URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? ひと×生活

肌育成のスペシャリストが教える、手荒れを防ぐ方法

ネイリスト、日本爪肌美容検定協会代表理事など、さまざまな肩書きを持ち、美容の第一線で活躍中の川上愛子さん。著書『できるオンナは「手」を捨てない 仕事にも家事にも育児にも負けない、手と爪の守り方』は、多くの女性から支持を得て話題になっています。そんな川上さんから、手の乾燥を防ぐ方法をうかがいました。

手荒れの大敵、乾燥を防ぐ方法とは?

Q.手荒れを防ぐために、日常の中で気を付けた方が良いことはありますか?

「まず、日ごろ悩みがちなささくれについてお話しします。ささくれは、『親不孝をするとできる』という話を聞いたことがある方も多いかと思いますが、それは迷信です(笑)。本当のところ、一番の原因は乾燥。髪や体は、大抵の人が1日に1回しか洗いませんよね。でも、手はその10倍以上洗っているはず。手は、洗剤や水に触れる機会が多いため、乾燥しやすくなります。そして、乾燥をそのままにしておくと皮がめくれて、ささくれになってしまう訳です。
ささくれを防ぐために良い方法は、手を洗う回数を減らすことですが、それは衛生的ではないですよね。そこでおすすめするのが、ハンドソープや食器用洗剤を使うときは水で薄めること。また、洗った後はすぐに保湿することが、乾燥予防になります。
夏もさっぱりとしたテクスチャーのジェル系保湿剤で、手を洗った後は必ず保湿すると良いですね。そうしたこまめなケアが、秋冬の手荒れに影響します。乾燥しがちな季節だけではなく、1年を通して保湿することで、ささくれを防ぐことができますよ。」

Q.男性よりも女性の方が肌が乾燥しやすいというのは本当ですか?

「男性と女性では皮膚の構造が違います。肌の水分量は女性の方が多く、油分は男性の方が多い傾向があります。男性は油分のせいで手を洗う回数が多くなりがちですが、水分は少ないので、男性こそ手を洗った後は、必ず保湿することを習慣にすると良いと思います。人前でハンドクリームを塗るのは抵抗があるという男性も多いかもしれませんが、せめて自宅では、しっかりと保湿をしてほしいと思います。」

記事のまとめ

ハンドクリームを使い、1年を通して保湿することでささくれや手荒れを防げる!

  • ・手は水や洗剤に触れる機会が多いため、乾燥してささくれになりやすい
  • ・乾燥予防のためには、ハンドソープや食器用洗剤を使うときに水で薄めること。また洗った後はすぐに保湿することがポイント
  • ・男性は皮膚の水分が少ない。自宅では、しっかり保湿することを習慣に

今回の先生:川上 愛子さん

ANSEM一般社団法人 日本爪肌美容検定協会代表理事。美容に関する専門家団体A-WithPassion代表。そのほか美容に関するさまざまな資格を生かして、美容商品のプロデュース、講演、ラジオやテレビへの出演、美容サイトでのコラム執筆など、美容の第一線で活躍中。

HP:https://www.ansem-japan.com/

川上 愛子さん 写真
あなたにおすすめの記事