街に、ルネッサンス UR都市機構

朝霞浜崎におけるバリューアップ改修

2020年8月UP

豊かな森へと変身させたデザイン力

朝霞浜崎

About

  • 朝霞浜崎(埼玉県朝霞市)は、都心から20km圏内で、武蔵野台地の東に位置し、埼玉県の南部にあたります。
    交通は、市の南部を国道254号線(川越街道)が、隣接する和光市内に東京外かく環状道路が通っており、また、都心と直結する東武東上線と東京メトロ有楽町線・副都心線、JR武蔵野線が走っていてとても利便性が良い立地です。

    管理開始:昭和51年1月~5月     住戸数:975戸(店舗付8戸含む)
全体配置図

Concept

「URBAN FOREST/団地は森」 アーバンライフと居心地よい棲み処のコントラスト

Coordinate

1.外壁修繕

  • モノトーンを基調としたシックな色彩でアーバンな印象。
  • 下層から上層に向けて徐々に明るくなるよう4段階に配色。
  • 妻側は内庭側の色彩計画に沿ったストライプ。タイポグラフィックによる壁面サイン。
1号棟 Before After

2.エントランス

  • 1号棟南妻面のデザイン処理により、高層棟の存在感を効果的に活用。
  • 統制されたデザインによるイメージアップでブランディング、ステイタス感を創出。
  • 修景物の新設、ペイブの更新により、団地入口のゲート性を補強。
1号棟南側 Before After

  • ENTの視認性、ゲート性を向上。
  • 既存の落防庇をカモフラージュして活用。
  • レースフェンス修景による柔らかな印象
1号棟エントランス Before After

  • 自動ドアを新設することで、空間のヒエラルキーを明確化。
2号棟エントランス Before After

  • 使われていない設備機器類は撤去
  • EV ホール正面壁に壁面グラフィックを設置。EV 扉はシート張りによりグレードアップ
2号棟エントランスEVホール Before After

3.自転車置き場

  • 黒板塗装された掲示板、壁面を開放するためにポストをアイランド型に設置。フロアカラーをそのままポストの色分けに採用
  • 1階ピロティや通路部分の余剰空間を駐輪スペースとして整備する。
  • 駐輪スペースを別に設け、エントランスから自転車を排除。
メールコーナー 駐輪スペースBefore After

4.吹き抜け空間

  • 「ただの空地」を再生させ、眺める庭に昇華。
  • 夜間は側壁からの間接照明のライトアップによる演出。
  • 通り抜け空間との一体性により、建物のもっとも印象的な空間に。
1号棟吹き抜け空間 Before After

  • 2層毎にフロアカラーを設定(在来工法の塗装)。
  • 無彩色系(外部ファサード)と暖色系(ボイド内)を対比させて、印象的なシークエンス、物語性を演出。
1号棟吹き抜け正面 Before After

5.住棟内広場

  • 誰でも通行できるショートカットルートを魅力ある共用空間として再整備。
  • ウッドデッキスペースによるポケット的憩いの場を設置。
  • 耐震補強用鉄骨ブレースを目立たなくデザイン処理。
ウッドデッキ Before After

  • 遺棄空間として取り残されたプレイロットを再生。
  • 15階建の高層住棟の利点である眺望を活用。
プレイロット Before After

6.共用部

  • 共用廊下、階段室の床シート貼り。
  • EVかご内のグレードアップ。
  • 居住階共用部に置かれた自転車も新たな駐輪場に誘導する。
共用部 Before After

  • 共用灯のLED化により、照度確保+演出効果。
共用廊下 Before After

  • 無骨な侵入防止柵に森の生態系を編みこんだレースフェンスを採用。
  • 被覆した鋼線を編みこんで意匠性を高めたメッシュフェンス。強度は比較的低い。
  • オランダのデザインハウスDEMARKERSVANのデザイン。ヨーロッパでは住宅、サッカー場インテリアなどで幅広く使用されている。
フェンス Before After

Access

案内図

関連リンク

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ