• インテリア
  • 団地
  • リノベーション
  • デザイン
  • 部屋探し
  • 東京

住みたいへやの選び方

イケアとURに住もう。団地で北欧テイストの生活が楽しめる!

おしゃれに暮らしたいと考える人たちに人気なのが「イケアとURに住もう。」プロジェクト。なんと、団地でシンプルでナチュラルな北欧テイストの暮らしがかなうのです。
UR賃貸住宅「いちょう並木国立」にある部屋をご紹介しましょう。

部屋づくりは、暮らす家族をリアルに想像して

家具メーカーのイケアとURがコラボした部屋は、北欧テイストのインテリアを楽しめるように、イケアのスタッフがURの部屋を内装からコーディネートしています。東京都国立市にある「いちょう並木国立」の2部屋を担当したIKEA立川の守重美里さんに、どんなふうにデザインしていくのかうかがいました。
「まず実際にお部屋に行ってみて、間取りや住戸まわりの環境を頭に入れます。そのあと、ここで暮らす家族構成やそのライフスタイルを思い浮かべ、イケアの中でどんなインテリアスタイルをおすすめしたいかを考えていきます。」
たとえば、「いちょう並木国立」2DKの部屋に住む家族の設定は、父(37)・母(36)・息子(5)の3人家族。父は立川市内の会社に勤めており、自転車で通勤。母は近所のスーパーでパートタイマーとして働いている…。こんなふうに、住む家族のプロフィールを細かく想定するのも、リアルな部屋をコーディネートにするために必要なのですね。

  • 団地のトレードマークであるいちょう並木
  • 担当はIKEA立川の守重美里さん

子どものいる家族を想定した部屋は、北欧の田舎風

守重さんが手掛けた2DKの部屋をご紹介しましょう。ダイニングキッチンは木の温もりが感じられるフローリングで、ペンで落書きができるチャコールグレーの壁や、北欧の田舎にあるようなイケアのキッチンが設置されています。ダイニングから続く和室は半畳敷きの畳に、壁紙は北欧テイストのものが使用されており、いずれも一般的なURの部屋とは違います。守重さんのアドバイスのもと、改修時に内装を北欧テイストに合うように変えているのです。これをベースに提案したインテリアスタイルが“スカンジナビアントラディショナル”です。
「北欧の田舎のおうちから派生しているもので、素朴で温かみがあってシンプル。白木や無垢の家具を使い、ちょっとくすんだ色みで小花柄などのテキスタイルをたくさん使うスタイルです。少し年月が経ち、温もりが感じられるこのお部屋に合うと思いました。」
子どもが家族と一緒に過ごせるように、ダイニングの隣の和室をキッズルームにしたり、家族のコミュニケーションツールとして落書きできる壁を取り入れているのも魅力的。楽しい暮らしが思い浮かびます。

  • 部屋の内装
  • コーディネート例
  • ダイニングキッチン
  • 白木の家具や小花柄などのテキスタイルでコーディネート
  • ダイニングからつづく和室
  • 机やベッドを入れてキッズルームに
  • 寝室は壁の一面をグレーに
  • 白を基調に小花柄のベッドカバーがアクセント

キッチンからの一体感を大切に

URの部屋をコーディネートするとき、守重さんはキッチンからイメージをふくらませることも多いそうです。
「いちょう並木国立」のもう一つの部屋は、まさにキッチンがキー。間取りは3DKで、30代の共働き夫婦の暮らしを想定した“ポピュラーモダン”です。
「ダイニングがやや狭めなので、隣の和室をリビングルームとして使おうと考えました。そこで、和室と合うように、キッチンを深みのあるグリーンにしたんです。」
ダイニングやリビングのカーテン、ソファなどを、キッチンと同系色でそろえることで一体感を出し、和室とは思えないほど、北欧の家具やソファがしっくりなじんでいます。
「木をよく使うところやテキスタイルの雰囲気など、和と北欧には共通点が多いんです。実は、北欧のデザインは日本の暮らしに取り入れやすいんですよ。」

また、広いバルコニーはリラックスできる空間としても楽しめそうです。

  • キッチンはイケアの最新のデザイン
  • シンプルでシャープなポピュラーモダン
  • 和室の壁紙や畳にもこだわっている
  • 和室に北欧の家具やソファがマッチ

イケアのショールームで好みのスタイルをチェック!

「いちょう並木国立」の2つの部屋で提案されていた、“スカンジナビアントラディショナル”と“ポピュラーモダン”。実は、IKEA立川の店内でもスタイル提案されているんです。
「店舗の入り口付近にあるショールームでは、イケアおすすめのコーディネート例をいくつかご紹介しています。特に『●●●スタイル』と書かれているわけではありませんが、そこで好みのスタイルをチェックしていただくとよいと思います。」と守重さん。
うかがったときも、北欧の田舎風を表現した“スカンジナビアントラディショナル”、グリーンのキッチンが入っている“ポピュラーモダン”のようなコーディネートがありました。ここでちょっと勉強してから、店内を巡れば、そのときどきのライフスタイルにぴったりの家具やテキスタイルが見つかりそうです。

「イケアとURに住もう。」の住戸に入居が決まった方は、特典としてイケアスタッフが部屋のコーディネートを提案してくれるホームファニッシングコンサルティングサービスが利用できるそう! おしゃれで使い勝手のよい北欧スタイルの部屋になること間違いなしですね!

  • スカンジナビアントラディショナル風
  • ポピュラーモダン風

守重 美里さん写真

守重 美里さん

IKEA立川で、法人のお客様に対してのオフィスや店舗、民泊などのプランニングサービス、個人のお客様へのホームファニッシングコンサルティングサービスを担当。UR賃貸住宅をコーディネートした物件は、「いちょう並木国立」のほか、「立川幸町」と「パークサイド石神井」を手掛けた。
IKEA立川HP:http://www.ikea.com/jp/ja/store/tachikawa

「イケアとURに住もう。」プロジェクト

“自分らしく快適に暮らすアイデア”をたくさん提案するイケアと“長く住みたくなる空間”を提供するURが「サステナブル・リビング」*をコンセプトに展開するプロジェクト。首都圏をはじめとする全国で展開中で、対象住戸に入居いただく方には、イケアスタッフによるホームファニッシングコンサルティングサービスを実施中!

*サステナブル・リビングとは、環境に優しく、季節やライフステージの変化を楽しみながら、豊かに暮らし続けること。

HP:https://www.ur-net.go.jp/chintai/ur_ikea/

いちょう並木国立(UR賃貸住宅)

東京都国立市北3-35-1ほか
その団地名にもあるように、いちょう並木が印象的な住宅です。近くには学校など教育施設や公園が充実していて、子育て環境としても魅力的です。