URくらしのカレッジ

住みたいまちの選び方

ユージのぶらり団地レポート【かわつるグリーンタウン松ヶ丘編】

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

タレントのユージさんがURの団地内をぶらりとお散歩する連載企画。幼少期にはURの団地に暮らし、毎日団地内の公園で遊んでいたというユージさんも今では三人の子どものパパ。子育て環境や変わりゆく暮らしについて、日々感じることがあるといいます。今回ユージさんが歩いたのは、お悩みをDIYで解決する連載「ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY!」で訪れた埼玉県鶴ヶ島市の「かわつるグリーンタウン 松ヶ丘」。案内してくれたのは、UR都市機構の森村さんです。

雨の日に遊べるキッズルームはイケアがコーディネート!

今回やって来たのは、「かわつるグリーンタウン 松ヶ丘」です。ここも緑がいっぱいで環境が良いですね~! バス通りに面した入り口には大きなモニュメントもあって、目印になりますね。駅まではバスでどのくらいなんですか?

最寄り駅は東武東上線の「鶴ヶ島」駅で、バスで3分と近いんです。歩くと20分くらいですが、大通り沿いだから分かりやすいですよ!

歩いても良い運動になりますねぇ。子どもが一緒ならバス、パパやママの運動不足解消には徒歩。そういう子育て世代がきっといますよね!

いるかもしれないですね! 実際に、この「かわつるグリーンタウン 松ヶ丘」は未就学児の子育てがしやすいように環境づくりをしているんです。では、その一つ「キッズルーム」にまずご案内しますね。

「かわつるグリーンタウン キッズルーム」は、登録した住民※の方が利用できる施設。

※未就学児が同居している世帯の住民が対象。登録料は1000円

通常キッズルームは施錠されていて、登録者だけが持っているICカードで解錠できる。

予約は不要で、9~17時ならいつでも利用できるようになっています。

セキュリティーがしっかりしてるのは安心ですね! さて、中はどんな感じかな~?

ここは以前集会所だった建物で、キッズルームとしてリニューアルする際にイケアのコーディネーターさんにお願いしたんです。パパやママもリラックスできる空間としてつくられています。

カラフルで気持ちが明るくなりますね!

「このテント、うちの子も持ってましたよ~。イケアの大人気アイテムですよね!」とユージさん。

家具にはコーナーバンパーも。未就学児の遊び場として安全に配慮されている。

こっちにはミニキッチンやボールもありますねぇ。雨の日でも、このキッズルームに来ればお友達に会えて、いろいろな遊びができるんですね。

そうなんです。ここができたのも、住民のパパやママからの「雨の日でも遊べる場所が欲しい」というご要望がきっかけでした。授乳室のご用意もありますし、
「英語リトミック教室」という音楽と英語を楽しく学べる教室も開催されているんですよ。

「英語リトミック教室」※の様子。ピアノ教室の講師が運営していて、住民以外に近隣に住む親子も参加できる。

遊べるだけじゃないキッズルーム、魅力的だなぁ!

※「英語リトミック教室」は月3回の有料教室。緊急事態宣言などの影響で不定期開催の場合があります

ユージの「いいね!」inかわつるグリーンタウン 松ヶ丘
  • 「入口のモニュメント、かわいかったなぁ~。月と太陽を持ち上げてるイメージなのかな?」
  • 「キッズルームは雨の日に楽しめる良い施設だった! 庭付きだから、お天気の日は外でも遊べるね。」

ペット共生住宅や農園があるから暮らしの楽しみ広がる!

「かわつるグリーンタウン 松ヶ丘」でユニークなのは、キッズルームだけじゃないんですよ~。通常、URではペットと暮らすことはできないのですが、ここにはペットと暮らせる住棟があります。

ワンちゃんやネコちゃんを飼えるんですか!? それは珍しいですね。

16号棟あるうちの2棟が「ペット共生住宅」なんです。その周辺は「ペット共生エリア」なので、リードにつないだワンちゃんなら歩かせることもできますよ。

敷地内も一部なら歩いて良いってことですね! 僕も集合住宅で2匹の犬と暮らしているけど、共有スペースではマナーも大事ですよね。

ペット共生住宅には、郵便受けの横にリードフックが付いている。
「飼い主さんが郵便物を取り出してる間は、こうやって良い子に待ってるのかな?」とワンちゃんになりきるユージさん。

「ペット共生住宅」の目印はワンちゃん、ネコちゃんのキュートなイラスト。

さて、次のユニークポイントは、「クラインガルテン」です!

おぉ! …って、クラインガルテン、って何ですか?

こちらの農園です!

ドイツ語で「小さな庭」という意味なので、いわば市民農園です。ここでは、年間3000円で1区画を借りることができるんですよ。

こんな日当たりの良い場所で、3000円はリーズナブル! しかも団地内にあるなら、すぐ手入れしに来られるし、収穫のタイミングも逃さなくて良いですね。

上から見たクラインガルテン。各区画の角にはベンチがあり、作業の合間に休憩できる。

ユージの「いいね!」inかわつるグリーンタウン 松ヶ丘
  • 「ペット共生エリアで、肉球マーク発見! 僕の足と大きさ比べしてみたよ(笑)。」
  • 「撮影した日は夏野菜がたくさんなってたよ。真っ赤なトマト、おいしそうだったなぁ。」

相談窓口や集会所が毎日の生活をサポート

ユニークポイントが多い団地だけど、管理サービス事務所や集会所はどんな感じですか?

さすが、お詳しいですね! 実は、管理サービス事務所も珍しくて、こちらの木造の建物なんです。

「屋根の形がきれいだなぁ。国技館みたいじゃない?」とユージさん。

この管理サービス事務所は令和元年度に完成。中にも木がふんだんに使われ、木材の良い香りが漂う。

ここには生活支援アドバイザーが常駐していて、シニアの方が安心して暮らし続けられるよう各種相談対応などを実施しています。

困ったことがあったら、この木造の建物を目指せば良いんですね! 待ち合いスペースも落ち着く雰囲気だし、住民のみなさんにはぜひ寄ってみてほしいなぁ。

最後に、集会所にやってまいりました。ここは住民の方なら有料で借りることができて、月1回は「子育てサロン」が開催されています。先ほどご案内したキッズルームは、子育てサロンに参加された方のご要望だったんですよ。

なるほど、子育ての相談ができて、良いアイデアも生まれる場所なんですね! 小上がりがあるから、リラックスした雰囲気で話せそうだもんね。

小上がりの奥には、ベビーベッドも設置されている。
「娘たちが赤ちゃんのころを思い出すなー! いないいない、ばぁ~!」

ユージの「いいね!」inかわつるグリーンタウン 松ヶ丘

「管理サービス事務所の大谷石、アクセントウォールに使うって良いアイデアだよね!」

【まとめ】成長のエネルギーにあふれた場所!

「かわつるグリーンタウン 松ヶ丘」は、エネルギーを感じる場所でした!
子育てがもっと楽しくなる施設とペットと暮らせる住棟があって、しかもクラインガルテンもある。この団地でたくさんの命が育まれていて、育てることや成長することを楽しめる場所だったなぁ。

さて、次はどんな団地かな?

かわつるグリーンタウン 松ヶ丘のベストポイントをユージさんがイラストにしてくれました。「クラインガルテンは自分が借りなくても、鑑賞できるのが良いね!」

記事のまとめ

多様なライフスタイルにマッチする環境がそろってる!

  • ・イケアが手掛けたキッズルームは、おしゃれで安心・安全な遊び場
  • ・ペットを飼ったり、野菜を育てるなど豊かなライフスタイルが送れる
  • ・困りごとを相談できるサポートもいろいろ

DIY好き・子育てパパであるタレントのユージさんが、皆さまから寄せられたお部屋にまつわる「悩みのタネ」をDIYで解決!未経験の方でもチャレンジできるよう、わかりやすくお伝えする、「お部屋をおしゃれにDIY」連載中!

ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事