UR都市機構

まちや住まいの省エネルギー化

CO2削減のためには主に化石燃料に由来するエネルギー消費の削減が必要です。UR都市機構は、住まいにおける断熱性の向上や高効率な機器の導入、まちづくりにおける地域冷暖房などの導入、新エネルギーの活用などを積極的に行い、地球温暖化対策に取り組んでいます。

建築物の熱負荷の低減

建築物の熱負荷の低減(写真)

エネルギー使用抑制のために、積極的に住宅の断熱性能を向上させるとともに、機械設備に依存せずに建築的な工夫によって建築物の熱負荷を低減する取り組みも行っています。

省エネ機器の設置

省エネ機器の設置(写真)

省エネルギー対策として、積極的な省エネルギー機器の設置や効率的にエネルギーを利用できるシステムの整備などを図っています。

新エネルギーの活用

新エネルギーの活用(写真)

太陽光や風力などの新エネルギーを積極的に活用しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ