URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? ひと×食

1万種類のパンを食べたスペシャリストが厳選!今すぐ行きたいパン屋さん

17年間、朝昼晩の食事はすべてパンという生活を送り、これまでに1万種類以上を食べてきたという、パンコーディネーターのひのようこさん。パンコーディネーターとは、パンに関する助言や提案を行うことができる資格で、ひのさんもパン関連のイベント企画や商品開発のアドバイスなどを行っています。そんなひのさんに、今おすすめのパン屋さんを教えていただきました。

全国各地にあるおいしいパン屋さんとおすすめの逸品

Q.東京でおすすめのパン屋さんを教えてください

「東京にはおいしいパン屋さんがたくさんあるのですが、2017年11月にオープンした『BEAVER BREAD』というお店を紹介します。某有名フレンチ系ベーカリーに勤めていた方がシェフをされていて、パン好きの間で大注目のお店です。どのパンもおいしいのですが、中でも私のいち押しは『カンパーニュ』。焼き上がりのサイズは枕ほどで、それを量り売りしています。切りたての『カンパーニュ』は、もちろんそのままでもおいしいですが、お料理と一緒に食べたり、チーズやワインと合わせて楽しんだりもできます。外側はパリッとしているのに、中は身がつまっていてムチムチ。香りもすごく良いですし、何回もリピートしたくなるおいしいパンです。」

Q.2016年に京都はパンの消費量が全国1位となったそうですが、おすすめの店はどこでしょうか?

「宇治市にある『たま木亭』です。『黄檗(おうばく)』という駅から徒歩数分のところにある、古くからの人気店。何年か前にリニューアルオープンしたのですが、以前よりもお店が広くなって買いやすくなりました。京都に行くと毎回と言ってもいいくらい通っているパン屋さんです。私のいち押しは、フランスパンの中にバターがたっぷり入った『堅焼きバター』。絶妙な塩味と、生地の香りがマッチして後を引くおいしさで、一つペロッと食べられます。できれば焼きたてがおすすめです。
京都にはたくさんのパン屋さんがありますが、荒神口通(こうじんぐちどおり)にある、『ランド』というお店の『ミルクフランス』(写真)も絶品なので、機会があったらぜひ食べてみてください。」

Q.近年人気のパンはありますか?

「最近は、日本全国でご当地パンが人気ですね。ご当地パンとは、全国には知られていない、その土地で愛されているパンのことです。
北海道のご当地パンで、とても人気なのが『ちくわパン』。マヨネーズ味のツナサラダを詰めたちくわが、生地に包まれているんですよ。なんとも言えない素朴な味わいの惣菜パンで、その発祥は『どんぐり』というお店です。私が行くときは必ず『ちくわパン』を買っています。旅行先で、その土地ならではのおいしいご当地パンを味わってみるのも楽しいですよ。」

記事のまとめ

全国にたくさんあるおいしいパン屋さん。旅行先ではその土地ならではのパンをチェック

  • ・東京では「BEAVER BREAD」の「カンパーニュ」、京都では「たま木亭」の「堅焼きバター」と「ランド」「ミルクフランス」がおすすめ
  • ・北海道で人気のご当地パンは、「ちくわパン」

今回の先生:ひの ようこさん

パンコーディネーター/こんがりパンだパンクラブ主宰
日本だけでなく、世界中にパン旅に行くのが趣味。趣味が高じて1999年にパン好きのパン好きによるパン好きのためのサークル「こんがりパンだパンクラブ」を設立。これまでに数百回を超えるイベントを開催し、食べたパンは1万種類を超える。「パンと人をつなぐ」をテーマに活動。さらに企業向けに、イベントの企画や商品開発アドバイスなどを行い、パンのエキスパートとして知られる。

Blog:https://ameblo.jp/kongaripanda/

ひの ようこさん 写真
あなたにおすすめの記事