URくらしのカレッジ

これからのくらしを考える ひと×コミュニティ

大学生やいつものスタッフがおもてなし。久しぶりのイベントに笑顔があふれた「STAY in Green Hill TERADA」

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

東京都八王子市にある「グリーンヒル寺田」にて、「STAY in Green Hill TERADA」が開催されました。団地の集会所や屋外空間でのびのびとリフレッシュし、交流や催しを楽しんでもらおうと企画されたこのイベント。その名の通り丘の上に立っている「グリーンヒル寺田」で、自然を感じながら温かい時間を過ごすことができました。

参加する人が楽しめるように考えられた催し

今回行われたイベント「STAY in Green Hill TERADA」のテーマは、「寺田で秋を感じよう」。イベント当日は気持ちの良い秋晴れに恵まれました。

●集会所で行われた「クリスマスリース作り」&「ネイル体験会」

「クリスマスリース作り」は法政大学の学生によるサークル「@団地」が主催。「お子さんなど誰でも楽しめるワークショップを、と考えて準備を進めてきました」とメンバーの一人が教えてくれました。
クリスマスリースは、紙皿の内側を丸く切り抜き、残った部分にふわふわとした手触りの毛糸を巻き付けたり、ちぎった折り紙などを貼り付けたりして制作。仕上げにスパンコールも飾ったら、カラフルで個性的なオリジナルのクリスマスリースの完成です。

「ネイル体験会」は、管理サービス事務所で受付業務を担当しているスタッフの一人がプロのネイリストでもあることから企画されたもの。爪にやさしい「水性ネイル」を使用し、水色やハートといった参加者からのリクエストに応じたネイルアートを施していました。初めてネイルアートを体験した女の子は完成した爪を見て「すごーい!」と目を輝かせていました。

●団地の憩い場「Caféおひさま」も営業

「Caféおひさま」では、ドリンク提供や商品販売が行われ、ひと休みするお客さんでにぎわいました。さらに、店舗の一角に設けられたのはキッズスペース「赤ちゃん広場」。東京家政学院大学児童学科の学生が常駐し、絵本の読み聞かせやお絵かきなどを行いました。

●「ボーネルンドPLAY BUS」やお菓子のすくい取りも

中央広場に登場したのは、ひときわ目を引く「ボーネルンドPLAYBUS」。大きなブロックを組み立てたり、珍しい形の三輪車で自由に遊んだりすることができました。
また、この秋団地内にスーパーマーケット「J Smile FOODS MARKET」がオープン。店舗内ではイベントにあわせて商品を購入することで「お菓子のすくい取り」にチャレンジできる企画も行われました。

世代を超えた交流で「グリーンヒル寺田」を元気に

今回URと連携してイベントの企画を行ったのは「Caféおひさま」のスタッフと、法政大学「@団地」のメンバーたち。そこで「Caféおひさま」の山田さん(写真左)と、「@団地」の代表・板谷さん(写真右)にお話をうかがいました。

お二人は普段は団地でどのような活動を行っているのでしょうか。

山田
「Caféおひさま」が、住民さん同士のコミュニケーションや、新しい人との出会いが生まれる場になるように考えながら日々の運営をしています。ほかにも、体操教室や手芸の会の開催、いらっしゃる方への声掛けや見守りなども行っています。
板谷
「@団地」主催のイベント「お楽しみDAY」を月1回行ったり、不定期ですが「Caféおひさま」のお手伝いもしています。

2016年より八王子市、法政大学、URが連携。以降、「グリーンヒル寺田」を中心とした周辺地域について、魅力を高めるような活動をしており、その一つが「Caféおひさま」です。

山田
学生さんたちが意欲的にいろいろなことを手伝ってくださるので、本当に助かっています。シニア世代や子どもたちにとっては、歳の離れた相手と遊べる貴重な機会となっているようです。
板谷
「@団地」のメンバーの多くは福祉系の学部に通っているのですが、日々の暮らしの中でシニア世代との交流がないことが課題でした。イベントやこのような場所があることで実体験を通して福祉のことを考えられるようになりました。ここで学んだことを、また活動の中で生かしていくつもりです。

新型コロナウイルスの影響で、イベントの開催がしばらく延期になっていました。しかしこの日は、参加者もスタッフもみんなが楽しく過ごせる空間が広がっていました。

記事のまとめ

普段から団地で活動する人が中心となって盛り上げた「グリーンヒル寺田」のイベント

  • ・「クリスマスリース作り」、「ネイル体験会」、「ボーネルンドPLAYBUS」、お菓子のすくい取りなどが行われた
  • ・「グリーンヒル寺田」には「Caféおひさま」があり、コミュニケーションの場となっている。さらに法政大学の「@団地」が定期的に活動
  • ・「グリーンヒル寺田」では、近隣の大学と連携し、一緒に地域活性化の取り組みを行っている
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事