URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

ユージさんが賃貸でDIY!? URの『模様替え申請』で押入れをスタイリッシュな収納に

ペーパーマガジン『Pacoma』の人気連載「おしかけDIY」がUR賃貸住宅に出張! 人気タレントのユージさんが、家の悩みを得意のDIYで解決します。
「UR賃貸住宅って、賃貸なのに壁(※)にねじを打ったり、壁紙を張り替えたり、気軽に模様替えできるんだって。すごくない!?」と、興味津々のユージさん。そうなんです。URは入居後に「模様替え申請」を提出すれば様々なDIYが可能で、なかには申請が不要なものや退去時の原状回復が免除されるケースも。この連載では、実際にユージさんがURの「現地案内所」を訪れて、UR賃貸住宅を「模様替え申請」で華麗にDIYしてくれちゃいました!

※木造部分に限る。

賃貸でもDIYが楽しめる、URの魅力を伝えたい!

今回依頼があったのは、千葉ニュータウン原山団地にあるUR賃貸住宅の営業窓口。窓口を運営するUR都市機構・千葉エリア経営部の田口さんは、「団地の一室で営業しているので、来場されるお客さまに、賃貸でもDIYが楽しめるURの魅力を伝えたいんです。ユージさん、力を貸して!」とのこと。

「和室の押入れって、スペースが広いわりに使い道に困るかも…」と、ユージさん。そこで思いついたのは、ホームセンターで手に入る「有孔ボード」を使ったDIY。昔ながらの押入れを大胆に改造し、おしゃれな“見せる収納”づくりにチャレンジします。「家庭の押入れでも工程はまったく同じ。アイデアを参考にしながら、自分なりのアレンジを楽しもう!」(ユージさん)

今回使うものはこちら

今回はこちらの道具を使います。上段左から、キャスター×4、水性塗料(白)、装飾用の幅広マスキングテープ(さび柄)、パイプブラケット×2、下段左から、有孔ボード×2、すのこ(白くペイントする)、ラッカースプレー(黒)、ステンレスパイプ。

いざ、スタート!

8畳の和室に設けられた、昔ながらの押入れ。「大容量なのは魅力なのですが、服をかけたり、空間を生かしてオシャレに使えたら」と田口さん。果たしてどのように変わるのでしょうか!?

田口麻希子さん写真

今回のお悩み人

UR都市機構千葉エリア経営部 田口さん

千葉県内のUR賃貸住宅の営業を担当する。
和室や押し入れのある物件の魅力を伝えるべく日々奮闘中。趣味はヴィオラ。

①まずは押入れの状態をチェック。
「けっこう奥行きがあるね。このスペースを活用しないのはもったいない!」

②押入れからふすまを取り外し、表面にローラー刷毛(はけ)で白い水性塗料を塗る。枠のサイドも忘れないように。(※1)

③天井にパイプハンガーを設置。
一つ目のパイプブラケットをねじで取り付け、もう一つはパイプブランケットと一緒に固定。(※2、3)

④押入れの木枠と中段をマスキングテープで覆う。
上から手をあて、空気を押し出すときれいに仕上がる。(※3)

⑤サイズに合わせてカットした有孔ボードを、裏面に隙間ができるよう押入れの背面とサイドの桟にねじ打ち。(※2、3)

⑥棚板に棚受を取り付け、有孔ボードに固定する。
棚板はあらかじめマスキングテープで覆っておくと統一感が出る。

⑦棚すのこにキャスターを設置。
板の幅が狭い場合はキャスターを90°回転し、対角の2点をねじ止めする。(※3)

ふすまを彩り、“見せる収納”に

ここからは、ふすまにステンシル(模様や文字を切り抜いた型の上から、インクをすり込むこと)を施していきます。

⑧好きな文字をデザインした紙をクリアファイルの下に敷く。文字の縁をなぞるようにカッターや彫刻刀でカット。

⑨切り抜いたクリアファイルの型紙をふすまの上に置き、ラッカースプレーでステンシルを施す。乾いたら型紙を取り外す。

押入れがおしゃれに大変身!

左の上段はクローゼットに、右の上段は小物を置くスペースに変身。下段にはキャスター付きのすのこを置き、可動式の台に。白を基調としたスタイリッシュ収納が完成!

実際のDIYの様子はこちら!

UR賃貸住宅の「模様替え申請」って?

UR賃貸住宅は入居後に「模様替え申請」を提出すればさまざまなDIYが可能です。しかし、なかには申請が不要なものや退去時の現状回復が免除されるケースも。詳しくは「UR 模様替え」で検索してください。

今回のDIYで必要な模様替え申請

  • ※1 ふすまのペイントは申請不要。ただし、退去時に敷金からふすま代を清算する形で原状回復が必要。
  • ※2 木造部分のねじ打ちも申請不要。ただし、ねじ打ちの深さはねじ打ち箇所の厚みの2/3までで、ねじは退去時に撤去が必要。
  • ※3 パイプハンガーやマスキングテープ、有孔ボード、すのこ等の使用も申請不要。ただし、こちらも退去時に撤去が必要。

今回の「押入れDIY」はこちらのUR営業窓口で公開中です!
UR賃貸ショップ 千葉ニュータウン原山

千葉県印西市原山3-8-11号棟101号室
お部屋の紹介や内覧の予約など、各種ご相談ができる営業窓口。

あなたにおすすめの記事