[ UR都市機構ホームへ ]

UR都市機構

都市デザインポータルサイト


横浜アイランドタワー

歴史的建造物を活かした都市デザイン

横浜アイランドタワー

この事業は、UR都市機構が施行者となり、歴史的建築物である旧横浜銀行本店別館(元第一銀行横浜支店)の保存・復元を行うとともに、新たな建物のデザインを調和させた市街地再開発事業です。歴史的建築物が数多く残る街並みとの調和を図るとともに、地区のランドマークとしての景観を形成しました。

横浜 歴史的建築物

歴史的建築物の保存・修復

1929年に建設されたこの建物は、先端にトスカナ式オーダーの列柱を並べた半円形のバルコニーが特徴的な、関東大震災復興期における典型的な銀行建築です。
特色ある先端バルコニー部分は、約1ヶ月程度を費やして約170mの曳家工事を行うとともに、その他の部分については、元の建物の外装及び内観を出来る限り忠実に再現。
こうして保存された建物は、景観的価値を今後も維持していくため、平成15年11月に横浜市認定歴史的建造物として認定を受けました。

 


設計者である槇文彦氏は、「古いものを意識しながら新しいものをつくる」というコンセプトのもとに設計を行ったという。
関内地区に多く残る歴史的建築物がつくる景観の中で、街並みの調和を図るとともに、高層のオフィスビルとして地区のランドマークとなっている。特に幹線道路の三叉路に位置しているため、印象的なアイストップとなっています。
一方、MM21地区方面からは、アルミとガラスの素材が強調されたファサードを持ち、関内方面へのシティゲートとしての景観を形成しています。



横浜アイランドタワー
住所:神奈川県横浜市中区本町6-50-1横浜アイランドタワー  規模:1.7ha
最寄り駅:みなとみらい線  馬車道駅下車1分
竣工年度: 平成14年 設計者: UR都市機構神奈川地域支社 槇総合計画事務所

独立行政法人都市再生機構 〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町6-50-1 (横浜アイランドタワー5階〜18階)

All Rights Reserved. Copyright (c) 2004--2012 Urban Renaissance Agency.