URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

オートロック付き物件に住むメリット・デメリットとは?注意点を解説

住まい探しで気になるポイントの一つがセキュリティ。一人暮らしの女性や小さな子どもがいるファミリーには、駅からの距離や周辺環境だけでなく、オートロックが設置されているかどうかを重視することも、多いかもしれません。まずは、オートロックにより防げるリスクと、防げないリスクを知って、安心できる暮らしに役立てましょう。また、停電時など、いざというときの注意点についても解説します。

オートロック付き物件のメリット・デメリット

オートロックは、防犯対策として一定の効果が期待できます。逆に、オートロックがあるために不便に感じることもあるようです。

●メリット
・犯罪に巻き込まれるリスクを減らせる
国土交通省住宅局が発表した「平成25年 住生活総合調査結果」によると、オートロックは、「建物内に共用玄関のドアがあり、外からドアを開けるためには、鍵や暗証番号などを用いるか、居住者などに、内側から鍵を解除してもらう必要があるもの」、と定義されています。
つまり、オートロックが付いている物件は、原則として、住民もしくは管理人や管理会社のスタッフなど、鍵を持っている人、もしくはそれらの人が、来訪者と認めた人しか立ち入れません。
不審者が、知らないうちに自宅ドアの前までやってくるような心配を減らせるのは、大きな安心材料になるのではないでしょうか。
・訪問営業を受けにくい
訪問営業や、さまざまな勧誘に悩まされにくくなるというメリットもあります。
オートロック付きの物件では、基本的に訪問者は、エントランスのインターフォンから居住者に連絡をして、オートロックを開けてもらう必要があります。
このため、突然誰かが訪ねてくることは減り、モニター付きの物件なら、部屋に居ながら誰が来たかが分かります。
訪問営業などを受けたくないなら、モニター越しに断れば良く、話をするのも嫌なときは、不在を装うこともできます。訪問営業をする側としても、エントランスで断られる可能性を手間に感じて、敬遠することが考えられます。
●デメリット
・新聞をエントランスまで取りに行く必要がある
新聞を購読している家庭で、オートロックがない物件は、玄関先まで配達してもらえることが多いのですが、オートロックが付いている建物では、エントランスの集合ポストへの投函となります。
そのため、毎朝新聞を読むためには、一度エントランスまで下りる必要があります。
中には、マンションの管理会社などと協議し、配達時間にオートロックを解除する設定にしたり、暗証番号を教えたりして、部屋まで配達してくれるケースもあるようです。
・家賃が高めに設定されている
オートロックが付いている物件は、比較的築浅であることが多く、さらに防犯カメラが設置されるなど、セキュリティ設備を整えていることが少なくありません。そのため、オートロックのない物件に比べて、家賃や管理費・共益費は、どうしても高めになりがちです。
また、こうしたセキュリティがしっかりしている物件は、人気があり競争率も比較的高いので、築年数がたっても、家賃が大きく下がることは期待しにくいでしょう。
・ロックの解除が二度必要になる
オートロック付きの物件は、エントランスと部屋でそれぞれロックを解除するのが、面倒に思うかもしれません。
それぞれが別の鍵の場合、外出の際には、基本的に二つの鍵を持ち歩く必要があり、うっかり部屋の鍵だけ持って出かけてしまうと、自分の住む建物内に入れないというトラブルも起こります。
来客の際も、エントランスと部屋とで二度のロック解除が必要になります。ホームパーティーなど大勢の来客があるときには、少し煩わしく感じるかもしれません。

オートロック付き物件で暮らすときの注意点

セキュリティ面での、心強さが期待できるオートロック付き物件ですが、弱点があることも知り、住む場合は、その対処法も考えておきましょう。
また、停電時などに、思わぬトラブルが起きることもあるので要注意です。

●不法侵入を完全に防げるわけではない

通常、エントランスの自動ドアは、一度開くと数秒程度そのままの状態を保ちます。居住者や来訪者が、エントランスの鍵を解錠して入館する際、すぐ後ろに続いて不審者が入ってくる可能性もあります。これを“共連れ”と言います。
また、暗証番号式の場合、誰かが押しているところを見て、番号を知ってしまえば、次から簡単に開けられてしまいます。

出入りする際は、エントランス付近に長時間いるなど、明らかに行動が怪しい人がいないかチェックし、続けて入られないようにしましょう。
暗証番号式が採用されている場合は、人が周りにいないか確認し、手元を見られないように素早く入力します。建物によっては2~3カ月ごとに、暗証番号を変えるようにしていることもあります。
また、部屋ごとに暗証番号を設定できる場合は、各自で定期的に番号を変えるとより安全です。

宅配便などを装って、オートロックを開けさせるケースもあります。インターフォンで誰からの荷物かを確認し、心当たりがない場合は、受け取りを拒否するなどの対応も考えられます。
解錠して入館させた場合も、送り主が確認できるまでは、部屋の玄関ドアにチェーンをかけたままで対応しましょう。

オートロックが付いているからと油断して、部屋の鍵や、窓を開けっぱなしで出かけるのは、絶対にやめましょう。
ゴミを出しに行く、新聞や郵便物を取りに行くといった短時間の外出でも、必ず鍵をかけることが大切。もちろん、部屋の中にいるときも、施錠が基本です。

●停電時に部屋に入れなくなる可能性がある

地震や落雷などに伴う停電で、トラブルが起きる可能性もあります。というのも、オートロックシステムは、停電すると電気錠が作動しなくなったり、自動ドアが動かなくなったりする場合があるからです。
なお、オートロックには停電時、自動的に「解錠されたままになる機種」と、「施錠して開かなくなる機種」の2種類があります。解錠されるタイプの場合は、停電時には手動で扉を開閉して出入りすることができます。

ただし、カード型などの非接触キーを利用するオートロック装置の場合は、自宅の玄関ドアの施錠・解錠までできなくなって、部屋に入れなくなる可能性もあります。
携帯性の高さが魅力ではあるカード型ですが、外出時は鍵の本体も持ち歩くようにすると、万一のときには、鍵で解錠できるので安心感があります。

【主なオートロックの種類】
・集合キータイプ
自宅玄関のドアを開ける鍵が、そのままエントランスの鍵になるタイプ。賃貸物件に設置されたオートロックの中では、広く普及しています。
・暗証番号タイプ
0~9の数字の付いた押しボタンで、4桁の数字を入力する暗証番号で解錠するタイプ。住民全員が同じ番号の場合と、部屋ごとに異なる場合の2種類があります。

・カードキータイプ
IC認証カードを鍵として使用するタイプ。カードリーダーに通すタイプと、読み取りセンサーにカードをかざす非接触タイプの2種類があります。

・指紋認証タイプ
自分の指の指紋を登録し、鍵として使用する仕組み。一部の物件などで導入されています。

オートロックの理解を深めて安心できる毎日を!

オートロックにはさまざまなメリットと共に、使い勝手の面でデメリットも存在します。
また、オートロックがあるからと油断して、入居者の防犯意識が低下しがちな点にも注意が必要です。
オートロックは不審者の侵入を減らし、安心できる暮らしの一助となる便利なシステムですが、決して過信せず、オートロックの安全性を高めるよう行動しましょう。

また、集合キータイプやカードキータイプは、いずれも紛失・盗難には十分に注意しましょう。居住者の一人が集合キーを紛失して、万一不審者に侵入されるようなことがあれば、居住者全員が危険にさらされるという危機感を持つことも重要です。

なお、鍵の種類・オートロックの種類によって、停電時の対応などが変わってきます。オートロック付きの物件を探す場合には、内見の際、付いているオートロックがどのタイプのものかを確認しておくと良いでしょう。

監修/佐伯 幸子

記事のまとめ

オートロックも不法侵入を完全には防げない。デメリットを理解して日頃から注意を

  • ・オートロックのメリットは、不審者が建物内に入りにくい、訪問営業を受けにくいなど
  • ・デメリットは、ロックの解除が二度必要、停電時に中には入れない可能性があるなど、セキュリティを強固にすることで、使い勝手に影響が出ることが考えられる
  • ・オートロックでも、不法侵入を完全に防ぐことはできない。オートロックだからと油断せず、戸締まりはきちんとするなど日頃から安全に配慮を
あなたにおすすめの記事