• コミュニティ
  • アート
  • まつり/フェス
  • まちづくり
  • 団地
  • イベント
  • 千葉

ゆたかなくらしって? ひと×コミュニティ

SNS×祭り×ライブペイントで始まる新しい地域の絆

ミーン、ミーン…。セミたちの大合唱が響きわたる7月末、千葉県八千代市の村上団地にある商店街では、恒例の夏祭りが開催されました。メイン会場の「ふれあい広場」にやぐらが組まれ、地元のサークルやグループの出店なども立ち並んで、毎年にぎわいを見せるこの祭り。今年は、地域の活性化に一役買ってくれるとURも期待する、地域SNSのお披露目ブースがあると聞き、会場を訪ねました。

地域に根差し、愛され続ける夏祭り

金魚すくいに、ヨーヨー釣り、輪投げ…。祭り会場の広場には、縁日の夜店さながらの露店が、所狭しと軒を連ねていました。
フランクフルトや焼きそばの看板に誘われ、フードの店々をのぞいていると、お手伝いをする子どもたちの姿も。毎年欠かさず祭りに来るという彼ら。「僕らの小学校では、この夏祭りで『ロックソーラン』舞踊を披露するのが伝統なんだよ」と、誇らしげに教えてくれました。
ステージでは、地元出身の和楽器奏者の演奏も行われ、大いに盛り上がりをみせていました。今回で41回目を数えるという村上団地の夏祭り。その、ほっこり和やかな雰囲気は、地元の人々に愛され、地域とともに時を刻み培われてきた祭りならではなのでしょう。

ネット上の“街の広場”でご近所さんと情報交換

商店街のエリアには、店舗のシャッターに黙々と絵筆を走らせる人たちがいました。実はここが、地域SNSのお披露目イベントブース。シャッターとSNS? 謎を解くべく、まずはここ千葉県八千代エリアの情報が掲載されている地域SNS「PIAZZA(ピアッツァ)」について、仕掛け人の矢野晃平さんにうかがいました。
「PIAZZAは一言でいえば、街のコミュニティアプリです。イタリア語で『広場』を意味するその名前の通り、街の人たちが気軽に集い、地域のおすすめや暮らし、お困り事の解決に向けた情報などを交換し合える、街に特化した“インターネット上の広場”です。」
そもそもなぜ、このSNSが村上団地で運用されることになったのかというと、「地域や団地の環境の良さを多くの人に知ってもらいたい」というURと、「PIAZZAを通じて、地域の人々につながりを創出し、より暮らしやすい環境を住環境に付与していきたい」という矢野さんの想いが結びついたからなのだそうです。

他のSNSと、どこが違うのでしょう?
「PIAZZAの最大の特徴は、『狭く、深く』です。エリアの的を絞ることで、本当に必要とされている地域密着型の情報交換が可能になると考えています。現在PIAZZAでは、八千代エリアと合わせ、東京・千葉・神奈川を中心に5つのエリアの情報を掲載していて、『近くの良い小児科は?』など、ご近所ならではの温かみあるやり取りがなされています。」
なるほど、ネットを通してご近所同士が声を掛け合えるわけですね。

オンラインとオフライン、両輪で支え合えるつながりを!

地域SNSの概要がわかったところで、なぜシャッターに絵を描くイベントなのか、矢野さんにたずねました。
「私たちは単にインターネット上のつながりを作ろうとしているのではなく、“リアルなつながり作り”が一番の目的です。それには、実際に顔を合わせられるイベントも欠かせません。オンラインとオフライン、このふたつが互いに出会いや交流の場となり、相乗的に“気付けば人と人が支え合っている”つながりを作りたいと思っています。そんな考えの下、今回のイベントも企画しました。」
イベントは具体的にどんな内容なのですか?
「『街のシャッターにみんなでペンキを塗ろう』がテーマです。いつも通る道で自分の塗ったシャッターを見かければ、街への愛着もきっと深まるでしょう。こうした愛着が、街のコミュニティをより強固なものにしてくれると考えています。」
みんなで彩る自分の街のシャッター。どんなアートに生まれ変わるか、楽しみです!

「MURAKAMI」のロゴ入りオリジナルシャッターを、みんなで塗り上げるライブペイント

団地広場のアートが街を元気にする!?

祭り会場内のイベントブースでは、シャッターへのペイントが着々と進んでいました。イベントに協力していた塗料メーカー「ベンジャミンムーア」のペンキが並ぶ一角は、アーティスティックな空気感たっぷり。行き交う人々も、足を止めて見入っています。
イベント1日目は、下地となる色をシャッターに塗るペイント体験が行われました。ペイントには、興味津々の子どもたちや、通り掛かりの大人たちも飛び入り参加して、大盛況! 総勢100名近いみなさんの手で、色鮮やかなシャッターの下地が出来上がりました。
2日目は、アーティストの小野留依聖(おのるいーぜ)さんによる、仕上げのライブペイント。ご自身のアートテーマ「植物の成長」と、村上団地の”これから”を重ね合わせて描かれたのは、グングン上に伸びゆく植物の姿。エネルギーに満ちあふれています!
団地住民の女性が、「このシャッター、最高ね! 最近気がめいっていたけど、昨日ここのブースが楽しかったから、また見に来たの」と、笑顔で話してくれました。これからも村上団地では、SNSを活用し、地域や団地を盛り上げるようなイベントを開催していく予定とのこと。広場のシャッターに描かれた植物のごとく、地域のみなさんの元気や幸せが生い茂っていくことでしょう。

  • アーティストの小野留依聖さん
  • 完成したシャッター

PIAZZA

街の人たちが気軽に集い、情報を交換し合える地域SNS。地域のおすすめ情報や、困ったときに相談もできる、“インターネット上の広場”です。現在、関東を中心に5つのエリアで展開中。
HP:https://www.piazza-life.com/

ベンジャミンムーア

1883年にブルックリンで始まった塗料ブランド。3600色もの豊富なカラー展開で、自分らしい色が見つかります。揮発性有機化合物を含まず、臭いもほとんどないため、壁や部屋のペイントにピッタリ。
小野 留依聖さんなど若手を中心に複数のアーティストと提携し、イベント等を通じてペイント文化の発展に貢献しています。
HP:http://benjaminmoore.co.jp/

小野 留依聖さん写真

小野 留依聖さん

アーティスト。神奈川県平塚市出身。"成長(maturation)"をテーマに、植物の生い繁る様や波の流れ、自然界に溢れるエネルギーを有機的な線で表現している。
2010年、クラブイベントでのライブペイントにてキャリアをスタート。
その後、店舗壁画や企業コラボを経て、現在は主にシェアハウスやオフィス、飲食店の壁画製作を行っている。
HP:http://luiseono.com/

村上(UR賃貸住宅)

千葉県八千代市村上1113-1
最寄りの東葉高速鉄道「村上」駅まで徒歩9分。駅周辺には大型ショッピングセンターもあり、利便性も抜群です。
休日にふらっと森林浴…そんな自然派にうれしい緑豊かな公園が、団地内や近隣に多数。「村上緑地公園」では、ユリ、アジサイなど四季折々に咲き誇る花を楽しめ、桜の季節はお弁当を広げた花見客でにぎわいます。