URくらしのカレッジ

UR×俳優

菊地亜美さんがコーディネートしたお部屋を見てみよう!URの一室に理想の空間を再現

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

千葉県千葉市の高洲第一団地にある、子育てのことを考えてつくられたお部屋。このお部屋を見学したタレントの菊地亜美さんが、ご自身と同じく夫婦と小さな子どもがいる家庭をイメージしてコーディネートしてくれました。がらんとしていた1LDKがどのような空間に変わっているのでしょうか?

モダンなリビング・ダイニングルーム&洋室

広い居住空間、クッションフロアなど、子どもがのびのびと遊べることを考えてつくられたお部屋。1歳の女の子を子育て中の菊地さんが、子育てのしやすさを考えながらもご自身が好きなテイストを入れてインテリアを考案してくれました。

■リビング・ダイニングルーム

※360°画像なので、画像をクリックもしくはタッチしながらぐるぐると回せば部屋全体を見ることができます。画面のセンターのswitchを押すと、家具の有無が選べます。

インテリアは、グレー、白、黒を使うのが好きなので、今回もモノトーンを中心とした家具を置きました。そんな中でも目を引くのが、ボルドーのソファです。アクセントになるんじゃないかと思って入れてみました!
自宅でも、ソファの前は一般的なセンターテーブルではなく、サイドテーブルだけを置いているので同じようにしました。空いたスペースは、ラグを敷いて子どものプレイスペースとして使いたいです。子どものおもちゃってどうしても散らかって見えがちですよね? そんなときには白や木目調のおもちゃを選ぶと、部屋の雰囲気になじむと思います。
小さい子どもがいる家庭で植物を置くと葉や土で遊んでしまうかもしれないので、手が届かない場所に吊るしても良さそうですね。白い壁をさびしく感じたらアートを飾ってみるのもおすすめです。

■寝室

洋室は寝室として利用。仕切りを開ければリビング・ダイニングルームとつなげて使うこともできる空間なので、アイテムの雰囲気を合わせて統一感を出しています。

寝室にはベッドとベビーベッドを置きたいですね。リビング・ダイニングルームの雰囲気に合わせてグレーや白を中心としたアイテムを選びました

リビングルームと隣接しているこの位置にベビーベッドを置くことで、キッチンやリビングルームからも子どもの様子を見守ることができますよ。自宅でもベビーベッドを使っているのですが、ときには全く寝てくれないこともあります。そんなときには、家族一緒に川の字になって寝ています。
また大きな棚は、自分で使い方をアレンジできるので、このように子どものグッズを収納しても良さそうです。

設備を一新した水まわりと、収納たっぷりの玄関も

キッチンや玄関など、このお部屋のほかのスペースも360°画像でお楽しみください!

菊地さんと一緒に4記事にわたって紹介してきた、千葉県千葉市の高洲第一団地にある子育てしやすいお部屋。このように、URには住む人のことを考えてつくられたお部屋がたくさんあります。間取りや仕様などさまざまなタイプをチェックしてみてくださいね!

>>URのお部屋探しはこちら

※衣装協力:ne Quittez pas(パサンド バイ ヌキテパ)

菊地 亜美さん

1990年9月5日生まれ。北海道出身。
2008年より「アイドリング!!!」のメンバーとして活躍し、2014年に同グループを卒業。その後、一般男性と結婚し、2020年8月に第一子となる女の子を出産。
現在は、NHK「趣味の園芸 やさいの時間」にレギュラー出演中。自身のYouTubeチャンネル「あみちゃんねる」も同世代の女性を中心に人気。

Instagram:https://www.instagram.com/amikikuchi0905/

菊地 亜美さん写真
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事