街に、ルネッサンス UR都市機構

開催報告(2007年11月9日)

2007年11月09日

セミナー・見学会等の活動報告

「URウェルフェアネットワーク」現地見学・勉強会
~ひばりが丘団地(UR賃貸住宅)、複合施設『パスレル保谷』(生活クラブ生協・東京)の見学と既存住棟の改修・活用をイメージしての勉強会~

172号棟前にて
北集会所にて
53号棟スターハウス3階にて

平成19年11月9日ひばりが丘団地(東久留米市)にて、UR賃貸住宅の住棟改修技術開発のための実証実験のフィールドを見学し、団地内に保存されているスターハウス(星型住棟)内の会議室で意見交換会をしました。 (参加者約40名、事業者6社)。
●171~173号棟 「ルネッサンス計画」について 
●ひばりが丘団地の建替事業について
事業者の皆様からは、各法人からみた既存住棟の活用・コンバージョン・生活支援型住宅や施設の計画、施設整備のスキームと新たな運営方法のアイデアなどについて発表と討議を行いました。

団地再生のアイデアありがとうございます。

事業者からのご提案

既存の住棟活用のポイントは、鉄扉(玄関扉)により孤立した住戸をいかにつなぐか、にあるようです。EVの増設の可否・位置や中廊下の設置など、技術的にも解決すべき課題は多いなか、今後数多く発生する住棟の「スケルトン状態」でのストック活用については、各事業者の意欲が感じられます。躯体工事の負担区分や土地・建物賃貸等の事業スキームについては、今後も事業者様の意見や提案を伺ってまいります。

パスレル保土ヶ谷

当日は、生活支援サービスの充実した都市型複合施設のイメージを持つため、生活クラブ生協・東京さんが営業拠点の建替に伴って10月末にオープンさせた『パスレル保谷』(西東京市泉町、保谷庁舎前)を訪問し、施設見学させていただきました。

172号棟前にて
北集会所にて※HPよりロゴ・施設ガイトを゙引用させていただきました

【施設概要】
2007年10月開設
RC造4階建
1階:認可外保育園、食品スーパー、カフェ
2階:NPO事業者、デイサービス、イベントスペース等
3,4階:分譲住宅10戸(生協組合員に対して販売)

パスレル保谷は生活クラブ保谷センターの跡地に2007年10月にオープンした地域の社会づくりを目的とした多機能型施設です。

保谷庁舎(旧保谷市役所)の向かい側で、1階にはスーパーとカフェがあり、立ち寄りたくなるような建物。屋上の菜園も準備中でした。現地管理(施設および分譲住宅管理組合事務局)はNPO法人プラス・ド・西東京(2階事務所)、高齢者事業はNPO法人アビリティクラブたすけあい(ACT)や社会福祉法人悠々などの、生活クラブ関連の別法人が行っています。

パスレル保谷

関連トピックス「ルネッサンス計画」団地再生の改修技術の実証がはじまる。

団地再生の改修技術の実証 10月に事業者(施工者)募集しました。

少子高齢社会の到来、ライフスタイルの多様化、環境への意識の高まり等を背景とし、昭和40年代に大量供給された賃貸住宅の再生・活用が社会的な課題に挙げられています。
そのため、UR都市機構では従来から開発・蓄積してきた改修技術の再編に加え、新たにさまざまなフェイズの創意工夫・技術提案も広く事業者に公募し、建替事業中団地の実物の住棟による実証実験・施工を行います。

UR Schaffen No.7

参加者の声

団地内の施設や建替え・再編等に伴い生じる整備敷地等を活用し、高齢者の在宅生活を支える介護、医療等のサービス機能を積極的に誘致することになっています。
既存建物の転用・再生、空き店舗等の有効活用、地域介護・子育て等のサービスの拠点の積極的な誘致・確保、多世代交流による地域コミュニティ形成の環境づくり、地域で相互に助け合える交流空間・場の提供、自治体・民間事業者・NPO等との連携の強化を、具体的な取組みとします。
福祉関係者、自治体等との協議会を地域毎に適宜設置し、連携を強化する国土交通省・厚生労働省の連携施策の推進では、施設の初期投資への交付金制度が創設されるほか、既存施設の賃料優遇について高齢者支援事業の場合で2割減額から5割減額に拡充します。
建替事業等や高齢者の居住に適する環境を備えた昭和40~50年代前半建設の約200の大規模団地において、『在宅長寿への対応』を重点的に進め、可能な限り長く在宅生活を継続できる住環境を提供していきます。

高齢化対応団地イメージ

※H19.4以降、新聞等にも取り上げられ事業者の関心も高くなっていますが、「小規模多機能型」など単独での立地が難しいサービス機能をいかに事業として成り立たせるか、課題です。(参考)子育て支援施設の場合、既存施設の賃料優遇について、現在でも5割減額を適用。



メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ