URくらしのカレッジ

レコメン!×UR

【第45回】ロングアイランドの二人が東京都八王子市にある「集合住宅歴史館」に行ってきました!

そこはURマスターを目指すロングアイランドの二人には避けては通れない場所、「集合住宅歴史館」 。日本の集合住宅の歴史を学べる場所でした!

日本の集合住宅の歴史を学ぶ。戦前から現代までの団地の部屋がまるごと復元されていました!

今週はロングアイランドの二人が、八王子市にある「集合住宅歴史館」という日本の集合住宅の歴史を学べる場所に行ってきたとのことで、そのときの様子を報告してくれました。

この「集合住宅歴史館」は、戦前から現代までの日本の集合住宅の歴史を学べる施設で、歴史的価値の高い「同潤会代官山アパート」などの住戸が復元されており、当時の暮らしを体験できるそうです。

二人が見学したのは、日本の集合住宅の歴史の中でも、初期の代表的な鉄筋コンクリート造りの部屋で、電気・ガス・水道が完備されており、日本最初期の水洗トイレが導入されていたそうです。
そのころは非常に先進的な物件だったそうで、大学の教授やお医者さんなど、高額で安定した収入のある人しか住めなかったそうです。

こちらは「遮音体験室」という、二重の窓を使って騒音がどれだけ消えるかを体験できる場所です。この二重の窓で、車などの騒音がしっかりと遮音されるそうです。
ここで、松尾君の歌がどれだけ遮音されるか実験! 負けず嫌いで、歌をどうしても聞かせたい松尾君の大声での歌は、二重の窓を超えて少しだけ聞こえていました(笑)。

今回二人が訪れた「集合住宅歴史館」は、URマスターを目指すロングアイランドの二人にとっては、避けては通れない行くべき場所だったようです。これでグッとURマスターに近づけたのではないでしょうか? 今回のロケの様子がTwitterに写真付きで上がっていますので、ぜひチェックしてみてください。

そして今週も、URマスターを目指すロングアイランドの二人のために、URクイズの出題です。正解すればご褒美として「暮らしに役立つグッズ」を二人にプレゼント。不正解なら罰ゲームとして「即興の面白い歌」を松尾君に歌ってもらいます。

今週のURクイズは「集合住宅歴史館」で二人が学んだことからの出題です。

【問題】
晴海高層アパートをデザインし、URのみならず数々の近代的な建築を行ってきた、日本を代表する建築家の名前は?

松尾
「あー!」
松原
「分かるよ、俺!」
松尾
「俺も分かる。前田…のりお…?」
松原
「いやいや、前川さんじゃない?」

二人とも自信アリ!というリアクションでしたが、前田さんか前川さんかで意見が分かれてしまいました。どちらかというと、松原君の方が自信があったようなので、松原君が代表して答えることになりました。

のり
「それでは、正解をお願いします!」
松原
「…前川國男さん!」
のり
「…セェイカァーイ?」
松原
「何それ!」
のり
「『ファイナルアンサー?』の言い方で言っちゃった。前川國男さん、大正解です!」

松原君が勉強してきたことをしっかりと覚えていましたね。前川國男さんで大正解でした!
ちなみに、前川國男さんは1905年生まれの建築家。フランスのル・コルビュジェのもとで2年間修行し、日本に近代的な建築を根付かせ、日本建築界をリードした人物だそうです。

無事正解ということで、暮らしに役立つグッズとして今回は「おしゃれなシャンパングラス」をゲットです!
URクイズ正解を祝って、今夜は二人で乾杯してください!

なぜかここで、クイズに正解したにも関わらず、のりさんから歌のむちゃ振りがありました(笑)。なんだかんだで、松尾君の歌が好きなんですね(笑)。
「シャンパングラス」をテーマに松尾君が1曲披露です。

【シャンパングラスの歌】作詞・作曲 松尾侑治
「シャンパ~ングラ~ス~♪金と銀~♪キラキラ~してる♪うれしいな~♪」

のり
「(食い気味で)ありがとうございました!!」
松尾
「切られちゃった…。」

歌わせておいて、途中で強制終了させるのりさんでした(笑)。
何はともあれ、URクイズには正解。今後も続けて正解できるように頑張ってください!

最後は、ゲットしたシャンパングラスを持ってパシャり。
のりさんは手持ち無沙汰からか、なぜか「キツネポーズ」です(笑)。

それでは、来週の放送もお楽しみに~!

あなたにおすすめの記事