URくらしのカレッジ

自分にぴったりな新しい暮らしを探す

ゆたかなくらしって? ひと×コミュニティ

「自分でやってみよう」を応援!DIYの第一歩を踏み出すことができる「大正クラフトライフマーケット・ミニ」

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

自分の好きなようにDIYできる部屋があるUR賃貸住宅。中でも壁紙や床材を取り扱うショップがあるなど、DIYにチャレンジしやすい環境が整っているのが大阪府大阪市にある千島団地です。
そんな千島団地で、ワークショップや音楽ライブ、フードなどを楽しめるイベント「大正クラフトライフマーケット・ミニ」が開催されました。

コミュニケーション&アイデアが生まれる千島団地

「大正クラフトライフマーケット」は、2016年より行われているイベントです。今回は、「ミニ」として千島団地で開催。恒例となっているワークショップやマーケット、音楽ライブ、フード、スタンプラリーなどの催しが行われました。

今回の見どころの一つが、YouTubeチャンネル「DIY MAGAZINE」によるカッティングボードを作るワークショップ。オリジナルの焼き印をきれいに付けるため、参加者たちは何度も何度も練習していました。ミツロウを塗り込み完成したカッティングボードは、まな板として使ったり、そのまま食卓に並べたりすることもできます。
また、スタンプラリーとして千島団地にある三つのモデルルームを見学することができました。その一つが、千島団地を含めた大阪府内6団地で利用することができる「カリテくらす」のモデルルーム。家具や家電、なんと壁紙まで借りることができるレンタルサービスで、利用者が急増中です。

それぞれの目的に合わせて楽しむことができた今回のイベント。参加者は、自分で何かを作る楽しさを改めて実感していた様子でした。

>>2019年の様子はこちら
「DIY MAGAZINE」のセーチさんによるワークショップ。セーチさんに直接教えてもらえる、またとない機会に参加者たちはワクワク!
家具・家電のレンタルサービス「カリテくらす」を活用したモデルルーム。和モダンな雰囲気の寝室は、ゆっくり休むことができそうです
千島団地内にある「壁紙屋本舗」主催のワークショップでは、壁紙のきれいな貼り方や柄の合わせ方などを実践
DIYクリエーターチーム「NOWS」の、ガス管パイプを使ったスタンドライトのワークショップ。木材を古材風に加工し、クオリティーの高いスタンドライトが完成!
フルーツサンド、タコライス、ハンバーグ、カレーなどのキッチンカーも出店。広場は、食事を楽しむ参加者でにぎわいました
3時間にわたりミュージシャンが登場。会場は心地よい空気が流れていました
+ もっと写真をみる
記事のまとめ

千島団地でワークショップや音楽ライブ、フードなどを楽しめるイベントが開催

  • ・カッティングボード作り、壁紙の貼り方の実践、スタンドライト作りなど出展者ごとにさまざまなワークショップを実施
  • ・スタンプラリーとして「カリテくらす」のモデルルームも見学することができた。「カリテくらす」は、家具や家電、なんと壁紙まで借りることができるレンタルサービス
  • ・キッチンカーが出店したり、音楽ライブも行われた
  • ・URには「DIY住宅」と呼ばれる、自由にDIYを楽しめる住宅がある
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事