Menu

URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

『賃貸住宅でも楽しめる!』職員が自らDIYする「UR DIY部EAST」

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

URの中には、職員自ら団地内のスペースをDIY(Do it yourself。家具など既製品を買うのではなく、自分の手で作ったり修理したりすること)をするチームがあります。それが「UR DIY部EAST」。そこには、自分らしく暮らすためのすてきなアイデアがありました!

職員たちの熱い思いからはじまった!

「住宅を貸す仕事をしているからこそ、自分たちで空間を快適に変えてみたい」。そんな思いを抱くURの若手を中心とする職員たちが集まり発足したのが「UR DIY部EAST」。通常業務に次ぐ第2の仕事として、認められている活動です。その内容について、「UR DIY部EAST」部長の吉田裕輔さんに教えていただきました。

「『UR DIY部EAST』の活動の中心となるのは、URが管理する団地の管理サービス事務所や集会所などのDIY改修です。管理サービス事務所は、内覧にお越しになるお客さまが最初にいらっしゃる場所ですし、集会所は住人の方々のコミュニケーションの場。少しでも快適な空間にできたらと思ったんです。業者に頼むこともできますが、自分たちで実際に内装のDIY改修をプランニングして実行することにより、勉強になることがたくさんあると考えました。」

今回、部員だけで行う初DIY改修の舞台となったのは「すまいる亀有」の管理サービス事務所。事務所の休業日を利用して作業を行うのですが、1日半でのべ20名の部員が参加しました。壁紙を貼る人、配線をモールで隠す人、サイドの壁をウォールステッカーで飾る人など作業を分担し、協力して楽しそうにDIYを進めています。ふだんは、事務、建築、土木などそれぞれ別の職務に就いているため、ここで初顔合わせというメンバーも多いそうですが、そんなことを感じさせない抜群のチームワーク! 作業途中で足りない部品などが出てきても、知恵を出し合ってクリアしていきます。

  • DIY改修前
  • DIY改修後

賃貸でもできるDIYアイデアがいっぱい

「すまいる亀有」のDIY改修は、壁面やカウンター、カウンター越しに見える床など、お客さまから見える場所が中心。その様子をご紹介しながら、賃貸住宅でも楽しめるDIYのアイデアを吉田さんに教えていただきましょう。

「賃貸でDIYを行う場合、ポイントとなるのが『原状回復』です。部屋を退去する際、もとの状態に戻せることが大切です。そのためには、ウォールステッカーやマスキングテープなどの簡単に剥がすことができる便利グッズを上手に利用するのがおすすめです。ウォールステッカーはシール状で、ただ貼るだけで、剥がす時も簡単です。今回は、緑豊かな『すまいる亀有』の環境からイメージし、“木々の枝にとまる小鳥”のデザインにしました。マスキングテープはカウンターに使いましたが、年月の経過をカバーしながら、インテリアのアクセントにもなります。ともに色柄の種類が豊富なので好みのものを選ぶ作業も楽しいと思います。」

さらに、貼り方などをひと工夫すれば、ふつうの内装グッズでも「原状回復」仕様に変えることができるのだそう。

「例えば壁紙。“はがせるのり”を使ったり、マスキングテープを貼り、その上に両面テープを使うなどしてきれいに剥がせるようにすれば、賃貸でも好みの壁紙に変えて楽しめます。今回のようなウッディ調を選べば、模様合わせが不要で、継ぎ目も目立たないので初心者でも失敗が少ないと思います。床に敷いたタイルカーペットも、しっかり敷き詰めれば動かないので、のりで貼らなくても大丈夫。単色でも、縦横の目を利用して互い違いに置いていくと、色に濃淡のニュアンスが出て雰囲気よく仕上がりますよ。」

管理サービス事務所がナチュラル空間に大変身!

汚れが目立ってきた壁はウッディ調に変わり、ウォールステッカーやマスキングテープの装飾がおしゃれなアクセントになっています。電気の配線などもすっきり整い、「すまいる亀有」の管理サービス事務所は「UR DIY部EAST」の手により、ナチュラルな空間に生まれ変わりました。

「内覧にいらっしゃる方や住人の方たちが、事務所に入って来たとき、気持ちのいい空間だなと感じてもらえたらうれしいですね。ウォールステッカーは目を引くのでコミュニケーションのきっかけになってくれたらいいなと思います。秋になったら木々に実がなって、春になったら花が咲く、そんなふうにイメージもふくらみますよね。持ち家でないとDIYを楽しめないと思っている方もまだ多いので、『賃貸住宅でも自分好みに空間を変えて楽しめるよ』ということを発信していきたいと思います。ふだんの仕事でも、部活動を通してできた仲間との横のつながりを生かして、何か新しいことを生み出していけたらいいですね。」

熱心に作業に励みながら、「このカーペット、親子の触れ合いの場にも合いそう。集会所にいいかもね」と、すでに次のDIY改修をイメージしているメンバーたち。
今度はどこの団地に「UR DIY部EAST」が現れて、魅力的な空間に変えてくれるのか楽しみです。

  • DIY改修前
  • DIY改修後

すまいる亀有(UR賃貸住宅)

東京都葛飾区亀有1-10
子どもたちでにぎわう公園から地元の人に愛される飲食店まで、周辺は魅力的な場所ばかり。人情味あふれる街亀有で、自分らしく生活できます。


お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事はこちら

URくらしのカレッジとは

URくらしのカレッジはUR賃貸住宅がお届けする、くらしのヒントがつまった情報サイト。

説明を見る