1. HOME
  2. 社宅向けUR賃貸住宅のメリット
  3. 手続きが楽

社宅向けUR賃貸住宅のメリット【手続きが楽】

本ページの要約

  • 契約書は全国統一様式です。
  • 提出書類を省略できるケースがございます。
  • 更新手続き・更新料が不要です。
  • 入居者の入れ替えが簡単な手続きで可能です

お申込み時

契約書は全国統一様式!

契約書の内容は、地域ごとの賃貸住宅の契約慣習により変わることはありません。ご担当者の方がご契約の都度、契約内をチェックする手間が省けます。

「上場企業等」なら、提出書類が省略できます。

証券取引所に上場している法人や資本金1億円以上の法人等(関連会社、子会社含む)の場合、提出書類は会社概要書(初回のみ)、申込書の2点で結構です。

■「上場企業等」とは?

「上場企業等」とは次のいずれかに該当する法人で、日本に住所を有する法人であって、国内法により設立されたものを言います。また、これらの法人の子会社または関連会社の企業も「上場企業等」に含みます。

  • 各証券取引所(外国を含む)上場企業及び店頭公開企業
  • 新興市場(ジャスダック等)上場企業
  • 非上場の生命保険会社、損害保険会社
  • 資本金1億円以上の企業
  • 私立学校法に基づく私立学校、農業協同組合法に基づく農協等
  • 特例民法法人、公益社団(財団)法人、大規模一般社団(財団)法人、医療法人
  • 上記法人の子会社または関連会社
  • 国、地方公共団体、特別の法律により設立された法人(独立行政法人等)

入居中

更新手続き不要!

数年毎に煩わしい更新の事務手続きも不要です。
(更新料も不要です。)

退去時

入居者の入れ替え可能!

入居者の入れ替えは、管理サービス事務所等での簡単なお手続きで可能です。お手続きにかかる手数料は不要です。

■ 退去申し出までの期間が短く、退去時の取り決めが明確!

退去の申し出は、一般的に1ヶ月前・2ヶ月前だとされています。UR賃貸住宅の場合、申し出は2週間前となっているため、急な転勤やお引越しでも安心です。

また、退去時の家賃負担は、契約解除届の提出日の翌日から起算して14日分の家賃等の負担で済むため、一般的な借上社宅と比較しても負担が軽減できます。

さらに、退去時の室内の修繕負担内容が明確化されているため、トラブルが少なくスムーズに退去頂けます。平成27年度退去された平均負担額は、約3.2万円でした。

PAGE TOP