UR都市機構|職員紹介 一覧

暮らしやすいまちづくりを支えるために、UR都市機構には多くの仕事があります。
いま、このまちのために何ができるのか。
そこには職員一人ひとりの仕事へのまなざし、大切にしているものがあります。

  • 都市再生 技術系総合職(土木系)

    PEOPLE01
    仕事と、暮らし。どちらが欠けても、まちづくりは成立しない。

    入社後に都市再生、団地再生の両方を経験。まちづくりにおいて「仕事」と「暮らし」は切っても切り離せない関係です。いつかは住宅と都市再生を融合させるような仕事に挑戦してみたいと考えています。

    工藤 はるな
    東日本都市再生本部 都心業務部 品川駅エリア計画課
    detail
  • 都市再生 事務系総合職

    PEOPLE02
    都心から地方まで、日本のまちの未来を担う。

    URでは、都心の大規模プロジェクトはもちろん、日本全国で自治体や地元の有力企業と協力してまちづくりを行っています。全国どこでも、地元の人の熱い思いに応えてまちづくりができる。それがURの役割であり、最大の魅力だと思います。

    久保西 竜
    本社 都市再生部 経営管理課
    detail
  • 都市再生 技術系総合職(建築系)

    PEOPLE03
    忙しい中でも“よく考えること”を忘れないようにしたい。

    市街地再開発事業の事業計画全般に携わっています。都市計画から施設計画、資金計画、スケジュール管理など、事業のフェーズに応じて関わる仕事はさまざまですが、常に広い視野に立ち将来を見据えた判断が求められます。

    田中 絢子
    東日本都市再生本部 事業推進部 多摩エリア計画課
    detail
  • 住環境 事務系総合職

    PEOPLE04
    住宅って、住宅以上の存在だと思うんです。

    「何十年もこの部屋で暮らしている」「この団地が終の棲家だと思っている」そんなお客様の声を聞いて住宅が住宅以上の存在であることを痛感しました。住居者の想いに寄り沿う。そんなプロでありたいと思っています。

    鈴木 友里絵
    本社 ストック事業推進部 事業調整課
    detail
  • 住環境 技術系総合職(造園系)

    PEOPLE05
    人の笑顔が咲く。そんな住環境を、この手でつくりたい。

    住環境に真摯に向き合っている。そこに惹かれて入社しました。デザインの美しさを追求することはもちろんですが、やはり住居はそこに暮らす人々のもの。使われて喜ばれるものを、この手で生みだしたかったんです。

    福田 千夏
    東日本賃貸住宅本部 ストック設計部 設計企画課
    detail
  • 住環境 技術系総合職(建築系)

    PEOPLE06
    挑戦し続け、学び続ける。そんな企業風土に、居心地の良さを感じています。

    URには部屋のプランを考える仕事もあれば、都市のプランを考える仕事もあります。しかも異動が多いため数年に1度は新人に戻ることになる。私自身は常に挑戦し続けられることをとても気に入っています。

    松永 知己
    本社 ストック事業推進部 事業推進課
    detail
  • 災害復興 技術系総合職(土木系)

    PEOPLE07
    復興の歩みを止めないために。さまざまな関係者との協議を、円滑に進めていく。

    被災地の復興に向けた歩みを止めないために。市や県、警察、消防など、様々な関係者と日々協議を進め、法律や引渡し時期も考慮しながら、事業計画を変更・策定する仕事に取り組んでいます。

    角田 将成
    岩手震災復興支援本部 陸前高田復興支援事務所 市街地整備第2課
    detail
  • 災害復興 技術系総合職(建築系)

    PEOPLE08
    未来を正しく描き、正しくつくり、正しく維持していく。

    公的機関として、社会的責任を果たす。それがURの特徴です。小さな歪が積み重ねれば大きな歪になります。私自身はしっかりと安全・安心なものをつくっていこうというURの姿勢をとても気に入っています。

    山崎 拓人
    宮城・福島震災復興支援本部 住宅整備部 住宅計画課
    detail