URくらしのカレッジ

レコメン!×UR

若手お笑い芸人・ロングアイランドの団地イベント体験!「DANCHI Caravan in 町田山崎 防災まつり」編

若手お笑い芸人・ロングアイランドの二人が、UR賃貸住宅を舞台にいろいろな企画に挑戦! 全国の団地をめぐり、URならではの特長や環境、イベント、周辺の人気店など、情報盛りだくさんにレポートします。今回は、東京都町田市にある町田山崎団地で2日間に渡り行われたイベント「DANCHI Caravan in 町田山崎 防災まつり」に遊びに行ってきました!

クイズや体験で、楽しみながら学べる「Attraction Field」

「DANCHI Caravan in 町田山崎 防災まつり」とは、防災をテーマにした参加型イベント。町田山崎団地全体を使って行われ、広い会場は三つのフィールドに分かれています。各フィールドではさまざまな催しやワークショップが行われ、災害時に役立つ知識を学ぶことができます。

まず二人が訪れたのは、「Attraction Field」。“いつものもしも”のブースは、ポリ袋やごみ袋を材料に三角巾とポンチョを作りました。作り方は、切って結ぶだけ。

松尾
ポンチョは温かいよ。ビニールだから風も通さないし、雨も防げる。なんといっても災害時でもおしゃれを楽しめる!
松原
利便性はあるけど、別におしゃれではない(笑)!

また、日ごろの食料品の備えについて学べるクイズにも挑戦。

スタッフさん
非常時に備えて、食料品は1週間分のストックを推奨しています。家族四人だとどのくらいの水の量が必要か、分かりますか?
松尾
185リットル!
松原
多いし、中途半端やな。でも、正直想像つかへん。

二人とも全くピンときていない様子…。正解は56リットル。一人あたり1日2リットルが必要と言われています。
またストックしておくべき食品は、レトルト食品やフリーズドライ食品がおすすめ。ボンベとコンロがあれば、温かい物が食べられて緊張感が和らぎます。

「Bosai Field」では、消火器&AEDの使い方を実践!

会場内を歩いていると見えてきたのは「Bosai Field」。起震車体験や、火災時の煙を体験できる「煙ハウス」がありました。

松尾さんは水消火器体験へ。火事を想定し、練習用の消火器の中に入っている水を、浮かんでいるボールに向かって勢い良く噴射!
一方、松原さんは消防署によるブースで、心肺蘇生の方法やAEDの使い方を教えてもらいました。
AEDのような、普段見かけることはあっても、なかなか使うことのない設備や器具も、こういった機会に一度使っておけば非常時も安心ですね。

消防署のブースでは、消防車前での記念撮影ができました。ナルシストでこういうことに目がない松尾さんは、真っ先に着替え、松原さんのことを「松原隊長!」と呼ぶほどノリノリ。

そして歩いていると、屋外なのにこたつを発見。

松尾
おっ、温かい。こたつは全部ダンボールでできてる!
松原
ガムテープと両面テープで組み立てられていて、ダンボールさえあれば災害時にも作れるんだって。
松尾
“暖”が取れるから、“ダン”ボールで作られているんですね、すばらしい! 落ち着くからここにずっとおって良いかな?
松原
ほかも回らなあかんから!

大自然にいるような気分でのびのび!「Camp Field」

最後に訪れたのは、テントが立ち並んでいる「Camp Field」。木材を使って子どもたちが思い思いに遊ぶなど、開放的で自由な雰囲気です。

ここでは、火おこしを体験する事に。まず、燃料となる麻ひもをほぐして細くします。そこにファイヤースターターと呼ばれる、発火器具を使って火をつけます。

松尾松原
ファイヤースターターの使い方に慣れてなくて、全然火がつかへん。
スタッフさん
正直者じゃないと火がつかないっていわれています(笑)。今日のお客さんの中で一番下手かもしれないですね…。
松尾
僕たちがうそつきってこと!?

どれだけ頑張っても、結局松尾さんは最後まで火をつけることができませんでした。非常時に備えて練習が必要そうです。

“団地 de キャンプ”のブースでは、キャンプ体験と、災害時を想定した夕食作りが行われていました。使う食材は缶詰や乾物が中心。メニューは、災害時でも栄養が取れ、家にありそうな食材で包丁を使わずに作れるよう、栄養士により考えられています。お米は、 水分と一緒に容器に入れておくだけで食べられる状態になる「アルファ化米」を炊きました。

1日を通してさまざまな体験をした二人。日ごろの備えがどれほど大切か、実感しながら帰りました。

記事のまとめ

町田山崎団地では災害時役立つ知識を身に付け、実践できる力を養う防災イベントを開催

  • ・イベントは3つのエリアに分かれて実施
    ★Attraction Field/クイズや体験を通して防災知識を学ぶ
    ★Bosai Field/AEDなどの器具の使い方を学んで実践
    ★Camp Field/災害時にも役立つ料理方法などを体験
  • ・URは各地の団地で、災害に備えて住民が防災意識を高め、災害時に役立つ知識が身に付くイベントを開催している
  • DANCHI Caravan

    UR賃貸住宅の豊かな屋外空間で様々なイベントを開催し、UR都市機構が提案する新たな暮らし方“O-LDKのある暮らし”の発信を目的としたプロジェクトです。

記事で紹介したURの物件はこちら
あなたにおすすめの記事