mainVisual
Tsunoda Masanari
people07
角田 将成岩手震災復興支援本部 陸前高田復興支援事務所 市街地整備第2課

復興の歩みを止めないために。
さまざまな関係者との協議を、
円滑に進めていく。

PROFILE

PROFILE

  • 入社:2015年
  • 専攻:創造理工学研究科 建設工学専攻
  • 研究内容:都市計画

Q.

学生時代に熱中していたことを
教えてください。

大学では駅前の利便性を高めるにはどうすれば良いかといったテーマに取り組み、大学院では広域災害を想定した帰宅困難者対策をテーマに選びました。実際に、新宿駅東口商業地域を研究・演習の対象として選んだのですが、ビルのオーナー側の視点や帰宅困難者の意識など、机上の論理だけでは解決できない問題に何度もぶつかり、都市計画を具体的に形にする難しさを学びました。また、大学4年生からフルマラソンに挑戦し始め、現在も年2回ほどレースに出場しています。

Q.

入社を決めた理由を教えてください。

大学・大学院と学んできた都市計画の知識を活かせるのではと考えたためです。とくに、UR都市機構であれば行政との関わりも深く、発注者側の立場で社会に広く役立つ仕事ができる点も魅力でした。また、都市計画を具体的に形にする上での多種多様な問題解決など、大学院での帰宅困難者対策の研究・演習で感じた課題意識の一つに、ここなら挑戦できると思ったことも入社の決め手になりました。

Q.

現在の仕事を教えてください。

東日本大震災の被災地の一つである陸前高田市からURが委託を受け、土地区画整理事業を進めている高田地区・今泉地区のうち、今泉地区を担当しています。被災した市街地の復興を図るため、また計画的で防災性に優れた市街地を形成できるよう造成工事を行っていくのです。この復興市街地整備事業の中で私は主に、管理者などとの協議内容や法律、引渡し時期などを考慮しながら、事業計画を変更・策定する業務に取り組んでいます。
photo01 photo02
photo03

Q.

印象に残っている仕事は?

入社2年目の賃貸住宅本部に所属している時のことです。土木系の仕事を担当していた私は、URの若手職員を対象に基盤技術の向上やさまざまな関連工事が同時進行する団地内でスムーズな工事間調整を行うために、関連工事の理解を深める機会をつくることを目的とした研修を企画し、運営まで行いました。具体的には、団地における下水管敷設工法の現場を舞台に説明見学会を開催しました。当日に向け、設計担当者に何度も質問したり、専門書を読み込んだり。正確に理解する過程は苦労しましたが、建築系や電気系などの仕事を担当している職員にも土木工事の重要性を知るきっかけをつくることができ、印象深い仕事となりました。

Q.

成長を感じる時は?

現在取り組んでいる復興市街地整備事業では、県や市といった自治体だけでなく、警察や消防など、様々な管理者と様々な協議を行う必要があります。その協議を一つひとつ終えた上で、初めて設計、工事の段階へと進むことができるのです。それぞれの協議が遅れないよう、ポイントを整理し、スケジュールを管理することは、私たちの大切な役割。理解の食い違いがないか。この仕事を通じて、事前準備の大切さ、将来を見据える想像力は相当に鍛えられたと思います。
photo04

Q.

UR都市機構の好きなところは?

若手職員に活躍の機会を積極的に与えてくれるところです。入社2年目の説明・見学会の企画・運営もそうですし、現部署での関係者との協議においても進行役を務めさせてもらったり、発言を求められたり。当然、先輩職員たちが私たちの経験不足を補い、指導もしてくださいますが、若手職員の自主性を重んじてくれる環境は魅力ですね。

Q.

今後の目標を教えてください。

これまでに住環境及び災害復興に携わってきましたが、今後も様々な経験を積みながら、まちに付加価値を与えられるような取り組みを自ら発信できる存在を目指しています。いずれは都市再生にも挑戦してみたいですね。こうした幅広い事業部門で様々な知識、経験を積める点もUR都市機構の大きな魅力だと思います。

My Favorite

こだわりのアイテム

4色ボールペン

学生の頃から愛用している4色ボールペン。ポイントごとに色分けをして整理したり、気分を変えたり。仕事にメリハリを付けるアイテムとして気に入っています。

My Favorite