます。団地暮らしを始めた夫婦の日常を描く『602号、木の見える部屋』と、新しく団地暮らしをスタートさせる人たちの物語『あたらしいくらし』、過去の2シリーズも合わせてお楽しみください!

第8話 ママ&魔法使い見習い

魔法使いで家族円満に!の場合

何かというと娘の杏を叱ってばかりのママは自己嫌悪に陥りますが、パパの提案によって、母と娘の関係が一気に明るくなります。
杏はそんなママの立ち居振る舞いによって元気を取り戻し、毎日帰宅するのが楽しみになります。

第7話 カズト&レイ

カズトとレイの共通点が明らかに

連日、カズトの家に来ることになったアキヒト。その理由が分からないままカズトはアキヒトを招き入れます。
一方、隣人のレイの自宅には友人のマサミが訪れ、同じ団地に住むことを報告。
その理由とは? 4人をつなぐ点が線となり、物語の全貌が明らかになります!

第6話 カズト&レイ

カズトとレイの隣人物語

虫が苦手なカズト。ある日窓から虫が部屋に入って来てしまい、どうにもできないカズトは親友を呼び、虫を退治してもらうことに。
一方、カズトの隣に住むレイにカズトの悲鳴が聞こえ、まだ見ぬ隣人に対し、虫が苦手な人が住んでいることを認識します。

第5話 エリナ&シンジ

育児に追われる母とジレンマを抱える長男の場合

男児の二人の育児に毎日翻弄されている母・エリナは、どうしても長男のシンジに次男・葵の世話役を頼みがち。
そして、怒られるのはいつも自分ばかり、とシンジ本人はジレンマで悶々とする日々。
ところがある日、叔父のジョー太郎が持ってきた 「あるもの」を機に楽しい日々が始まります。

第4話 リモートワーク&アドベンチャー

リモートワーク化する家族の場合

リモートワークが始まったパパのけん。将来の子ども部屋として、今は使われていない部屋を、オフィス化するべくママのみきと大奮闘!一方で息子の草太の、なかなか外出できない日々が続き、ストレスがたまっている姿を見かねて、パパとママがユニークな遊びを実施します。

第3話 和寿&カナミ

コーヒー大好き夫と育児妻の場合

三度の飯よりコーヒーをこよなく愛する・和寿。そんなのんきな和寿にいら立ちを隠せない、育児に奮闘中の妻・カナミ。そして二人の間にいるのが、愛息・ノリオ。彼女のイライラを察しているのか、ノリオの激しい動きが和寿に降りかかるも…。絶妙なバランスで暮らす三人家族の物語です。

第2話 すぐる&ゆず

強烈キャラ夫と疲労妻の場合

妻を被写体に、写真を撮ることが大好きな夫・すぐる。ただ今妊娠中の妻・ゆずは、そんな夫にちょっとあきれがち。
間もなく出産を控えている中で、子どもが生まれてからの生活を想像します。二人が思い描くあたらしい暮らしとは?

第1話 ジョー太郎&サチ

凸凹夫婦の場合

キャンプ未経験者ながらも(!)キャンプ好きの夫・ジョー太郎と、息抜き下手な妻・サチ。
愛する妻がしんどそうにしているのを察し、ジョー太郎は“あること”をひらめきます。
一方、サチは現実的な視点で夫をいなします。ほほ笑ましい二人の暮らしをご覧ください。

カズト&レイ
さわぐちけいすけさん

漫画家。2月には最新刊の『だからお前はダメなんだ』が発売予定。ほか『僕たちはもう帰りたい』やエッセイなど。
https://twitter.com/tricolorebicol1

大冒険
ユペチカさん

漫画やイラストをまったり描きます。
単行本『サトコとナダ』(星海社)、「英会話タイムトライアル」に連載『Natsuko and Ophy’s Daily Life』(NHK出版)

ジョー太郎&サチ
ブブさん

ブログ「今日もブブはからまわり。」で絵日記漫画を描いてます。
http://boobooboopiyo.livedoor.blog

ROOMIE

『みんなのおうちSTORY』は、「こだわりのある暮らし」をテーマに、
家の中での暮らしとカルチャーを紹介するライフスタイルメディア『ROOMIE』と一緒に連載中!

これからのくらしSTORY

URくらしのカレッジと、「こだわりのある暮らし」がテーマのWEBメディア『ROOMIE』が一緒にお届けする連載マンガ第4弾。個性に溢れたキャラクターに毎回フォーカスし、団地での楽しい暮らしを描きます。

「これからのくらしSTORY」を見る
あたらしいくらし

団地を舞台にしたオリジナル連載マンガ。マンガ家スケラッコさんによる大好評の第1弾『602号、木の見える部屋』に続き、第2弾『あたらしいくらし』がスタート! 団地暮らしをスタートさせる人たちの物語を、二つのキャラクター視点で描きます。

「あたらしいくらし」を見る