URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×アイデア

おうち時間を快適に過ごそう!リラックスできる部屋をつくる三つのポイント

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

以前に比べて家で過ごすことが多くなった今日この頃。この機会にインテリアを見直してみませんか。インテリアスタイリストの窪田俊さんに、快適な空間づくりのコツを教えていただきました。

ちょっとしたコツで空間が広く&華やかに

Q.家具を選ぶとき、どんなことに気を付けたら良いでしょうか?

「家具を探すとき、部屋のサイズを測ってから、家具屋さんに行く方が多いと思います。そこでポイント①、部屋に対して少し小さめの家具を選ぶこと。そうすることで室内に余白ができ、部屋の使い方の自由度が増し、より快適な空間をつくりやすくなります。」

Q.どんな家具から取り入れたら良いですか?

「おすすめしたいのがポイント②、リラックス効果があると言われる間接照明です。ハードルが高そうと思う方も多いと思いますが、サイドテーブルに置くテーブルライトや、床に置くフロアライトが手頃な価格で売っているので、取り入れやすいですよ。
間接照明を置く場所は、人の集まる場所が良いでしょう。例えば、ソファの横は間違いありません。ソファのサイドテーブルの上にテーブルライトを置けば、リラックス効果だけではなく、本を読むときにも役立ちます。
フロアライトは部屋の隅に置くと、空間を広く見せることができます。天井に向かって光を照らすライトの形を選ぶと、天井と壁の両方照らしてくれるので、より効果的です。」

Q.ほかに大切なことはありますか?

ポイント③、花や緑を取り入れることです。インテリアショップなどで、フェイクの植物が売られていますが、できれば本物の花や緑が良いですね。家具などのインテリアはあくまでも『物』なので、生きた花や緑を飾ることで、空間に彩りを添えることができます。“こういう部屋にはこんな植物が合う”など堅苦しいことは考えず、インスピレーションを大事に、自分が好きだなと感じた物をどんどん取り入れて欲しいですね。その季節に合った花を瓶にラフに生けるだけで、より豊かに快適な生活を送ることができると思います。」

記事のまとめ

小さめの家具を選ぶ、間接照明&花や緑を取り入れることが快適な部屋をつくるポイント

  • ・部屋に対して少し小さめの家具を選ぶと、空間に余白ができ、部屋の使い方の自由度が増し、快適な空間をつくりやすくなる
  • ・リラックス効果がある間接照明は、手頃な価格で取り入れやすい。テーブルライトは、ソファのサイドテーブルの上に、フロアライトは部屋の隅に置くのがおすすめ
  • ・本物の花や緑を取り入れると、空間に彩りを添えることができる。季節に合った花を瓶にラフに生けるだけでより生活が豊かになる

今回の先生:窪田 俊さん

インテリアスタイリスト。
大学を卒業後、ハウスメーカーや家具販売店を経て、27歳のときにインテリアスタイリストとして独立。店舗や住宅の家具を中心としたインテリア用品の卸しから、住宅や店舗のリノベーション、シェアハウスやモデルルームのインテリアコーディネート、スタイリングなどを手掛ける。
現在は広告や雑誌、カタログのスタイリング、またモデルルームなどの、住空間のインテリアコーディネートなど幅広い分野で活躍中。

HP:https://www.sisusta-interiorstyling.com/

窪田 俊さん 写真

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事