URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

団地のリノベーションとは?メリットと成功のコツ、賃貸で楽しむ方法

広々とした敷地に緑豊かな公園。どこかレトロな雰囲気も残しながら、自分たち好みにデザインした温かみのあるインテリア。自分たちらしいライフスタイルが叶うと、人気を集めているのが、団地のリノベーション住宅です。しかし、間取りから変えてしまうスケルトンリノベーションもあれば、手作りが魅力のDIYまで、そのスタイルは千差万別。そこで今回は、団地に暮らすメリットから、さまざまな団地リノベーションを紹介します。

団地リノベーションのメリット

そもそもなぜ、団地リノベーションが注目されるのでしょう。 団地に住むメリットは? 古いイメージだけど安心して住める? まずは素朴な疑問を解消、その魅力を確認しましょう。

●比較的予算を抑えてリノベ物件に住むことができる
築年数の古い団地であれば、一般的な中古マンションに比べて、購入価格や家賃が抑えられる可能性があります。
UR賃貸住宅の場合、礼金・仲介手数料・保証料などの初期費用が不要。更新料もないので、その分金額の負担が軽くなります。
また、企業との共同プロジェクトによって生まれたフルリノベーションの部屋から、セルフリノベーションを楽しめるDIY向け住宅までそろっているので、自分のスタイルと予算次第で選ぶことも可能。
デザイン性の高いマンションは、新築であれリノベーションであれ、販売価格や家賃が高めに設定されていることを考えると、 UR賃貸住宅に住むということは賢い選択と言えるかも。
●耐震性能が高く安心
団地の建物は古いというイメージから、耐震性に疑問を感じる人もいるかもしれません。
しかし、団地(集合住宅)の建物の多くは、柱ではなく壁全体で建物を支える、堅牢な「壁式構造」で建てられています。
UR都市機構が管理する建物には、1981年6月以前の旧耐震基準と、現在の新耐震基準で建てられた建物がありますが、阪神・淡路大震災や東日本大震災でも、大きな被害を受けた事例はありませんでした。
2019年現在では、旧耐震基準で建設された団地の9割以上で耐震補強工事がなされ、現在の耐震基準に達しています。
●住環境が良い
団地と言うと、広い敷地の中に、複数の集合住宅が立ち並ぶ姿を思い浮かべる人が多いのでは?
そう、UR都市機構に代表される団地の一番の魅力は、このゆったりとしたつくり。敷地の中には、公園や庭があり、緑がとても豊かです。建物と建物の間が広くとられているので、通風や採光にも恵まれています。
また、道路など外部との距離が保たれているので、静かで落ち着いた、騒音の少ない環境なのも安心。人と車の通りが分離していたり、家を出てすぐに遊ぶことができる環境なのも、子育て世代にはうれしいところ。
子ども会やお祭りなど住民同士の交流も盛んで、管理や修繕計画が行き届いているのも、住み心地アップのポイントです。

住みやすい団地リノベーションかどうかを見極めるポイント

「古くて、間取りが使いづらい」そんなイメージは過去のもの。多くの団地は、現代のライフスタイルに合わせてリノベーションしています。内覧時のチェックポイントを確認。

●ゆったりとした間取りとなっている
古い団地の部屋といえば、かつては2DKや3DKなど細かく仕切られた間取りに、キッチンなどの水回りは北側の暗い場所にレイアウトされているケースが多く見受けられました。
しかし、最近のリノベーション物件では、仕切りとなっていた壁を取り払い、LDKを明るく、開放的な空間にした住戸が増えています。
和室がある場合、畳にはいくつかのサイズがあるので、図面などで面積を確認することを忘れずに。
また、生活動線が自分たちの暮らしに合っているかが住みやすさの大きなポイントです。内覧の際は、1日の流れをシミュレーションしながら、実際に動いて確認してみると良いでしょう。
●壁や床がリニューアルされている
壁や床は面積が広いため、色や素材で部屋の印象が大きく変わります。場合によっては、いくら家具などをおしゃれにしても、古臭さを感じさせる要因にも。
部屋を広く見せたいなら、白を基調とした明るい色使いが有効です。細かいですが、壁紙がきれいに貼られているかも良く見ておきましょう。
●水回りの設備が新調されている
水回り設備の交換サイクルは短く、キッチン・洗面化粧台は20年、お風呂は15年、トイレ・給湯器は10年が目安と言われています。また、給排水管は30~35年で、さびや腐食が起こる可能性も。最近の設備に取り換えられているかしっかり確認してください。
家賃に対して設備のグレードが伴っているかまでチェックできるとなお良いですね。
●元の設備や構造を生かしている
どこか懐かしい雰囲気や、レトロな風合いが魅力でもある団地。せっかく団地に住むなら、そんな味わいも楽しみたいですよね。照明や配管などレトロな設備をあえて残していたり、むき出しの天井や、コンクリート壁のラフな質感を生かしてみたり。古い団地の良い部分を残して、雰囲気ある空間をつくり上げているかも見どころです。

リノベーションした団地を賃貸で提供するUR

UR賃貸住宅では、団地の良さを生かしながら、今のライフスタイルに合うようリノベーションした物件を全国で取り扱っています。

●リノベーション済みの団地が豊富
UR賃貸住宅の取り扱っている団地のほとんどは、ゆとりある間取りと豊富な収納に加え、和室を洋室へ変更したり、水回りの設備を新しくするなど、今の暮らしに合わせたリノベーション済み物件です。
また、無印良品やイケアなどとの共同プロジェクトでつくられた、コンセプチュアルなリノベーションを楽しめる実例もあります。
●自分でリノベーションを楽しめる賃貸物件もある
賃貸住宅でありながらセルフリノベーションを楽しめるのが、「DIY住宅」です。建物の構造部分(躯体)以外は、基本的にリノベーションすることができ、部屋によってはスケルトン状態からの大規模な工事も可能です。
ビフォーアフターで大きく変わる、こだわりのDIYを思いきり楽しんでもらうため、①退去時の原状回復が不要 ②プランニング&施工の期間として、3カ月間家賃無料 という特典が付いているため、マイペースでDIYを進めることができます。
また、もっと気軽にDIYを楽しみたいという人のために「Petit DIY住宅」、「カスタマイズUR」というシリーズも用意されています。それぞれDIYできる範囲が異なり、「Petit DIY住宅」は、壁紙や床面の変更など、表層部分の改修が可能な住宅となっています。

「UR-DIY」の詳細はこちら

●ゆとりある住環境で、自分らしい住まいづくりができる団地リノベーション
団地に住むメリットは、やはりなんといってもその住環境。広い敷地の中に、公園があり、緑があり。建物と建物の間も広く取られているので、通風や採光にも恵まれています。
郊外の大規模団地では、主婦にうれしいスーパーや病院、幼稚園まで備えている団地もあり、特に、子育て世代にとってはうれしい環境がそろっていると言えます。
コミュニティや理事会がしっかりしていることや、管理が行き届いていることも、長く安心して暮らせる材料です。
古い・狭いというイメージがあった部屋も、ほとんどの住戸が今の時代に合った間取りや設備に生まれ変わっています。UR賃貸住宅は団地再生の試みとして、企業と共同でリノベーションを手掛けたり、DIY向け住宅をラインアップするなど、住まい手の変化に柔軟に対応している点にも注目。
リノベーションの醍醐味は、家に自分を合わせるのではなく、自分の暮らしに合わせて家をつくれること。それを“団地×リノベーション”で、実現してみてはどうでしょう。

監修/山下 あい

記事のまとめ

“団地×リノベーション”で見つける、自分らしいライフスタイル

  • ・低コスト、強い構造、快適な住環境など、団地をリノベーションして暮らすメリットは多い
  • ・暮らしに合った間取りはもちろん、床や壁、設備が新調されているなど、住みやすいリノベ団地を見極めるポイントを知ろう
  • ・カスタマイズできる「DIY住宅」から、家具会社との共同プロジェクト住宅など、UR賃貸住宅には、自分らしい暮らしを楽しめる賃貸物件が用意されている!
あなたにおすすめの記事