URくらしのカレッジ

UR×俳優

おしゃれ&安心!ママになった菊地亜美さんがURの子育てしやすいお部屋をレポート【高洲第一編】

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

敷地内は緑が豊かで遊び場が多いなど、パパ・ママも注目するUR。住戸に関しても、子育てのしやすさを考えた改修が進んでいます。その中の一つのモデルが、千葉県千葉市の高洲第一団地に誕生。「子どもがのびのび遊べる広々LDKのある住まい」をコンセプトにしたその住戸に、1歳になる女の子の育児に奮闘中のタレント・菊地亜美さんが訪問。案内をしてくれるのはUR都市機構の鈴木さんです。

ワンルームとしても使える1LDK

わぁ、とってもきれい!
子どものころに団地に住んでいたことがあるのですが、当時のイメージと全然違いますね。すごーく進化してる

ありがとうございます! 元々、間取りが3Kだった部屋を、子どもが室内でものびのび遊べるような1LDKに改修しました。廊下を極力なくして、広い居住空間を確保しています。
さらに、隣の洋室との仕切りになっている引き戸を開ければ一体化して使え、さらにゆとりのあるスペースをつくることができます

昼は仕切らずにワンルームとして、夜は洋室を寝室として使うなど、アレンジができそう!

3Kから1LDKに改修した間取り図

URの大規模団地にある住棟の特長として、住戸の両側に窓があることが挙げられます。自然に太陽光が入りますし、窓を開ければ気持ち良い風が通り抜けるというメリットがあるんですよ。

それは良いですね! 私が家を探すときも、明るいリビングルームがあるかを重視しました。
最近は特に換気の重要性も感じています。風が通れば、お部屋の中はいつもクリーンな空気を保てますよね。

ちなみに、床材にもこだわっています。子どもへの安全性を配慮して、クッション性のあるフローリングを採用しているんですよ。

ゆったりとした洋室には、アレンジの利く収納が

リビングルームの隣にある洋室は、収納スペースがたっぷりですね。

収納棚はあえて隠さずオープンにしています(※)。ハンガーパイプを取り付けているので、衣類を掛けて収納できるうえに、窓側には子どもが片付けをしやすい高さの棚もあります。

子どもってあっという間に成長しますし、使うおもちゃや持ち物も変わるので、これだけ大きい収納があるのは助かります。窓側の棚は、いすを置けばちょっとした机にもなりそう! 年齢に合わせて、使い方を変えられますね。

寝室として使うことを考えベビーベッドを置けるくらいの余裕をつくりました。

個人的には、リビングルームに近い位置にベビーベッドを置きたいですね。引き戸を開けておけば、お昼寝のときにキッチンやリビングルームから子どもの様子が分かるので安心です。

※収納棚の上にカーテンレールとカーテンを取り付ければ、しまっている物を隠すこともできます。

家事効率を考えた対面キッチン

キッチンは対面式で、家事をしながら子どもを見守ることができますよ。また、キッチン横に洗濯機を置くスペースが設けられています。

今時の団地には対面式キッチンもあるんですね! コンロが3口なのも、シンクが大きいのも、引き出しが多いのも良い。こんなにスタイリッシュなレンジフードが付いているなんて!
料理と洗濯を同時に行えるのは効率的ですし、ベランダも近いから干すのもラクそうです。

家事動線や家事時間の短縮を考えました。
また、子どもがキッチンに入れないようにベビーゲートを取り付けることも考えて形状を設計しています。

それは安心! 我が家もちょうど、娘がつかまり立ちをしていて「そろそろベビーゲートを付けなくちゃね」って主人と話していたんです。こんな風に初めから設計されていれば、すぐに取り付けられますよね。

細部までこだわりがたっぷり

玄関は土間部分を広くとっています。棚の板は可変式で、子どもの成長に合わせて、収納スペースが変更できるようにしています。下の段を外せば帰ってきてすぐにベビーカーを収納できます。

外遊びの道具やキャリーケースなどを収納するのにも良さそう! 
照明は、人感センサーなんですね? 子どもを抱えていて両手がふさがっていても自然と明かりがつくのがうれしいです。

洗面台の蛇口には、シャワーヘッドが付いているんですね。
洗面所も、収納スペースが多いので、バスタオルや洗剤、トイレットペーパーなど、買い置きの分まで入れられそうです。

細かい部分では、コンセントにもひと工夫あります。子どもが指を入れないように、シャッターが付いています。
エアコンの室外機も、子どもの安全のために吊るしています。下に置くタイプだと、そこに登って事故につながることもあるためです。

知らなかった! 私自身、安全面に配慮しているつもりですが、どうしても目が行き届かないこともあるので、最初からフォローされているのはありがたいです。

【まとめ】子どもとパパ・ママのことを考えた理想的な空間!

高洲第一団地の子育て向けのお部屋は、想像を超えるおしゃれさでとっても驚きました! 子どもの安心安全に配慮していること、のびのびと子育てができる空間になっていること、子どもの成長に合わせて収納を変えられることなど、子育てのことを徹底的に考えて造られていると実感しました。

URでは住戸を続々アップデート

今回訪問した子育てしやすいお部屋のように、URではニーズに合わせて住戸の改修や定期的なリノベーションを行っています。暮らしてみたい部屋を見つけてくださいね!

>>URのお部屋探しはこちら

URの子育てのことを考えて造られた部屋に納得した様子の菊地さん。次回は、高洲第一団地周辺を散策します。9月下旬ごろに公開予定。お楽しみに!
※衣装協力:ne Quittez pas(パサンド バイ ヌキテパ)

【プレゼント企画】
2021年9月17日(金)までにTwitterアカウント「URくらしのカレッジ」@URkurashiをフォロー&このツイートをRTしてくださった3名様に、菊地亜美さんのサイン入り色紙をプレゼント! 当選者には10月1日(金)までにDMをお送りいたします。ぜひご参加ください。
記事のまとめ

高洲第一団地の子育てしやすいお部屋は子育てファミリーの快適な暮らし、子どもの安心安全にこだわりました

  • ・廊下を極力なくして、広い居住空間を確保。引き戸を開ければリビング、洋室一体で広々使える
  • ・洋室は、収納スペースたっぷりでベビーベッドを置けるスペースの余裕も
  • ・キッチンは対面式で、家事をしながら子どもの様子を見守ることができる
  • ・玄関の土間部分は広く、棚のアレンジ次第でベビーカーも収納可能
  • ・URでは団地の特長やニーズに合わせて住戸の改修やリノベーションを行っている

菊地 亜美さん

1990年9月5日生まれ。北海道出身。
2008年より「アイドリング!!!」のメンバーとして活躍し、2014年に同グループを卒業。その後、一般男性と結婚し、2020年8月に第一子となる女の子を出産。
現在は、NHK「趣味の園芸 やさいの時間」にレギュラー出演中。自身のYouTubeチャンネル「あみちゃんねる」も同世代の女性を中心に人気。

Instagram:https://www.instagram.com/amikikuchi0905/

菊地 亜美さん写真
記事で紹介したURの物件はこちら

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事