街に、ルネッサンス UR都市機構

開催報告(2009年11月20日)

2009年11月20日

セミナー・見学会等の活動報告

在宅医療による生活支援ビジネスがまちの魅力をUPする ~最近の動向及び今後注目すべき事業の方向性~

年々変わりつつある医療を取り巻く環境。ビジネスチャンスもあらたな潮流がでてきています。今回のテーマは、昨今、話題となっている「在宅医療」について2名の講師に講演いただき、「在宅診療や訪問介護」の現場の課題を把握し、ビジネスチャンスをどのように捉えるかを考える情報交換の場として開催しました。

近年、地域の中で安心して介護を受けたいと思っても、家族と離れて別の地域の介護施設に引っ越し、老後を送る方が多い現状があります。今後は、できるだけ住み慣れた自宅で介護や支援を受けて安心して住まい続けることができるように、地域における訪問医療や介護、そして生活サービス提供の体制整備が期待されています。本セミナーでは、千葉市臨海部の海浜ニュータウンにおいて活動されているNPO法人よりお話しをお伺いしました。

また、休憩前に参加者の自己紹介を行った後、コーヒータイムを設け参加者の交流を深めました。

講演いただいたオーシン(株)代表取締役 中村様、(財)日本訪問看護振興財団 事業部長 角田様、そしてご参加の皆様に感謝申し上げます。

会場風景

開催概要

日時:2009年11月20日(金)13:30~17:05
場所:UR都市機構 東京都心支社 大会議室
出席者:URウェルフェアネットワーク会員様 43名、 UR都市機構職員 28名

会場風景1
会場風景2

当日の様子

講演内容

「皆で学ぶ在宅医療! 知っていそうで知らないことばかり!!」

オーシン株式会社 代表取締役 中村 哲生氏

<レジュメ>

  • 湘南なぎさ診療所の紹介
  • 在宅医療の現況
  • 施設型在宅医療の現状と今後
  • 高齢者住宅と医療機関の連携
講師の方からの説明の様子
「まちのナースステーション訪問介護の実際」

財団法人日本訪問看護振興財団 事業部長 角田 直枝氏

<レジュメ>

  • 訪問看護とは
  • 訪問看護の仕組みと現状
  • 終末期がん患者への訪問介護
  • 訪問看護はまちのナースステーション
講師の方からの説明の様子


メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ