URくらしのカレッジ

レコメン!×UR

【第24回】ロングアイランド二人の母校「大阪市立桜宮高等学校」に行って来ました!

高校時代、ロングアイランドの二人は、大阪府大阪市にある大阪市立桜宮高等学校の野球部に所属していました。当時の野球部部長である先生と感動の再会が!?

高校時代の恩師との8年ぶりの再会に、とにかく二人は緊張!! どんな再会になったのでしょうか?

今週の放送は、先週ご紹介した大阪のUR「都島リバーシティ」の近くにあるロングアイランド二人の母校、「大阪市立桜宮高等学校」に行ってきたことを、スタジオで報告してくれました。

二人は高校時代野球部に所属しており、当時野球部の部長だった先生が教頭先生になっておられ、8年ぶりにあいさつをしてきました。
ロングアイランドの二人からすると、先生は当時怖い存在だったようで、取材の直前に二人ともお腹を壊し、近くのコンビニのトイレにしばらくこもっていたそうです(笑)。

先生との再会の様子を収録してきたので、その様子をスタジオで、オテンキのりさんにも聞いてもらいました。

冒頭から、少し緊張気味のロングアイランドの二人でしたが、先生は二人をやさしく迎えてくれました。昔はとても熱い指導をしてくれた先生で、高校時代の二人との思い出をお話してくださいました。先生は二人がお笑い芸人として活動していることを知っていたらしく、夢を少しずつ叶えている二人に対して、「もっと上を目指してもらわないと! てっぺん取ってや!」と、二人はありがたい言葉をいただいていました。

感動の再会の締めくくりとして、松尾君がいつもの歌を先生に披露しました。果たして緊張せずに歌えるのか…。

【桜宮高等学校の歌】作詞・作曲 松尾侑治
「桜宮~僕らを包んでくれた~まるで紙おむつのようだ~♪」

紙おむつというワードで怒られないかと、松尾君は先生の顔を直視できず、歌い終わった直後から「ありがとうございました!」と下を見続けていましたが、先生はしっかり笑ってくれていましたよ!

勇気を振り絞って歌った松尾君でしたが、のりさんから「歌ですてきなドキュメンタリーが台なしだよ!」と言われてしまいました(笑)。

そして、ロングアイランドの二人からのりさんにお土産がありました。大阪のおばちゃん感のある「ヒョウ柄Tシャツ」をプレゼント。ロングアイランドはボケとしてプレゼントしたのですが、「すげえうれしい!! こんな服をコント用に探していた」と、のりさんはまさかの大喜びでした(笑)。
「リスナーに伝わるように、どんなTシャツか歌で伝えてよ」とのりさんから要望があり、松尾君が即興で歌ってくれました。

【ヒョウ柄Tシャツの歌】作詞・作曲 松尾侑治
「ヒョウ柄Tシャツ~3匹のヒョウがいたよ~まるでオテンキさんのようだ~♪」

まさかの1日2曲披露で、聞いている方も体力を使う放送でしたね(笑)。

二人は地元に帰って、応援してくれている人がいることを再確認したそうで、「Twitterのフォロワー数1万人絶対に達成したい!」と意気込みを語ってくれました。みなさんぜひ、こちらフォローの方をお願いします!

最後は、大阪土産のヒョウ柄Tシャツをのりさんに着てもらい三人でパシャリ。サイズもピッタリ。もしかしたらこのTシャツを着て、テレビでコントをする日が来るかも??

それでは、来週の放送もお楽しみに~!

あなたにおすすめの記事