UR都市機構

URのコーディネートについて

構想から事業実施までを円滑に

多岐にわたる事業手法を活用し、都市再生をプロデュース

地方公共団体がまちづくり上の課題を抱えている場合や、民間事業者が一定の区域において開発を進めたいと考える場合でも、多数の関係者の意見調整や利害調整が必要となるケースや事業化にいたるまでの懐妊期間が長いケース等においては、それらが隘路となって都市再生が進まないことがあります。
このような場合には、UR都市機構によるコーディネートを通じて、都市再生事業の実現に至るまでのリスクを低減し、民間事業者が参画しやすい条件整備を行うとともに、必要に応じて都市再生事業に参画してまいります。

まちづくりを進めていく中でのさまざまな課題例

まちづくりの進め方とUR都市機構のコーディネート

Coordinate 01 構想段階

Coordinate 02 計画段階

Coordinate 03 事業化段階

Coordinate 04 事業段階

地方公共団体の皆様へ

地方公共団体の皆様へのコーディネートの詳細については、以下をご参照ください。

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ