URくらしのカレッジ

住みたいまちの選び方

なぜURに?入居者の本音―ライフステージに合わせて選ぶ、家族にとってふさわしい住まい

ご夫婦と、娘さんの三人で「浦安マリナイースト21望海の街」にお住まいのMさん一家。子育てに適した周辺環境に満足しながら、日々生活を送っていらっしゃいます。家族の状況に応じて部屋を変えられるように、「URライト(定期借家)」という制度を利用。一体どんなメリットがあるのでしょうか?

豊かな空間が子育てをサポート

「浦安マリナイースト21望海の街」の住み心地はいかがですか?

奥さん
私たちは、子どもが保育園に入るタイミングでここに引っ越してきました。子どもが小さいうちは、玄関から外に出ることも大変。でもここは、すぐ近くに公園やスーパーがあるので、部屋着にカーディガンを羽織るぐらいで、気軽に出掛けられるんです。育児に悩んでいたとき、これだけでも気持ちが楽になりました。
ご主人
部屋は、子どもが遊べる空間があることと、明るいことを重視して選びました。
奥さん
リビングルームが広いので、ホームパーティーの際に便利です。収納も多いので、ベビーカーなどの荷物の置き場所にも困りません。

行く先々で感じる人のあたたかみ

ほかには、どんな点が気に入っていますか?

ご主人
朝は、車が通るところに誘導してくれる方が立っていらっしゃいますし、共用部の清掃も係の方がこまめにやってくださっています。そういった点は、安全性が高く、管理が行き届いていると思います。会うと声をかけてくれたり、何日か通ってないと心配してくれたり、あたたかみを感じますね。あと、この新浦安エリアは建物と建物の間や、道幅が広く、のびのびとリラックスして生活できています。
奥さん
子どもを敷地内の公園に連れて行くと、いろいろな住棟から子どもたちが集まってきて、いつの間にか一緒に遊んでいるんです。そうやってお友だちが増えることは、親としては安心ですね。同じ階の人たちと顔なじみになって、朝はあいさつをするので、前より近所付き合いが多くなったかな。

家族の状況に合わせて住まいを選べる「URライト」

Mさん一家が利用している「URライト(定期借家)」は、契約時に入居期間が決まっている代わりに、お得に住める制度。

ご主人
今は、「URライト」を利用しているので、3年間経ったら引っ越す予定です。でも、そういう条件があるから、費用を少し抑えて部屋を借りられました。今後も、子どもの成長や環境に合わせて、家族にとって一番良いところを探していきたいと考えています。もし住み替えるにしても、やっぱり環境が整っているこの地域のURが良いなと、妻と話しているんです。
奥さん
UR内での住み替えだと、更新料はかからず、敷金も引き継げるので、長く生活しやすいことがメリット。近所でも、URからURに移り住む人は結構多いですよ。

次の住まいの選択肢として、またURの名前が挙がるのは、Mさん夫婦が現在の住環境を気に入っている証しなのかもしれません。

記事のまとめ

「URライト(定期借家)」制度を利用すれば、家族の状況に合わせてお得に住める!

  • ・「公園がすぐそば」、「子育て世代が多く住んでいる」など、URの豊かな住環境なら、子育てが大変な時期でも気軽に外出でき、気分転換に!
  • ・URは清掃やしっかりした管理体制&近隣居住者との交流があり安心
  • ・家賃がお得になる「URライト」や、UR内で住み替えた場合、敷金が引き継げる便利な「住み替え制度」など、URならではのうれしい制度あり
記事で紹介したURの物件はこちら
あなたにおすすめの記事