街に、ルネッサンス UR都市機構

家庭用燃料電池

家庭用燃料電池

家庭用燃料電池は、都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて電気を発生させるとともに、反応時の排熱を回収して給湯に利用する効率の高いエネルギーシステムです。平成16年度に集合住宅で世界初となる実用化を行い、平成21年度末までに3地区において導入しています。

家庭用燃料電池(イメージ・写真)

実績・事例

アーベインなんばウエスト(2005) 大阪府大阪市
サンヴァリエ桜堤(2006) 東京都武蔵野市
ハートアイランド新田三番街(2006) 東京都足立区

関連書籍・関連リンク

関連書籍

メニューを閉じる

ページの先頭へ