Menu

URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

山田全自動さんの浮世絵風イラストで見る「MUJI×URの部屋のあるある」

無印良品とURがコラボレーションしてつくったMUJI×UR団地リノベーションプロジェクトの部屋。無印ならではのシンプルなデザインと、広々とした空間が暮らしやすいと評判ですが、実際に住んでいるみなさんはどんな部分に魅力を感じているのでしょうか? SNSなどで話題のイラストレーター山田全自動さんの浮世絵風イラストとともに紹介します。

白をベースにした部屋と、無印良品ならではのシンプルなデザインが人気!

MUJI×URの部屋に住んでいるみなさんに「暮らしてみて良かった点」を教えてもらったところ、一番多かったのが内装についての意見。
「白色を基調にまとめられていて、清潔感があります。」
「部屋が洗練されていておしゃれ!」
「友人を呼んだときに、必ずと言っていい程うらやましがられます。」

やはり無印良品らしい、洗練されたデザインが人気のようです。

もちろん、無印良品の家具や収納アイテムともに相性抜群。
「もともと持っていた無印良品の製品が、部屋にぴったりとはまる!」
「無印の家電もなじみます。」

部屋がシンプルなぶん、自分の好きなようにインテリアコーディネートを楽しんでいる方が多くいらっしゃいました。

もともとの部屋の構造を生かしてつくる開放的な空間

次に多かったのが、間取りについての意見。
「引き戸を開けると、部屋がつながる間取りが使いやすい!」
「生活に合わせて、部屋のレイアウトを自由に決められます。」

MUJI×URの部屋は、もともと備わっている柱や敷居と鴨居(部屋の境目にある、建具を滑らせるための上下の溝)などを残しながら、リノベーションをして、新しい住まいの空間を生み出しています。
生活に合わせて間仕切りやふすまなどを活用することで、間取りが変化。仕切り方次第では、開放感のある広い空間がつくれます。

無印良品とURが共同開発!料理が楽しくなるオリジナルキッチン

MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトの特長の一つが、キッチン。住んでいるみなさんにも好評のようです。
「キッチンが広く、使いやすい。家族と話しながら料理をするようになりました。」
「シンプルなつくりで、掃除も楽です。」

取り付けられているキッチンは、無印良品とURが共同開発したオリジナル商品で、収納アイテムを組み合わせることで、使いやすいようにカスタマイズできます。毎日使うスペースだからこそ、こだわりたいですよね。

団地だから感じられる、ゆとりの住環境

暮らしやすいのは部屋の中だけではありません。UR賃貸住宅の大きな魅力といえば、その周辺環境。
「ベランダからの眺めが良く、いつまでも見ていられそう!」
「十分な日当たりと風通しで、過ごしやすいです。」

団地によっては、夏祭りやハロウィンなど、季節ごとにイベントを行っているところもあるため、世代を超えた交流を楽しめるというのも、URならではの魅力です。

今後も全国のURに、MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトの部屋が登場予定。ぜひ足を運んで、その気持ち良い空間を体感してみてくださいね。

記事のまとめ

MUJI×URの部屋が人気の理由は、白基調のシンプル空間&洗練されたデザイン!

  • ・「心の中で自慢したくなってしまう部屋」、「広くてゆとりのある空間で暮らす快適さ」など、MUJI×URの部屋に住む気持ちを、山田全自動さんのくすっとするイラストで表現
  • ・暮らしに合わせて変えられる間取り、広くて使いやすいオリジナルキッチンも好評
  • ・UR賃貸住宅ならではの日当たり、風通しの良い住環境も大きな魅力!

今回登場したURの制度

MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト とは?

日本の暮らしのスタンダードを追求してきたUR都市機構と無印良品が、長く心地良く住まうことができる「賃貸リノベーション」の新しいかたちを提案。団地の良さを見直し、優れた部分を生かしながら、これまでにない賃貸住宅をつくる活動です。

HP:https://www.ur-net.go.jp/chintai/muji/

MUJI×UR ロゴ

山田全自動さん

佐賀県出身の浮世絵イラストレーター。ちょんまげ姿の人物のイラストに誰もが「あるある」と言ってしまいそうな一言を添えた作品が人気となりInstagramのフォロワーは25万人超え。

山田全自動さん イラスト

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る