UR都市機構

大手町地域について

歴史と文化を活かした、新たな都市空間へ。

大手町の歴史

皇居の大手門(かつての江戸城正門)の前にある町に由来する、大手町。江 戸時代には大名屋敷が建ち並び、以来日本の行政・文化の中心地として発展して きました。金融、報道、通信など名だたる企業のビルが建ち並び、気象庁や東京消防庁といった公共中枢機関も多く、メトロポリス 東京の中心的役割を担っています。 いまなお、街を歩けば随所に江戸時代の名残を見せる大手町が、時代の潮 流に対応し、生まれ変わろうとしています。新たな社会基盤として整備し、 日本経済の最重要拠点として未来に向う街づくりがはじまりました。

大手町地域とその周辺

施行地区の現況(平成18年4月現在)

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ