UR都市機構

URの公共公益施設整備

関連公共公益施設整備制度

 URのまちづくり事業に関連して地方公共団体が行う公共公益施設の整備をURが代行もしくは受託により整備を行う制度があり、関連公共公益施設整備制度と呼んでいます。
 URの整備代行(受託)による公共公益施設整備は地方公共団体が直接整備する場合に比べ事務負担が軽減するほか、事業費の一部について長期割賦(有利子)が活用できるなどの特徴があります。

関連公共公益施設整備制度

関連公共公益施設整備制度の活用事例

梅田五丁目プロジェクト

低未利用地活用による防災性の高い街区の形成

梅田五丁目プロジェクト

千住大橋地区プロジェクト

駅前広場を含む計画道路の整備と「住宅」「商業」「公共施設」の新たな都市拠点創出の一体的プロジェクト

千住大橋地区プロジェクト

あすと長町地区プロジェクト

大規模鉄道跡地の土地利用転換を区画整理事業により実現

あすと長町

広島二葉の里地区プロジェクト

公共性、中立性の立場を活かして関係者間のつなぎ役となり、事業化に向けた合意形成を支援

広島二葉の里地区プロジェクト

メニューを閉じる

ページの先頭へ