「平城第二」は、奈良の北東約4.5kmに位置し、近鉄奈良線「高の原」駅の徒歩圏にある団地です。
平城ニュータウンの表玄関にあたるこの団地は、昭和47年に建設されました。
団地内には、歩行者専用路と一体になった人工の川が流れています。流れは歩行者専用路を横断したり階段状になったりしながら、潤いある団地景観をつくり出しています。
古都奈良の地域性に配慮して、ヤマブキやコナラ、ヒノキなど、約20種類の万葉植物が団地内通路やプレイロット沿いに植えられています。また、団地の中心に位置する集会所周りには、奈良にしかないナラヤエザクラを植えて、奈良らしさを演出しています。
団地景色 Vol.3(西日本 その2)

平城第二

平城第二
親水性のある団地内を流れる川。人工の川でありながら、潤いを感じさせる流れです。
01/08