1. HOME
  2. 社宅向けUR賃貸住宅のメリット
  3. 大学等の法人様に嬉しいコミュニティ割引

大学等の法人様に嬉しいコミュニティ割引
~学生向け法人契約~

本ページの要約

  • 2戸以上の同時契約で全戸の家賃・敷金を割引いたします。
  • 既に2戸以上のご契約中で、追加契約1戸目の家賃・敷金を割引いたします。

大学等の法人様に嬉しいコミュニティ割引

  • 国又は地方公共団体の学校、学校教育法の学校・専修学校及び各種学校様の法人契約でご利用いただけます。
  • 公立学校様・私立学校法に基づく私立学校様・その他URが認める法人様の場合、敷金0をお選びいただけます。

お申込みの条件

教育活動の一環としての団地の積極的な活用(例:コミュニティ支援活動やDIY実践等)や団地コミュニティの活性化を実施していただき、その内容を情報発信(PR)していただくことで、割引が可能となります。

制度のご利用にあたっては、お申し込みの際に活動の計画書をご提出いただき、概ね 1年後に活動報告をいただくことが条件となります。対象の住宅は事業者向け賃貸住宅になります。([社]マークのある物件)なお定期借家制度、複数戸・大口割引等との併用はできません。(詳しくはお問い合わせください。)

大学等の法人様に嬉しいコミュニティ割引

■ 対象事業者

※コミュニティ割は一部事業者様は対象外となります。詳しくはお問い合わせください。

◎学生に住宅を貸与できる学校等
  • 国又は地方公共団体
  • 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校(大学、高等専門学校、高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)又は特別支援学校(同法第76条第2項に定める高等部に限る。))、同法124条に規定する専修学校及び同法134条第1項に規定する各種学校(以下「学校等」という。)を設置した者でその学校等に在学する者に対し住宅を貸し付けようとする者
  • 学生に住宅を提供することを事業とする公益法人
  • その他日本語学校等(ご相談ください)
◎入居できる学生の方
  • 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校(大学、高等専門学校、高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)又は特別支援学校(同法第76条第2項に定める高等部に限る。))、同法124条に規定する専修学校及び同法134条第1項に規定する各種学校に在学する者であること。
  • 当該学生及びその同居親族の全員が賃貸住宅の存する団地において円満な共同生活を営むことができる者であること。
◎留学生の場合
  • 条約その他の国際約束に基づき留学する者であること。
  • 出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)別表第1の上欄に掲げる在留資格のうち「留学」の在留資格を有する者であること。

シェアリングなら光熱水費なども、みんなでシェアできて、おトク!

シェアリングなら光熱水費なども、みんなでシェアできて、おトク!

  • UR賃貸住宅のうち、社宅マーク及びシェアマークのある物件はシェアリングにてご利用いただけます。
  • シェアリングにあたっては、1DK・1LDKについては2名まで、それ以上については各居室数までの人数を上限にご利用いただけます。
  • シェアリングされる場合に、入居される学生の方から学校様が受け取る家賃はURの定める家賃を上限とします。
  • シェアリングを希望される場合には、別途シェアに関する確認書及び大学等と入居学生様との間で契約を締結いただきます。なお、大学の教職員さま向けの住宅も別途制度がございます。詳細につきましては、法人窓口にお問い合わせください。

よくあるご質問

Q物件は同じ団地内でなければだめ?

全国65万戸の事業者向けUR賃貸住宅からお選びいただけます。

Q契約から入居まであまり時間がないんだけど…

通常2週間でご入居いただけます。

Q短期で借りたいんだけど…

1年間の継続契約をお願いしておりますが、期間内で入居者の入替等は可能です。詳細につきましては、法人窓口にお問い合わせください。

Q申込みにはどうすればよい?

法人窓口にお問い合わせください。

Q法人契約以外では入居できないの?

個人契約も可能です。詳細につきましては、こちらをご覧ください。

Q株式会社で学校を運営しているが、対象になりますか?

個別のご相談となります。詳細につきましては、法人窓口にお問い合わせください。

Q卒業後住み続けることはできる?

可能です。詳細につきましては、法人窓口にお問い合わせください。

Q入替時クリーニングはURがしてくれるの?

法人窓口にお問い合わせください。

PAGE TOP