街に、ルネッサンス UR都市機構

チャレンジスペース募集(お申込みから開店まで)

内装等工事開始から最大12ヶ月間!賃料が無料のチャレンジスペース!

UR都市機構は、一部の団地内店舗において、新たに商業店舗を経営しようとする方に対して内装等工事開始から最大12ヶ月間無料で施設を貸与し、起業支援を行っています。

お申込みから開店まで<チャレンジ12の場合>

お申込み

  • 所定の「施設使用貸借申込書」に必要書類を添えて、直接当機構の各支社 住宅経営部 経営課へご持参の上、お申込みください。
  • 添付書類の不足、郵送による申込みは受付けできません。
  • 申込みにあたっては、事前に必ず現地・当該物件および周辺の商環境等をご確認ください。
    ※「施設使用貸借申込書」は経営課までお電話でお問い合わせください。
  • 申込みには一定の条件があります。詳細につきましては、直接当機構の各支社 住宅経営部 経営課へお問い合わせください。

書類審査

  • 選考は、申込書類の審査および必要に応じ実態調査により行います。
  • 申込資格がない場合、または申込書その他の書類に虚偽の記載があることが判明した場合には、申込みは無効となります。
  • 申込書等の提出書類は一切お返し致しませんのでご了承ください。

施設使用者決定

  • 選考の結果については、申込書受付け後、おおむね2週間で申込者あてに通知します。

使用貸借予約契約の締結

  • 使用貸借予約契約締結時に使用貸借契約保証金(正規賃貸料の3ヶ月分に相当する額)をお支払いいただきます。なお、この保証金は、使用貸借(チャレンジスペース)期間終了後に賃貸借契約(本契約)を締結する際の敷金(正規賃貸料の6ヶ月分に相当する額)の一部に充当し、残りの3ヶ月分については別途お支払いただきます。ただし、この保証金には利息をつけません。
  • 使用貸借予約契約締結後、施設使用者の責めに帰すべき事由により、使用貸借予約契約が解除された場合には、違約金として正規賃貸料の3ヶ月分に相当する額を、お支払いいただきます。(この場合、使用貸借契約保証金を違約金に充当します。)

内装・設備等申請

  • 内装・設備関係図面一式を作成(建築士等に依頼して下さい。)の上、指定先へ「施設模様替え等申込書」を提出していただきます。

承諾

  • 審査の結果(承諾の可否)は、申請後、おおむね2週間で申込者あてに通知します。

使用貸借契約の締結

  • 使用貸借契約の前までに残高証明書等で事業計画と資金等を確認
  • 内装等工事開始日の前日までに使用貸借契約を締結していただきます。
  • 使用貸借期間は店舗の内装等工事開始日(使用開始可能日)から最大12ヶ月とし、その間の使用料は無料とします。
    (共益費については使用開始可能日からお支払いいただきます。)
    ※共益費とは、団地内共用部分の維持運営等のため毎月お支払いいただく費用で、賃貸料・家賃とは別途のものです。
  • ただし、使用貸借契約の始期が予約契約締結日から3ヶ月を越える場合は、使用貸借期間の終期を予約契約締結日から起算して最大15ヶ月目の日とします。

内装・設備等一式工事(チャレンジスペース使用開始)最長期間12か月

  • 当機構は原則として「素地貸付」ですので、内装・設備等の一式工事は施設使用者の方に施工していただきます。
  • 内装等工事は使用貸借契約締結後からの着工となります。
  • 住宅付店舗の場合、使用貸借(チャレンジスペース)期間は住宅部分の使用はできません。使用貸借期間終了後、店舗の賃貸借契約(本契約)を締結する際に、住宅部分も同時に賃貸借契約を締結していただきます。

開店

賃貸借契約(本契約)の締結

  • 使用貸借契約(チャレンジスペース)期間終了前日までに本契約を締結していただきます。その際、残りの敷金(賃貸料の3ヶ月分)、当月の日割り賃貸料および日割り共益費をお支払いいただきます。また、住宅付店舗については、住宅の敷金(月額家賃の2ヶ月分に相当する額)、当月の日割り家賃および日割り共益費も併せてお支払いいただきます。
  • 住宅部分の補修につきましては、当機構が行います。

チャレンジスペース期間終了


募集物件一覧

東日本エリア

西日本エリア

URテナント(団地内貸し店舗)のご案内

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ