URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

内見での確認ポイントを知る。室内外で押さえておきたい内見時のチェックリスト公開!

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

マンションやアパートなどの賃貸物件を借りるとき、避けて通れないのが内見。契約をする前に物件を実際に見て、チェックする大事な工程です。「南向きだけど、近くの建物で日当たりが不十分」、「近くの道路の騒音が大きい」など、インターネットの情報だけでは、実際に行かないと分からないことも多いのです。しかし、何を重視しながら確認すれば良いか分からない人も少なくないはず。「住んでから失敗した!」と思わないように、内見に準備するべきものや、見落とさないチェックポイントを、しっかり学びましょう。

内見の基礎知識

賃貸情報サイトや不動産会社で物件情報を見て、その情報だけで、申し込みをするのは、ちょっと乱暴です。実際にその部屋を訪れて、細かくチェックする作業を「内見」と言います。まずは内見の流れから、準備したいものを紹介します。

●内見とは?
内見とは建物の「内部見学」の略。気になった物件を下見することです。内覧と呼ばれる場合もあります。必ずしも契約をする必要はないので、気になった部屋を複数見学できます。
また、部屋を紹介してくれた不動産会社に、内見したい部屋を伝えた後、不動産会社の担当者立会いの下で内見を行うのがおおよその流れです。ですので、疑問に思ったことはその都度、担当者に確認することができます。
ただ、1件あたりの内見所要時間は、移動を含めて1時間ほど。多くの物件を内見すると、それだけ時間がかかりますので、店頭などで良く絞り込んで、効率的に回ったほうが良いでしょう。
●内見時に用意するもの
・スマートフォン
カメラ機能で気になった箇所を撮影しながら、物件ごとにフォルダで分ければ、後から比較検討するときに役立ちます。
また、コンパス(方位磁石)アプリを使えば、部屋が南向きかどうかを確かめることができます。メモやボイスレコーダーのアプリで、気になったことを記録に残しておくのも良いでしょう。
・メジャー
事前に持っている家具の大きさを測っておき、部屋に収まるかチェックしましょう。図面を信用しすぎると、家具を置いたら窮屈すぎ! なんてことも起こりかねません。
また、冷蔵庫や洗濯機といった、大型家電が設置できるかサイズを測るために使います。その際、玄関や室内ドアの幅を測ることもポイントです。
例えば、単身用の賃貸物件では、通路や廊下が狭くなっていたりするので、大きい冷蔵庫が搬入できない場合もあります。
・筆記用具
気になったことを図面に書いたり、メモをしたりと使う機会が多いです。スマートフォンでも代用できます。
・懐中電灯
電気がまだ物件に通っていない場合もあり、夕方の内見だと、薄暗く細かなところまで確認できないことも。スマートフォンのライトでも代用できますが、明るさは不十分。クローゼットの中など暗い場所のチェックにも役立ちます。

内見時のチェックポイント【室内編】

内見の時間は数十分。限られた時間の中で、日当たりや騒音、実際の広さなど、間取図だけでは分からないことを中心に、必ず押さえたいポイントをチェックしましょう。

●スマートフォンの電波環境
スマートフォンの通信環境をチェックしましょう。鉄筋コンクリート(RC)造などの物件構造や、周囲の建物との位置関係によっても影響を受けやすく、部屋の中でも場所によって電波の強弱が変わる可能性があるので、室内のいろいろな場所で、実際に電波が入るか確認しましょう。
また、Wi-Fi・無線LANルーターなど、自分の希望する通信環境に適するのか、不動産会社に確認しつつ、実際に見ておきましょう。
●窓の向きと防犯面
<日当たり>
例え南向きで、図面や写真で良さそうに見えても、隣接する建物の影響で、実は少しの間しか陽が差し込まない、なんてこともあります。
また、部屋の明るさはもちろん、ベランダの位置は、洗濯物を干す場所にも影響する大事なポイント。方位磁針で部屋の向きを見ながら、周囲に日差しを遮る建物があるのか確認しましょう。
<防犯面>
セキュリティ面のチェックも忘れずに。防犯性の高いディンプルキーやTVモニターホン、二重サッシや硬質ガラスなどは、より人気です。
また、屋外のベランダ近くに足場になるようなものがあると、外からの侵入経路となるので注意が必要です。
<建具>
窓、ドアなどの建具は、実際に開け閉めをして確認しておきましょう。動きが悪いときには、入居前までに修理してもらえるか、担当者に確認しましょう。
<通風>
窓を開けて通風性をチェック。窓の縁などにカビや結露跡がないか見ることもポイントです。カビを放置していると、アレルギーや病気の原因になる可能性があります。
<窓の大きさ>
サイズの合ったカーテンを用意するために、窓の大きさを採寸しておきましょう。
●臭いは残っている?
以前の居住者が喫煙者だった場合、タバコの臭いなどが残っているものです。クリーニングで臭いを取るのか、担当者に確認しましょう。
空室期間が長いと、下水や浄化槽の臭いが気になる場合も。これは排水口からの臭いの逆流を防ぐ封水が蒸発したことによるものです。水を流せば取れる可能性が高いですが、ひどいようだと、水まわり設備に不備がある可能性があります。
また、注意が必要なのが近くに飲食店がある場合。便利ですが特有の臭いが漂う場合がまれにあります。
●ブレーカー(アンペア数)
目安として、一人暮らしの場合だと20~30Aあれば十分です。ただし、キッチンがIHの場合は、20Aでは足りない可能性があります。
●収納スペースは十分?
収納の位置や大きさだけでなく、奥行き・高さはあるか、物は出し入れしやすいか、中の棚は可動式かなど、何を収納するかイメージしながら確認しましょう。
●コンセントの数と位置は適切?
コンセントの数が少ない場合、家具やテレビの場所に制限が出ます。また、タコ足配線になるとほこりがたまりやすく、延長コードでつまずいたりすることも。小さな子どもがいる家族では、特に注意が必要です。
●各種スイッチの高さと位置を確認
電気などのスイッチの位置も確認しましょう。暗い部屋に入る際に、どこで電気をつけるのか。ドアから遠いと、暗闇での転倒リスクも上がります。トイレの電気が、子どもの手でもつくのかなど、家族の事を考えて確認しましょう。
●気になる防音性能
上下左右の部屋の生活音がどのくらい聞こえてくるか、その遮音性の高さも大事な確認ポイント。壁を叩いてみるのも有効です。壁の裏に響く感じがあるなら、防音性は低い可能性が高いです。
床、天井も同様に、どのくらい遮音性があるか確認しましょう。鉄筋系(RC造、SRC造)の物件は遮音性に優れた物件が多いため、音が気になる方は検討してみましょう。
●内装は汚れていない?
壁や床などに、汚れや傷がないか確認したいところ。大きな傷などがある場合は、入居までに修理できるのか、不動産会社に聞いてみましょう。もしも気になる場所があるときは、写真撮影し、退去するときの「敷金返還」に影響が出ないよう、事前に不動産会社に申告しておくことも大事です。
一般的な賃貸物件を転居するときは、部屋の状態によって定められる原状回復負担費用が敷金から差し引かれ、敷金でも足りない場合には、追加で支払いが求められ、しかも、この原状回復負担費用は不明確な場合が多く、注意が必要です。
ちなみに、CMでおなじみのUR賃貸住宅であれば、入居時点で将来の原状回復負担費用の区分を明示されるので、借りる側が負担する分が、分かりやすい仕組みです。
さらに、生活する上で劣化する日焼けなど、通常使用に伴う損耗であれば復旧費用はUR都市機構が負担してくれます。

内見時のチェックポイント【室外編】

物件の良し悪しを左右するのは建物だけではありません。周辺環境がいかに整っているかどうかも大事な判断基準です。物件までは、不動産会社の車で向かう場合が多いですが、おすすめなのが、自分の足で最寄り駅から歩いてみること。物件に向かうまでの環境をチェックできます。車で向かう場合でも、少し時間をもらって周辺環境を見学してみましょう。

●共用スペースの管理状況は?
廊下やエレベーターなどの共用スペースは、何も置かないことが原則としてあります。にもかかわらず、私物やごみが置かれている場合は、管理が行き届かず、住民のルールを守る意識が低い可能性があります。
また、ごみ捨て場が散らかっていたり、収集日以外にごみが捨てられている場合も同様です。また、ポストに鍵が付いていなかったり、郵便物を入れる隙間から郵便物が取り出せるような構造になっている場合は注意です。
●最寄り駅までの距離や道のりは?
よく見かける「徒歩○○分」の案内は、距離80mあたり1分で換算したもの。途中で急な坂道が続いたり、歩道のない交通量のある道路がある場合もあります。可能であれば、駅からの所要時間や安全面も自分の足で確かめましょう。
また、最寄り駅まで物件によっては自転車やバスを使うケースも。最寄りのバス停の行き先や本数、自転車であれば駅周辺の駐輪場の状況もチェックしておきましょう。
●コンビニやスーパーは行きやすい?
コンビニやスーパーが、駅から物件までの帰り道や、物件から徒歩圏内にもあるかどうかもチェックしたいポイントです。
また、スーパーの場合は、品ぞろえや価格相場はもちろん、仕事の帰りに寄れる営業時間かどうかも確認してみると良いでしょう。
●病院、役所は近くにある?
自身の状況に応じて、内科や歯科、耳鼻科などが近くにあるか確認しましょう。特に子どもがいる家族は、小児科のある病院が近くにあることも大切です。
平日忙しい人は、仕事帰りや休日に診療対応可能か、診療時間や休診日も忘れずチェックしましょう。
また、さまざまな手続きを行う役所やその分所が近くにあると便利です。
●騒音が発生する施設は近くにない?
パチンコ店や工場など、大きな音が発生する施設は近くにないか、交通量の多い幹線道路が近くにないかの確認もしておきましょう。
●気になる周囲の環境、治安は?
帰宅時間が遅くなる人は、周辺や駅からの帰宅時の人通り、街灯の多さなど、夜の様子も確認すると良いでしょう。また、子どもがいる家庭なら、先ほどの医療施設から、保育園や幼稚園、小学校などの教育施設はもちろん、安心して遊べる公園が近くにあることも大切です。
その点、UR賃貸住宅には、子育てしやすい周辺環境が整っている団地が多くあります。
UR都市機構では、2025年度までに150団地の地域医療福祉拠点化を目指し、地方自治体や関連団体、企業と連携して取り組みを行っており、例えば、保育園、幼稚園、公園、医療機関、病児・病後児保育施設、子育て中の家族が交流できるサロンなどを、団地の敷地内や近隣に設けています。こういう物件なら、すぐ近くに子どもを預かってくれる場所があるので、子育て家族はもちろん、働くママ・パパにとっても安心です。
また、敷地内のバリアフリー化も進められています。ベビーカーの移動も楽なのはもちろん、シニア世代の生活にも配慮され、すべての年代の人が安心して暮らせるコミュニティーが築かれています。

地域医療福祉拠点化の詳細はこちら

自分なりのチェックリストを作って、納得の住まい探しを

UR賃貸住宅の募集は、人気のある物件でもほとんどが先着順です。検討したい物件を見付け、「仮予約」を申し込めば、契約する権利は自分にしかありません。
また、仮予約をしても、内見で気に入らなければ、キャンセル可能。ただし、内見は仮予約から1週間以内と決まっているので注意が必要です。
UR賃貸住宅の営業センターに問い合わせれば、空き部屋状況をリアルタイムで確認することもできます。まずは仮予約してから、内見の申し込みをしましょう。もし限られた時間ですべてをチェックできるか不安なら、ここだけは譲れないと思うポイントに絞り、自分なりのチェックリストを作って内見に臨むとスムーズです。
また、休日にのんびりできるカフェや、仕事の調べものをする図書館、子どもが遊べる広い公園など、家賃や間取り以外に、自分のライフスタイルに合った条件も考慮しながら、納得のいく部屋で新生活を始めましょう!

監修/上野 典行

記事のまとめ

内見時に見るべきチェックリストを作って、納得の住まい探しを始めよう!

  • ・賃貸物件を借りるときに、その物件を実際にチェックする内見では、「スマートフォンの電波環境」、「日当たり」、「最寄り駅までの距離や道のり」などいくつかのポイントあり
  • ・内見は物件の中だけでなく、周辺環境も確認することが大事!
  • ・UR賃貸住宅は病院や商業施設など周辺環境も充実!

お使いのブラウザによってリンクが機能しない場合があります

あなたにおすすめの記事