Menu

URくらしのカレッジ

UR×俳優

のびのび&充実!ママになった菊地亜美さんがURの子育てしやすい環境をレポート!【高洲第一編】

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

緑が多く子どもの遊び場も充実していて、子育てファミリーには特にうれしいURの団地。千葉県千葉市の高洲第一団地にある、子育てがしやすい部屋を見学したタレントの菊地亜美さんが、今回は周辺環境をチェック。菊地さんの反応はいかに!? 案内をしてくれるのはUR都市機構の関井さんです。

「お散歩ついでに行けたら最高!」なプレイロット

高洲第一団地には、子どもが遊べる広場がたくさんあるんですね! 私も団地育ちなので、昔のことを思い出しました。

ここのようなURの大規模団地は、遊歩道に沿って遊び場「プレイロット」が設置されています。どの住棟の近くにもありますし、程よい広さで、利用者も多すぎず、子どもにとって良い場所ですよ。

うらやましい! 私が今住んでいる家の近くには公園がないので、行くときには気合いが必要なんです(笑)。思い立ったらすぐ立ち寄れる距離に遊び場があるのは理想的ですね。

子どもって外に行くと機嫌が直ることがありますよね。
私も子育て中なのですが、小さいうちはプレイロットで遊び、大きくなったら別の公園に行くなど、成長に合わせて遊び場の使い分けができるのも団地のメリットだと思います。

貴重な先輩ママさんの意見!
プレイロットで一緒に遊ぶのは、同じ団地の子どもたちが多いというのも安心感があります。

遊び場には、パパ・ママ同士の交流の場としての役割もありますよね。プレイロットに集まるパパ・ママは、同じような月齢の子どもを持つ人たちなので話も合うと思います。

そうですよね。娘が成長してきたら、共通の話ができるママ友が欲しいな、と思っていたところなんです。それが家の近くで叶うなら何よりですね。

ベビーカーもラクラクな緑がいっぱいの遊歩道

URの大規模団地は、住棟と住棟の間が広く、ゆったりとしているのが特長です。住棟をつなぐ役割を持つ遊歩道も整備されています。

遊歩道、とっても良いですね! 車道だとベビーカーを使いにくいこともあるのですが、ここなら使い放題(笑)。
道端には緑がたくさんありますね。娘も普段、ベビーカーから手を出して葉っぱを触っているんです。

興味があるんでしょうね!
URでは、住民の方々が自然に触れ合えるようなまちづくりを推進しています。だから、団地には木や植物の種類が多いんですよ。春だったら桜など、四季を感じられる植栽もしています。

あると心強い幼稚園や医療機関も充実!

近くに幼稚園や小学校があるんですね。さっき、お庭で遊ぶ子どもたちのかわいい声が聞こえました!

そうなんです。高洲第一団地のように、URの団地の周りには幼稚園や保育園などの教育施設や、子育て支援施設などが徒歩圏内のところも多いんですよ。

今、保育園の送り迎えを歩いて行っているのですが、ちょっと遠くて雨の日や暑い日に苦労しているのですごく魅力的に感じます。小学校、中学校までそろっているんですね。

スーパーや青果店が入っているショッピングセンターもすぐそばです。

便利ですね。買い忘れたり、急に必要になることもありますもんね。

子どもがいるパパ・ママには特に重要な医療機関も充実しています。

娘はまだ1歳ですが、「何回行くんだ!」って思うほど病院に行ってます(笑)!
医療機関が徒歩圏内にあることは大事だなと実感しています。

近年、自宅でリモートワークをする人が増えたため、子育てに向いた環境を求めてちょっと郊外に住むという選択肢を取る方も増えてきているようです。

その気持ち、よ~く分かります。
私も娘が生まれてからは、「郊外のゆとりがあるところに住むのも良いよね」って、主人と話しています。

【まとめ】URの大規模団地は子育てをするのに理想的な環境!

今回、千葉市の高州第一団地を案内してもらいましたが、私が「子育てをするならこんな環境が欲しい」と考えていたことがすべてそろっていると思いました。
特に、身近に自然を感じられる緑豊かな環境や、子どもたちが車道を通らず、気軽に遊びに行けるプレイロットがいくつもあるのがすごく良い! 近隣には保育園から小・中学校まで教育施設もあり、さらに医療機関などが充実していることにも惹かれます。パパ・ママも子どもたちも安心して、豊かな毎日を送れそうですね

高洲第一団地の周辺環境を気に入った菊地さん。次回は菊地さんに、子育ての話を中心としたインタビューをします。10月上旬に公開予定です。

※衣装協力:ne Quittez pas(パサンド バイ ヌキテパ)

URで叶えられるあたらしいくらし方

[前編]和室をイメージチェンジ!テレワークに使えてオン・オフの切り替えがしやすい「和モダン」部屋
時短でのんびり&大収納でスッキリ!家事負担が減ってゆとりが生まれるリノベーション住戸
声優・松岡禎丞さんが一人二役を熱演!『教えてUR!RYOMAと歩く団地の環境篇』公開中
団地の緑を守る!グリーンマネージャーって何をしてるの?
おなかも心も満たされる!行けばほっとするみんなの居場所「カフェ06(ゼロロク)」
「地域のみなさんに恩返しをしたい!」団地を見守る「おおたラーメンこども食堂」のフードパントリー
記事のまとめ

プレイロット、豊かな自然、教育施設など、子育てしやすい環境の高洲第一団地

  • ・遊歩道に沿って遊び場「プレイロット」が設置されている
  • ・住棟と住棟の間が広く、ゆったりとしているのが特長
  • ・緑豊かな環境で、四季折々の自然を身近に感じられる
  • ・周辺には幼稚園や保育園、子育て支援施設、病院などがそろっている

菊地 亜美さん

1990年9月5日生まれ。北海道出身。
2008年より「アイドリング!!!」のメンバーとして活躍し、2014年に同グループを卒業。その後、一般男性と結婚し、2020年8月に第一子となる女の子を出産。
現在は、NHK「趣味の園芸 やさいの時間」にレギュラー出演中。自身のYouTubeチャンネル「あみちゃんねる」も同世代の女性を中心に人気。

Instagram:https://www.instagram.com/amikikuchi0905/

菊地 亜美さん写真
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります


あなたにおすすめの記事
新着記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る