URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

千葉雄大さんの部屋のこだわりって?東京が一望できるURの部屋でラジオ番組を収録!

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

2020年1月13日にニッポン放送で放送された『UR賃貸住宅プレゼンツ 千葉雄大のMY ROOM RADIO!』。パーソナリティは、俳優の千葉雄大さん。収録は東京都中央区「ベイシティ晴海スカイリンクタワー」にある部屋で行われました。「このすばらしさが伝わったらいいな」と、千葉さんも太鼓判を押すこの部屋から、収録の様子をレポートします。

※ABCラジオでの放送は、2020年1月18日20:00~21:00。

「家族でも住める、1LDKの温かい部屋」

ラジオ番組「UR賃貸住宅プレゼンツ 千葉雄大のMY ROOM RADIO!」の収録が行われたのは、東京都中央区にある「ベイシティ晴海スカイリンクタワー」の1LDKの部屋。
部屋からは都心部のビル群や、近くにある運河が見渡せる上、ベランダからは東京タワーも! また、自転車で銀座に行けるという好立地です。

「46階の部屋でめちゃくちゃ景色がいいです! 建物がある晴海は、築地市場と豊洲市場の中間くらい。ラジオ収録なのに、スタジオではなくお部屋からお届けするのはなかなか新しいですよね」と、千葉さん。

この部屋を気に入ったようで、
造りもしっかりとしていますよね。普通にエントランスから入ってきたんですけど、すごくアットホームな感じと、重厚感もあって本当にすてきだなあと思いました」と、感想を教えてくれました。

また、部屋についてはこんな思い入れも。
「前に不動産屋さんの役をやったときに、いろんなお部屋を見に行ったんです。いつもと違う場所に行って、そこの生活を垣間見たりすることが好きなんですよね。この街に住んだらどんな感じなのかなとか想像するのが昔から好きだったので、今回このお部屋から収録できてうれしいです。」

千葉さんの部屋はどんな雰囲気?

過去には、キリンが好きでいろいろなキリンのアイテムを部屋に置いていたこともあるという千葉さん。今はどのような部屋で暮らしているのでしょうか?

「シンプルにグレーで統一した部屋で、休みの日には自堕落な生活を送っています(笑)。前にソファを使ってたんですけど、ずっと同じところで寝転がるから、僕のお尻の位置でソファが凹んでいて。家に遊びに来た友達に『こんなソファ、見たことがない!』って言われてから、生活を正そうと奮起しています。まずリビングとダイニングを分けて、ダイニングで食事をするようにしていますね。」

また、過去の作品の台本は、捨てられずに段ボールに入れてとってあるのだそうです。

宮城県出身の千葉さんは、引っ越しで温かい思い出があるのだそうです。

「前に住んでいたところの近くに、よく行くコンビニがあって、そこのおじちゃん、おばちゃんにすごくお世話になりました。スマートフォンを失くしてしまったとき、すごく焦ったんですがそのコンビニで電話を借りてなんとか見つかりました!
東京って、冷たい、人付き合いがないみたいなイメージがあったのですが、その方々は本当に地元のようなやさしさで包み込んでくれて思い出に残っていますね。」

今回の収録には、2月21日に公開される千葉さん主演の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』で共演している白石麻衣(乃木坂46)さんが、ゲストとして遊びに来てくれました。白石さんの部屋のこだわりなども話してくれましたよ。

URには、「ベイシティ晴海スカイリンクタワー」のような超高層や、中層、大規模なものから小規模なものまでさまざまタイプの物件がそろっています。URの物件は、全国にありますので、ぜひ希望にあった合った部屋を見つけてください。

千葉 雄大さん

1989年3月9日生まれ。宮城県出身。
2010年「天装戦隊ゴセイジャー」で主演し注目を集める。2016 年映画「殿、利息でござる!」で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近年、主な出演作は、ドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」(2019年)、ドラマ「家売るオンナの逆襲」(2019年)。2月21日には、主演映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が公開予定。

千葉 雄大さん写真

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事