URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? ひと×コミュニティ

DIYや手作りグッズで暮らしを楽しむ。バラエティ豊かなワークショップを体験できる「大正クラフトライフマーケット・ミニ」

大阪府大阪市にある千島団地。ここは、自由にDIYができる部屋や、DIYを手助けしてくれるショップなどがある団地です。2016年から行われているイベント「大正クラフトライフマーケット」のミニバージョンが、2019年7月、千島団地で開催。夏らしいグッズが作れるワークショップ、アウトレットマーケット、音楽ライブ、人気フードの販売などがありました!

「つくる・食べる・大正」がテーマの体験型マーケット

大阪市大正区、千島団地内にDIYに関するショールーム「壁紙屋本舗LAB」を展開する株式会社フィル、 UR都市機構の三者が協力して開催しているイベントが、「大正クラフトライフマーケット」です。
今回の催しの一つであるワークショップでは、風鈴への“絵付け”、ふすまの上張りにする紙などを使って作る“竹骨うちわ”、壁紙で作る“かざぐるま”などさまざまなブースが登場。どれも簡単な手順ですが、本格的なものが作れます。子どもたちが楽しんでいたのはもちろん、次々に体験し、めいっぱい満喫していた方も。

そのほかにも、古書店、木材店などによる商品の販売、アーティストによる音楽ライブ、フードやドリンクの販売なども充実。大阪市中央区にあるレストラン「Sherry Curry」の行列ができるカレーの出張販売と、シェフによるカレーのリメイク料理教室もありました。
さまざまな手作りの楽しさを一度に体感できる「大正クラフトマーケット」。次回は、今年10月にもWALLPAPER MUSEUM WALPA(ウォールペーパー ミュージアム ワルパ:株式会社フィル本社)にて開催予定です。

ガラスに描ける塗料を使って行う、風鈴の“絵付け”
千島団地内の店舗「壁紙屋本舗LAB」で行われたワークショップでは、DIYクリエイターの「WAGON WORKS」 chikoさんや、ペイントクリエイターgamiさんとDIYクリエイターMilyさんによるユニット「Gamily」が講師
音楽ライブでは、3組のアーティストが登場。音楽が流れると、会場はリラックスムードに
会場で販売されていたさまざまなフード&ドリンクを楽しんでいたみなさん
スーパーボールすくいや、綿あめが無料になるスタンプラリーも。最後のスタンプを押してにっこり
「Sherry Curry」のシェフのよるカレーリメイク。参加者たちはそのテクニックに引き込まれていました
+ もっと写真をみる
記事のまとめ

ワークショップ、フード、音楽を一度に楽しむ「大正クラフトライフマーケット・ミニ」

  • ・風鈴への“絵付け”、ふすま紙などを使う“竹骨うちわ”など、本格的だが気軽にできるワークショップが登場
  • ・古書店、木材店などによる商品販売、アーティストによる音楽ライブ、フードやドリンクの販売などの催しも充実。人気レストランのカレーの出張販売と、シェフによる料理教室も開催
  • ・千島団地には、自由にDIYができる部屋や、DIYを手助けしてくれるショップなどがあり、日ごろからDIYの楽しさを伝えている
記事で紹介したURの物件はこちら
あなたにおすすめの記事