URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

賃貸物件の部屋探し~入居までの流れを解説。契約時の注意点とは?

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

「新居で暮らしをスタートしたい」と、一口に言っても、その探し方や住まいのチェックポイント、どんな不動産会社にサポートしてもらうか、そして契約時はどうするのかなど、さまざまな注意点があります。希望の新居に住むためには、その一つひとつが大切な項目です。そこで今回は、快適な住空間であることはもちろんですが、金銭的にも納得でき、契約時もスムーズに行える賃貸物件を見つける秘訣を紹介します。

賃貸物件探し~入居までの流れ

まずは自分の希望条件を、しっかりと整理。このときに、自分が叶えたい優先順位を設定しておきましょう。後は、不動産会社の担当に希望やイメージを伝えつつ、相談しながら物件探しを進めていきます。

●希望条件の整理
どんな間取りが良いのか、立地や家賃など、希望の条件を整理することが、住まい探しの第一番目に考えることです。せっかくの新居ですから、あれが良いこれが良いと希望もどんどん膨らむことでしょう。この時期が新居探しの一番楽しい時間かもしれませんね。
でもここでご注意を。希望はあくまでも希望です。実際に物件を探し始めると、そのすべての条件を満たす物件を見つけるのは、難しいと気付くことでしょう。そんなときに役立つのが、あらかじめ優先順位を決めておくことです。譲れる条件と譲れない条件を明確にすると、部屋探しはとてもスムーズになるのです。
さらに、そのことを不動産会社の担当者と共有できるように、用紙などにまとめて記入して見せることもとても有効です。
●賃貸物件探し
いよいよ、希望の条件に合った部屋探しが始まります。
探し方はさまざまですが、最初は賃貸物件情報サイトを利用するのがおすすめです。住まい探しをしたことがない人にとっても、簡単にスムーズに、希望のエリアの空き物件を確認することができます。さらに希望エリアの大体の家賃相場なども理解できるでしょう。
希望に叶う物件が見つかったら、後は不動産会社に出向き、詳しい内容を確認します。このとき、ネットに載っていなかった物件などもあるかもしれません。希望物件以外でも気になる物件があったら、実際に住まいを見てみる内覧の申し込み手続きをしておくと良いでしょう。
●物件の内覧
一般的に内覧は、不動産会社の担当者と一緒に出かけます。しかし、場合によっては、鍵を渡されて自分だけで内覧することもあります。
内覧の際に気を付けるのは、間取りや住設備の状態、採光など、生活を想定して確認をします。このときに、室内の様子を写真に撮っておくことがおすすめ。内覧後に部屋のイメージを思い出すときに便利です。
また、時間に余裕があれば、物件周辺の下見をしておくのも良いでしょう。駅までのルートをはじめ、スーパーやコンビニなど、日頃から利用するお店の位置や品ぞろえ、価格といった生活情報も収集しましょう。
●賃貸借契約の締結
入居したい物件が決まったら、いよいよ賃貸借契約を結ぶことになります。
入居申込書に必要事項を記入して、入居審査を受けます。その際には、家賃を毎月支払える収入があるか、連帯保証人の了承を得ているかなどをチェックされます。
この入居審査に通ったら、重要事項説明を担当者から受けて、内容に納得・確認できたら賃貸借契約を締結します。その後は、期日までに敷金・礼金・日割り家賃・仲介手数料などの支払いを経て契約の手続きは完了です。
●入居
物件の引き渡し日になったら、部屋の鍵を不動産会社の担当者から受け取ります。
引っ越しする際には、荷物を搬入する前に、部屋の状態を確認しておくと良いでしょう。室内の様子をしっかり確認して、傷や汚れなどがある場合は、写真を撮っておきます。この写真が証拠になり、退去時に入居前からある傷ということを証明できるため、無駄なもめ事を防ぐことができます。

賃貸借契約時の注意点

賃貸借契約時には、その内容を再度確認して細かくチェックすることも重要です。さらに、引っ越しの日時や準備期間など、スケジュールの管理も事前に注意しましょう。

●契約内容を理解する
提示される契約書には、賃料や管理費のほかに金銭面で重要となる、契約更新や途中解約、退去時の原状回復費用の支払いなどに関する内容が記載されています。少しでも分からないことがあったら、担当者に質問して具体的に説明してもらいましょう。
●保証人に事前に承認を得る
連帯保証人が必要な場合は、あらかじめ依頼する人に事前に承認を得るようにしましょう。場合によっては、不動産会社から保証人を引き受けているのかという、確認の連絡が入ることがありますので、連帯保証人とはしっかりとしたコミュニケーションをとっておきましょう。
また、保証人を頼める人がいない場合は、家賃を滞納したときに代わりに立て替えてくれる、保証人の役割を果たす、家賃保証会社を利用するということも可能です。ただし、利用に際しては、規定の審査に通過する必要があります。
●入居日を確認する
多くの場合、賃貸物件の解約の連絡は1カ月前にするというケースが多いようです。そのことを理解していないと、入居日によっては、旧居と新居の家賃の二重払いが発生する可能性が出てきます。
例えば、退去日に合わせて入居日を設定できないかなど、家賃の無駄がないように、あらかじめ日程をどのように調整すれば良いかを、不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか。

賃貸物件探しはURの利用がおすすめ

テレビCMなどでもおなじみのUR賃貸住宅。特長は、何といってもその独自の賃貸スタイルです。一般の賃貸住宅とはひと味違ったシステムで、住まい探しを手伝ってくれます。

●UR賃貸住宅とは
UR都市機構が管理している賃貸住宅の総称です。一人暮らしからカップル、家族向けまで、幅広い間取りタイプがそろっています。
その特長は、初期費用の一部から、ずっと住まい続ける際に発生するコストまでを削減できること。礼金や仲介手数料、更新料などの費用がかからないだけでなく、連帯保証人が必要ないという特長があります。
さらに、フリーレント(※1)やお得な家賃プランも用意されており、家計にもやさしい住まいです。
※1フリーレントとは、対象物件においてURが定める期間中に申し込むと、フリーレント期間中の家賃(1カ月、2カ月相当額)が無料となるものです。(対象となる物件によって異なります)

フリーレントの詳細はこちら

●UR賃貸住宅の物件の探し方
物件の探し方は、主に2種類あります。
まずは、インターネットのUR賃貸住宅の情報サイトから検索することです。希望する路線やエリア、通学・通勤時間など、すでに住まいに対して、希望条件がある程度固まっている人は、UR賃貸住宅Webサイトの利用がおすすめです。
もう一つの方法は、URの店舗で直接相談すること。こちらは希望条件が明確になっておらず、どんな物件が良いかを検討しながら探したい方におすすめです。URのハウジングアドバイザーが、丁寧に対応してくれます。
Webサイトでも店舗でも、気になる物件が見つかったら内覧も可能。さらには仮申し込みをすると、気に入った部屋を確保することもできます。ちなみに一般的に内覧の申し込みから入居までは、1カ月程度が目安となっています。

事前準備と予備知識が、スムーズで納得の住み替えを実現

誰でも自分の思い描く、理想の住まいに暮らしたいと思っています。しかし、実際には、そのすべてを完璧にクリアすることは難しく、どこかを妥協しなければならないことも現実です。
その点UR賃貸住宅は、バリエーションも豊富で、いろんなライフスタイルに対応できる物件が多数あります。つまり、自分に適した物件を多くのラインナップから選択できるメリットがあるのです。
そして、事前に希望の優先順位を決めておくことや、必要となる事務処理、入居までのスケジュールなど、あらかじめ調べ理解しておくことが、スムーズで納得いく住まいとの出会いへと導いてくれるでしょう。

また、いくらお気に入りの住まいでも、金銭面でクリアできなければ実現はできません。
UR賃貸住宅の場合なら、メリットいっぱいの制度やプランあり。礼金や仲介手数料、更新料などの諸費用はもちろん、わずらわしい連帯保証人などの手間もかかりません。
そのほかにも、家族構成や入居住者の年代による家賃割引など各種の家賃プランもそろっています。
新居への引っ越しは、引っ越し費用以外にも、これを契機にインテリアや電化製品などを、新しくし買い替えをしたくなったりと、なにかと費用がかかります。UR賃貸住宅は、そんな新居生活をコスト面からもサポートしてくれるでしょう。

UR賃貸住宅の4つの特長の詳細はこちら

監修/上野 典行

記事のまとめ

新居探しは、予算と現実をしっかりと見つめて考えること

  • ・希望条件を整理して、優先順位も設定しておくと、不動産会社の担当者に新居のイメージが伝わりやすい
  • ・契約書には、賃料や管理費のほかに重要な項目がたくさんあるため、少しでも分からないことがあったら、担当者に質問する
  • ・初期費用を抑えたいならUR賃貸住宅がおすすめ。礼金や仲介手数料、保証料などの費用が不要
  • ・UR賃貸住宅の情報サイトを利用すれば気軽に物件検索が可能

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事