UR都市機構

開催報告(2018年2月7日)

2018年02月07日

セミナー・見学会等の活動報告

URウェルフェアネットワーク意見交換会
シンポジウム&UR都市機構担当者との意見交換

URウェルフェアネットワークは、地域医療福祉拠点化に取り組む団地やその他の団地での事業連携を希望される方との“場づくり”を目的として活動おります。
この度、URウェルフェアネットワーク会員様を対象とした「シンポジウム&意見交換会」を開催いたしました。
第1部は「地域コミュニティの再生で未来を拓く」~空き家、団地を利活用した新しいまちづくり~をテーマにしたシンポジウム、第2部はURウェルフェアネットワーク会員様と各エリアのUR担当者との意見交換を行いました。

開催概要

日時:平成30年2月7日(水)13:20~17:00
出席者:URウェルフェアネットワーク会員様30名/UR都市機構職員(エリア経営部19名、事務局8名)
場所:千代田放送会館
主催:UR都市機構

当日の様子

第1部 シンポジウム 

■13:30
「地域コミュニティの再生で未来を拓く」 ~空き家、団地を利活用した新しいまちづくり~
 パネリスト:辻哲夫氏(東京大学・高齢社会総合研究機構:特任教授)
       安里賀奈子氏(多摩市健幸まちづくり政策監)
       荒昌史氏(株式会社HITOTOWA代表取締役)
       甲田恵子氏(株式会社AsMama代表取締役)
       春香クリスティーン氏(タレント)

第2部 URウェルフェアネットワーク意見交換会 

■16:00
地域医療福祉拠点化に向けたURの取り組みについて
UR都市機構 本社 ウェルフェア総合戦略部 戦略推進課長 北奥 智規

■16:20
UR都市機構担当者との意見交換会
紹介エリア:東京都、神奈川県、千葉県・茨城県、埼玉県等

地域医療福祉拠点化に向けたURの取り組みについて

戦略推進課長 北奥智規

UR都市機構 本社 ウェルフェア総合戦略部
戦略推進課長 北奥 智規
テーマ:地域医療福祉拠点化に向けたURの取り組みについて

↑地域医療福祉拠点化の取組みにつきましては、上記ホームページをご参照ください

UR都市機構担当者との意見交換会

UR賃貸住宅の立地するエリア毎に6つのブースを設け、各エリアのUR担当者とURウェルフェアネットワーク会員の皆様のとの意見交換を実施しました。
ブース毎にUR担当者から各エリアでの取組みや今後の方向性等をご紹介した後、会員の皆様との名刺交換や意見交換が活発におこなわれました。

▲第二部 URウェルフェアネットワーク意見交換会
▲地域医療福祉拠点化の取組み説明
▲活発な意見交換
Aブース:多摩エリア
立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、小金井市、小平市、東村山市、西東京市、国立市、東久留米市、清瀬市、福生市、狛江市、国分寺市、羽村市、八王子市、町田市、日野市、多摩市、稲城市、武蔵村山市
Bブース:東京東エリア
墨田区、江東区、江戸川区、千代田区、中央区、港区、新宿区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区
Cブース:千葉・茨城エリア
Dブース:東京北エリア
文京区、豊島区、台東区、板橋区、葛飾区、北区、練馬区、足立区、荒川区
Eブース:神奈川エリア
Fブース:埼玉エリア

参加者の声

ご参加いただきました方のご感想を一部ご紹介いたします。

  • このような会ははじめて開催されたと伺いましたが有難うございます。これを機会に協力して地域に役立つ企画をしていけたらと思っています。
    [住宅メーカー勤務]
  • 健康寿命サポート住宅の機能アップ等に協力したいです。
    [住宅機器メーカー勤務]
  • 医療・介護のネットワークづくり、住戸内とコミュニティづくりのコンテンツなどで機会がありましたら協働させて欲しい。
    [医療生活協同組合勤務]

お問い合わせ

URウェルフェアネットワーク事務局

TEL 045-650-0510
受付時間9:30〜17:40(土・日・祝日を除く)
独立行政法人都市再生機構 ウェルフェア総合戦略部 ウェルフェア研究室
〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町6-50-1 横浜アイランドタワー7階



メニューを閉じる

ページの先頭へ