URくらしのカレッジ

住みたいまちの選び方

ユージのぶらり団地レポート【多摩ニュータウン ファインヒルいなぎ リベレ向陽台編】

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

タレントのユージさんがURの団地内をぶらりとお散歩する連載企画。幼少期にはURの団地に暮らし、毎日団地内の公園で遊んでいたというユージさんも今では3児のパパ。子育て環境や変わりゆく暮らしについて、日々感じることがあるといいます。今回ユージさんが歩いたのは、東京都稲城市の「多摩ニュータウン ファインヒルいなぎ リベレ向陽台(※以下、リベレ向陽台)」。案内してくれたのは、UR都市機構の石川さんです。

傾斜地を生かした階段は四季を感じられる場所

並木の紅葉がきれいだなぁ。初めてこの「リベレ向陽台」に来たときも思ったけど、この階段は広々としてて気持ち良いですよね。

この階段は、 「リベレ向陽台」の大きな魅力ですね。向陽台地区は多摩ニュータウンの一部で、丘陵を生かして街づくりが行われた場所なんです。敷地全体が傾斜地になっているので、ゆったりとした階段が団地の中心にあって、両側に住棟が並ぶという造りになっています。

なるほどね~。この開放感は、階段近くの住棟が中層だからっていうのもあるのかな。

そうなんです!  「リベレ向陽台」は中層住宅がメインなんです。住棟が、傾斜の低地から高地を結ぶ役割を果たしていて、地形の流れに沿う美しい景観の一端を担っています。向陽台エリアの街づくりは、平成7年の「都市景観大賞」も受賞しているんですよ!

階段の上にある、石のオブジェが気になったユージさん。
「これって、昔の石割をモチーフにしたオブジェなんじゃないかな? 大きな石を割るために、杭みたいなものを打ち込むんだけど、この溝はその跡。お城の石垣で、こういう溝が付いてる石あるよね!」

階段沿いに植えられているのは、春には美しく芽吹き、夏には緑陰を落としてくれる木々で、四季を通じて楽しめます。

歩いていたら、住棟の雰囲気が少し変わりましたね!

「リベレ向陽台」には、いろいろな外観の住棟があるんです。「リベレ」は、フランス語で「自由」という意味で、全体的に南フランスをイメージしているのですが、オレンジ色の屋根と白い外壁の住棟は、特にリゾートっぽい明るさがありますよね。

確かに、ヨーロッパの集合住宅っぽい雰囲気! 住むときにどの住棟にするか、選ぶのも楽しそうだなぁ。

この道も好きだなぁ。ゆるいカーブが絵になるよね!

ここは公道で、コミュニティバスの停留所もあります。駅はもちろん、市役所や病院にも行けて便利なんですよ。

それは良いね! たまに見かける赤いバスが、コミュニティバスかな?

そうです! 住民のみなさんに愛されています。
ほかにも周囲には、「うしさん公園」があったり、少し足を延ばせば多摩川の河川敷があったり、周辺環境もとても充実しているんです。

近くの公園通りも、石畳になってるし、電線が地中化されてたりしてすてきな街並みだよね。エリアごと開発してるから、こんなに環境が整ってるんですね!

ユージの「いいね!」inリベレ向陽台
  • 「ベンチが木の足元にあるのが良いよね! 背もたれがカーブしてて、背すじを伸ばすと気持ち良さそう!」
  • 「石のオブジェは立派だったなぁ。団地内での集合場所にもなるね!」

リノベーション済みの部屋はおしゃれで快適!

さて、お部屋に来ましたね。このアクセントウォール、きれいな色ですね!

ここはリノベーションした部屋で、アクセントウォールのほかに、フローリングも増張りしたり、水まわりも改修しています。

この色、シンプルな家具を置くだけで、インテリアが決まりそうだね。DIYのイメージも膨らむなぁ。

壁にピクチャーフックを発見。
「子どもが描いた絵を飾る、ミニギャラリーにしても良さそう!」

和室の畳も交換したもの。「和紙畳なので、日焼けしにくくて長持ちするんですよ」と石川さん。

ベランダからの景色、緑がいっぱいで気持ち良いなぁ。

今日は曇ってますが、「よみうりランド」も見えるんですよ! 車だとここから15分くらいの距離なんです。

家族で行ったことありますよ! こんなに近かったら、思い立ってすぐに遊びに行けて良いなぁ。

ユージの「いいね!」inリベレ向陽台
  • 「アクセントウォールもフローリングも、色がすてきだったなぁ。この壁を背景に、SNSの写真を撮ったら映えること間違いなし!」
  • 「リノベーションされた部屋の窓から。毎日こんな自然いっぱいの景色が眺められたら良いよね~。」

子どもたちの習い事も敷地内でできる!

最後は、管理サービス事務所ですね。ここは2階建てで、外から見るとガラスの三角屋根が見えますよね?

はい、管理サービス事務所以外に、住民の方が使える集会室があって、その三角屋根は、2階の集会室にあるんです。さっそく上がってみましょう。

広~い! ここの天窓だったのか~!

ここでは、バレエ教室も開かれています。ほかにも、1階ではそろばん教室が開かれていたり、団地内でもいろいろな体験ができるんですよ!

奈良北団地もそうだったなぁ。習い事の送り迎えって、結構時間かかるから、親にとっても助かるね!

ユージの「いいね!」inリベレ向陽台
  • 「見て、この天窓! 窓がいっぱいあると明るくて良いよね。こんなに広いと、通う子どもたちものびのびできそう。」
  • 「天窓のブラインドは、このひもで開閉するんだね! 子どもたちは触らないよう気を付けよう!」

【まとめ】「リベレ向陽台」は、暮らしながらリフレッシュできる場所!

大きな階段、リノベーションされた部屋、おしゃれな住棟、集会所…。 「リベレ向陽台」は、どこを切り取っても魅力的な団地でした!
緑がいっぱいだし、建物は南欧風だし、敷地内を歩くだけで、ヨーロッパで散歩してるような気分になったよ。景色の良さは、部屋からも楽しめるし、家で過ごすことが多い今の暮らしも充実しそうだね!

さて、次はどんな団地かな?

「リベレ向陽台」のベストポイントを、ユージさんがイラストにしてくれました。
「階段の途中にいくつかあったベンチが、今回のベストポイント! 木のそばにあるから、季節ごとの風景が思い出に残るね。」

記事のまとめ

「リベレ向陽台」は南フランス風の雰囲気と充実した住環境が魅力!

  • ・敷地内にある大きくてゆるやかな階段は、四季の移ろいを満喫できる場所
  • ・おしゃれな住棟と部屋は、住むときに選びがいがある!
  • ・集会所の広いホールは、子どもたちの習い事にもぴったりの環境

DIY好き・子育てパパであるタレントのユージさんが、みなさんから寄せられたお部屋にまつわる「悩みのタネ」をDIYで解決!未経験の人でもチャレンジできるよう、分かりやすくお伝えする、「お部屋をおしゃれにDIY」連載中!

ユージと一緒にお部屋をおしゃれにDIY
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事